Cache-A社、Pro-Cache6 アーカイブアプライアンスを高速化

pro-cacheHR

cache-aAAlogo


米国報道発表抄訳ー2013年9月10日
10Gbイーサネットを搭載し、アーカイブスピードとパワーを向上


2013年9月10日、コロラド州ゴールデン(アメリカ)– Cache-A社はアーカイブアプライアンスにおいて数々の受賞歴を誇るリーディングカンパニーです。 (www.cache-a.com)主力製品であるPro-Cache6 LTO-6アプライアンスの新しいバージョンであるPro-Cache610のリリースを発表しました。高性能なPro-Cache610は、10Gb Ethernet (10GbE)のI/Oを搭載することにより、ネットワークアーカイブのコントロールに於けるスピードとパワーを大幅に向上させました。

Cache-A社は新開発の10GbEによって、低コスト、10GbE インフラ技術を手に入れ、さらなる生産性を求めるメディア&エンターテインメント業界の需要に応えます。IBC2013では、新たにLTOテープの複製機能 Simul-Copy™ を追加した全てのLTO-6製品ラインナップとともに、Pro-Cache610を発表しました。

Cache-Aアーカイブアプライアンスは、業界標準のTARフォーマットやLTFS(リニアテープファイルシステム)機能を用いて100TBものデータの管理を行うことができます。
汎用性の高いI/O接続オプションは、オンセットカートからのSANやNASシステムへのポスト及びロボットライブラリのセットを容易に行うことができます。Cache-Aユーザーは、ソフトウェアアプリケーションおよび物理的な場所の隔てなく、プラットフォーム間で簡単にコンテンツを交換したり、コンテンツを配信したりすることが出来ます。

Pro-Cache610はCache-Aの主力製品であるPro-Cache6アプライアンスをベースにしており、10GbイーサネットI/Oとして2本分用意されたRJ-45ポートで150MB/s以上の高速なアーカイブを行う事が出来ます。また、DASへの高速なアクセスが可能なeSATAポートや、Cache-A LTOライブラリ及びエクスパンションユニットSidecarへのシームレスな接続が可能なSASポートを搭載しています。そしてサードパーティ製の製品とも同様に接続が行えます。

Pro-Cache610は6TB分のHDD容量をRAID 0またはRAID 1のディスクキャッシュストレージとして内蔵し、2.5TBのデータを保持できる専用のLTO-6カートリッジも付属してます。そしてマシンルームに合わせたラックマウント型であるだけでなく、簡単にオンセットのカートシステムにもセット出来ます。そして生成された大量のデータを毎日アーカイブして行くのに最適です。

カリフォルニア州コスタメサにある、ビデオ、オーディオ、メディアストレージソリューションの大手サプライヤーであるMaxx Digital社が、この秋から世界的な出荷開始が期待されるPro-Cache610のテストを行ないました。

Maxx Digital社のデザインアプリケーションエンジニア チーフBob Zelin氏は次のように述べています。
「Cache-AのPro-Cache610は、進化し続けるエンターテインメント業界の需要に適確に応えることが実証されました。お客様はアーカイブワークフローにおいて1,000ドル以下、そして10GbEでスイッチ接続して活用する次世代の方法を求めており、この開発の発表は非常に印象的であり大いに歓迎されています。Pro-Cache610をMaxx Digitalの10Gig Ethernet Final Share共有ストレージシステムと統合してテストしました。」

Cache-A社マーケティング・セールスVPのMark Ostlund氏は次のように述べています。
「Cache-Aはデジタルメディアをアーカイブする流れにおける顧客ニーズの変化について細心の注意を払っています。Pro-Cache610の10GbEの導入は、私たちの製品に向けられている費用対効果と高性能なアーカイブソリューションのニーズを反映した物です。」


【Cache-A 社について】
Cache- A 社は、放送・プロダクション・映画などの分野にフォーカスした、ネットワーク接続型アーカイブアプライアンス製品分野におけるリーディングカンパニーで す。使いやすさで定評がある Cache-A のアーカイブアプライアンスは、LTO-5 メディアと業界標準の LTFS や tar フォーマットを通じて、制作やポストプロダクションにおける素材からマスターまでの映像資産を容易にアーカイブすることができます。

これ までに何度も表彰されている Cache-A アーカイブアプライアンスは世界中でメディア/エンターテインメント、大企業、政府機関、 大学、宗教団体の何千ものユーザーが貴重なデジタルデータ資産を安全にアーカイブし、検索し、復元するために使われています。Cache-A 社は 2008 年にデータストレージとビデオメディアの経験を業界で豊富に積んだメンバーによって アーカイブを容易にする事を目標に 設立され、イノベーティブなソリューションをリーズナブルなコストでお届けするという世評を得ています。Cache-A 製品はデスクトップ、ラックマウント共にラインアップされ、Windows、Mac OS、Linux/Unix のネットワークインフラと互換性を保っています。

Cache-A の Pro-Cache5 モデルは有名な Creative Cow の Blue Ribbon in 2011賞を、“Best Archiving System” - 最も優れたアーカイブシステムとして受賞、そしてPower-Cache モデルは Studio Daily の 2012 Prime Award 賞を “Best User Interface/User Experience” - 最も優れたユーザーインターフェース及びユーザー体験に対して受賞しています。

ウェブサイト:http://www.cache-a.com/


本リリースに関する問合せ先
株式会社 アスク
代表者名 代表取締役 武藤 和彦
製品担当 三沢 宙
メールアドレス  このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
電話:03-5215-5676
FAX:03-5215-5651
住所:東京都千代田区九段南4-8-21 山脇ビル11F

Cache-A 社、LTO-6 デスクトップ アーカイブソリューション「Prime-Cache6」を出荷開始

prime-cache〜LTO-6 搭載の新アプライアンスは手頃な価格の LTO アーカイブ入門機〜

米国報道発表資料抄訳-2013年4月2日


米国カリフォルニア州モーガンヒル (2013年3月13日) - Cache-A 社は、LTFS 拡張機能を搭載し、LTO-6 に対応した新機種 Prime-Cache6 の出荷開始を発表しました。Prime-Cache6 を加えることによって、フラッグシップ機の Power-Cache、ハイパフォーマンス機の Pro-Cache、フレキシブルな Library 24/48 を含む Cache-A の製品ラインナップの全てが LTO-6 に対応したことになります。これらの新製品は4月8日からアメリカネバダ州ラスベガスで開催される NAB Show にてご覧頂けます。Cache-A のブース番号は#SL11109です。

Prime-Cache6 は LTO-5 版の同機種の耐久性と高性能を受け継ぐと共に静音性にも優れており、オフィスや収録セットでの使用に最適です。LTO-6 テープテクノロジーに対応すると共に、筐体の更なる堅牢化を図り、内蔵ストレージも 4TB の 2.5 インチ HDD RAID にアップグレードされ、ディスクベースの転送速度を大幅に加速しています。

Prime-Cache6 には 64 ビットのエンタープライズ向け OS である CentOS 6.2 を基盤とした Cache-A の最新ソフトウェア、v3.2 が搭載されており、使い勝手とパフォーマンスが飛躍的に改善されています。

Cache-A の社長兼 CEO のフィル・リッティは次のように語っています。「最新の LTFS 機能を盛り込んだ新しい Prime-Cache6 は最良のコストパフォーマンスでデータの長期保管ニーズに答える LTO アーカイブへの入門機です。従来機の Prime-Cache5 や Prime-Cache4 と同じく、Prime-Cache6 はコンパクトでポータブルな筐体と使い易さからは想像もできないほど高性能ですからオフィスにも収録セットでも邪魔にならず最適です。」

Prime-Cache6 の主な特徴:
Cache-A の Prime-Cache6 は、LTO テープをベースにしたアーカイブストレージシステムをお求めになり易い価格でネットワークに組み込むために必要なすべての機能をフイルムやビデオに携わるプロフェッショナルユーザーに提供します。
先駆的な LTFS 機能 – Cache-A は、他には無い LTFS (Linear Tape File System)のアドバンス機能を Prime-Cache6 に搭載し、大容量のプロジェクトデータをシームレスに複数のカートリッジに跨いで記録することができたり、MD5 チェックサムデータが確認できる等、他の LTFS 製品には含まれていない機能を提供します。

堅牢で小さな筐体 – 収録セットやロケーションでの使用に耐える堅牢さを持ちながら273mm x 112mm x 273mmと小さく抑えられた寸法の筐体で、Prime-Cache6 はクラス最小のアーカイブツールです。

新仕様 4TB 2.5 インチ RAID 0 – 初期の Prime-Cache に比べて約2倍のディスクデータ転送帯域と速度を提供します。

新バージョン v3.2 ソフトウェア –
64 ビットで処理速度を加速、Eメール通知機能、アーカイブ処理順番管理機能、複数の LTFS テープを跨ぐ大容量アーカイブ機能、その他ユーザーフィードバックに基づく数々の改善点を盛り込んで、データのアーカイブ、アクセス、共有をさらに容易にしました。

カタログデータベースを内蔵 – Prime-Cache6 が読み書きした LTO テープの内容を、内蔵のカタログデータベースに全て記録し、テープ名、フォルダ名、ファイル名、メタデータ等で検索できるので、アーカイブ内容の検索と復元が容易です。

多様な接続性 – ギガビット Ethernet x 2系統、USB 3.0 ポート x 2、USB 2.0 ポート x 2 を搭載した Prime-Cache6 は、カート上に納めたポータブルシステムから SAN や NAS を含んだポストプロダクションシステムまで、様々なプロフェッショナル デジタルワークフロー環境への対応を可能にします。

これまでの LTO テクノロジーと同様に、以前の世代との後方互換性が提供されているので、LTO-6 ドライブを搭載した Cache-A アプライアンスは、LTO-6 テープ及び LTO-5 テープを読み書きでき、LTO-4 テープも読むことが可能なので、これまでの投資を無駄にすることなく、新規導入へもためらいなく踏み切ることを可能にしています。

LTO-6 は LTO テクノロジー (Linear Tape Open Technology) の6世代目になります。2000 年に登場した LTO テープは少なくとも 30 年のデータストレージ寿命を持っています。IT のみならずメディアとエンターテインメント業界で認められた、最も安全且つコストパフォーマンスに優れたデータ用の長期保管テクノロジーとされていて、現在世界中で累計 400 万機以上のテープドライブが稼働しており、LTO テープそのものもこれまで 2 億本以上が販売されています。

製品購入について - Prime-Cache6 の日本でのお買い求めについては株式会社アスクまでお問い合わせください。
【製品詳細】http://www.ask-dcc.jp/cache-a/

【Cache-A 社について】
Cache- A 社は、放送・プロダクション・映画などの分野にフォーカスした、ネットワーク接続型アーカイブアプライアンス製品分野におけるリーディングカンパニーで す。使いやすさで定評がある Cache-A のアーカイブアプライアンスは、LTO-5 メディアと業界標準の LTFS や tar フォーマットを通じて、制作やポストプロダクションにおける素材からマスターまでの映像資産を容易にアーカイブすることができます。

これまでに何度も表彰されている Cache-A アーカイブアプライアンスは世界中でメディア/エンターテインメント、大企業、政府機関、 大学、宗教団体の何千ものユーザーが貴重なデジタルデータ資産を安全にアーカイブし、検索し、復元するために使われています。Cache-A 社は 2008 年にデータストレージとビデオメディアの経験を業界で豊富に積んだメンバーによって アーカイブを容易にする事を目標に 設立され、イノベーティブなソリューションをリーズナブルなコストでお届けするという世評を得ています。Cache-A 製品はデスクトップ、ラックマウント共にラインアップされ、Windows、Mac OS、Linux/Unix のネットワークインフラと互換性を保っています。

Cache-A の Pro-Cache5 モデルは有名な Creative Cow の Blue Ribbon in 2011 賞を、“Best Archiving System” - 最も優れたアーカイブシステムとして受賞、そしてPower-Cache モデルは Studio Daily の 2012 Prime Award 賞を “Best User Interface/User Experience” - 最も優れたユーザーインターフェース及びユーザー体験に対して受賞しています。

ウェブサイト:http://www.cache-a.com/


本リリースに関する問合せ先
株式会社 アスク
代表者名 代表取締役 武藤 和彦
製品担当 三沢 宙
メールアドレス  このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
電話:03-5215-5676
FAX:03-5215-5651
住所:東京都千代田区九段南4-8-21 山脇ビル11F

Cache-A 社、LTO-6 アーカイブアプライアンス ソリューションの全ラインナップを NAB 2013 で公開

lto6_shipping

米国報道発表資料抄訳 - 2013年4月2日


米国カリフォルニア州モーガンヒル (2013年3月20日) − Cache-A 社は、 LTFS 拡張 機能を搭載し LTO-6 に対応した全ての LTO-6 アーカイブアプライアンスの新ラインナップを、4月8日からアメリカネバダ州ラスベガスで開催される NAB Show で展示します。Cache-A のブース番号は #SL11109 です。

これらの新世代 LTO-6 アプライアンスの各モデルはどれも名声が高い Cache-A の各種機能を標準装備し、WEBベースのユーザーインターフェース、内蔵カタログデータベース、従来のモデル同様の省スペースな筐体サイズ及びラックマウント方式、そして多様な I/O 接続性でカート上の収録セット用ポータブルシステムから SAN や NAS を含んだポストプロダクションやロボット制御システムまで、様々なプロフェッショナル デジタルワークフロー環境への対応を可能にします。

LTO-6 の導入と共に各モデルとも内蔵ストレージ容量を増量すると共に、アドバンスLTFS (Linear Tape File System) 拡張機能を盛り込んで大容量のプロジェクトデータをシームレスに複数のカートリッジに跨いで記録することができ、新バージョン v3.2 ソフトウェアは MD5 チェックサムデータが確認できる等、劇的に進化した機能と操作性を提供します。

Prime-Cache6 - 高い静音性、堅牢な筐体、4TB の 2.5 インチ HDD RAID を搭載したコンパクトサイズの入門機。デスクトップまたは収録サイトでの使用に最適です。

Pro-Cache6 - 6TBへ拡張された内蔵 HDD RAID (RAID 0 または RAID 1 が選択可能)を用いたキャッシュメモリーを搭載した Cache-A のフラッグシップ機。100TB 単位のアーカイブデータを管理するのに最適です。複数のダイレクトアタッチ I/O オプションを持ち、Cache-A ライブラリや拡張シャーシ、ロボット制御システムとスムースに機能します。

Power-Cache6 アーカイブサーバー - 12TBまで拡張された内蔵 HDD RAID (RAID 0 または RAID 5 が選択可能) を用いたキャッシュメモリー、10Gb Ethernet テクノロジーを導入し、大容量アーカイブを管理するためのハイパフォーマンスモデル。他のモデルよりも更に高速なアーカイブと復元が可能で、LTO テープのコピー作成やフレキシブルなコンテンツハンドリングに長けています。Cache-A ライブラリや拡張シャーシ、ロボット制御システムとスムースに機能します。

Library24 / Llibrary48 拡張オプション - LTO テープ 24本または 48本構成が選べるライブラリーオプション。Pro-Cache または Power-Cache と連携して複数のテープに跨がった大容量アーカイブまたはプロジェクト復元の際、テープカートリッジの入れ替えを自動化します。Library48 は 120TB まで、Library24 は 60TB までのニア・ライン アーカイブ容量が得られます。

【製品詳細】http://www.ask-dcc.jp/cache-a/


【Cache-A 社について】
Cache- A 社は、放送・プロダクション・映画などの分野にフォーカスした、ネットワーク接続型アーカイブアプライアンス製品分野におけるリーディングカンパニーで す。使いやすさで定評がある Cache-A のアーカイブアプライアンスは、LTO-5 メディアと業界標準の LTFS や tar フォーマットを通じて、制作やポストプロダクションにおける素材からマスターまでの映像資産を容易にアーカイブすることができます。

これまでに何度も表彰されている Cache-A アーカイブアプライアンスは世界中でメディア/エンターテインメント、大企業、政府機関、 大学、宗教団体の何千ものユーザーが貴重なデジタルデータ資産を安全にアーカイブし、検索し、復元するために使われています。Cache-A 社は 2008 年にデータストレージとビデオメディアの経験を業界で豊富に積んだメンバーによって アーカイブを容易にする事を目標に 設立され、イノベーティブなソリューションをリーズナブルなコストでお届けするという世評を得ています。Cache-A 製品はデスクトップ、ラックマウント共にラインアップされ、Windows、Mac OS、Linux/Unix のネットワークインフラと互換性を保っています。

Cache-A の Pro-Cache5 モデルは有名な Creative Cow の Blue Ribbon in 2011賞を、“Best Archiving System” - 最も優れたアーカイブシステムとして受賞、そしてPower-Cache モデルは Studio Daily の 2012 Prime Award 賞を “Best User Interface/User Experience” - 最も優れたユーザーインターフェース及びユーザー体験に対して受賞しています。

ウェブサイト:http://www.cache-a.com/


本リリースに関する問合せ先
株式会社 アスク
代表者名 代表取締役 武藤 和彦
製品担当 三沢 宙
メールアドレス  このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
電話:03-5215-5676
FAX:03-5215-5651
住所:東京都千代田区九段南4-8-21 山脇ビル11F

Cache-A 社、LTO-6 アーカイブソリューションを発表

cache-a_logo
〜LTO-6 で更に増加したキャパシティーとより高速な転送レートに加え、LTFS 拡張機能を提供〜


米国報道発表資料抄訳-2013年3月1日


米国カリフォルニア州モーガンヒル(2013年1月8日)- Cache-A 社は、新たにLTO-6 アーカイブアプライアンスを同社の製品群に加えました。扱うデータ量が常に増え続け、厳重かつ安全なメディアデータ保管を求めるメディア・エンターテイメント業界のニーズに応えるべく、高い信頼性を低コストで実現する最先端技術のツールと高いパフォーマンスを提供します。 これら新世代 LTO-6 テープを用いた Cache-A アーカイブアプライアンスは、年明けに米国内で出荷が開始されており、日本でも第一四半期から出荷予定です。

LTO-6 テクノロジーを搭載した最初のラインナップは、 Cache-A 社のフラッグシップ機 Pro-Cache6、高性能な Power-Cache、そしてフレキシブルなオートメーションシステム Library 24/48です。デスクトップ機種の Prime-Cache6 は、4月に開催される2013 NAB Show までにリリースされる予定です。

これら LTO-6 搭載の新機種は、LTO-5 テクノロジーを搭載したアーカイブアプライアンスに比べ処理速度が大幅に高速化され、ストレージ容量も約 70% 増加しました。デスクトップ・ラックマウント共に省スペースの筐体はそのままに、 扱いやすいウェブベースのユーザーインターフェースと、LTFS 機能を併せ持ちます。ネットワークに接続するだけで簡単にプロフェッショナルが要求するデジタルメディアのワークフロー内での展開が可能です。

Cache-A の社長兼 CEO のフィル・リッティは次のように語っています。「メディア・エンターテイメント業界にとって、より多くのデータを高速にアーカイブ出来るLTO-6 の到来は朗報です。「3D のみならず 4K ビデオや高フレームレートの到来で、メディアプロジェクトの規模は急速に大きくなっており、数百テラバイトのデータを扱わなければならないようなことも頻繁に起こってきています。Cache-A の新しい  LTO-6 アーカイブアプライアンスを導入することによって、大容量のデータも信頼性が高く安全な長期データ保管を実現します。Cache-A は、現在最も優れた製品であり、将来性のあるアーカイブアプライアンスを最小限のコストで提供するのです。」

LTO-6 カートリッジは、LTO-5 の 1.5TB から 67% 増しのデータ容量を持ち、最高 2.5TB のデータ(非圧縮書き込み時)が書き込め、書き込み速度もLTO-5 の 140MB/s から 160MB/s にアップしています。データ容量の増加に対応すべく、Cache-A アプライアンスも内蔵ディスクキャッシュを増やしました。Pro-Cache6 では従来の 4TB から 6TB へ、Power-Cache では 8TB から 12TBへ、それぞれ変更されています。Pro-Cache モデルの内蔵ディスクは、RAID0 または RAID1 構成に、Power-Cache モデルでは RAID0 または RAID5 に設定することができます。

Cache-A の製品ラインアップに LTO-6 が加わることで、データアーカイブの先駆的な  LTFS (Linear Tape File System)方式と業界スタンダードの Tar 方式が同時に Cache-A の LTO-6 アーカイブアプライアンスに導入されたことになります。しかも Cache-A の LTFS 機能は、大容量プロジェクトを複数の LTO-6 カートリッジに跨がったアーカイブとして保存することが可能で、高速ダビング機能も備わっていて、アーカイブされたプロジェクトのコピーが簡単に速く作成されるようになりました。各アーカイブアプライアンスは有名な Cache-A カタログデータベースを内蔵しており、読み込みまたは書き込みを行ったことのあるテープ全てに対して完全にデータが管理され、コンテンツの検索・復元が容易に行えます。Cache-A のアプライアンスは、撮影セットのカート上システムに始まり、ポストプロダクションの SAN または NAS ストレージまで、あらゆるデジタルメディアワークフローにおいて有効です。大容量アーカイブであっても内包されるアセットに素早くアクセスできるので、Pro-Cache6 と Power-Cache はプロダクションの素材マスターやポストプロダクションのプロジェクト全体のアーカイブに理想的です。

LTO-6 は LTO テクノロジー(Linear Tape Open Technology)の第6世代目です。2000年に登場した LTO テープは少なくとも30年のデータ保管寿命を持っています。IT のみならずメディア・エンターテインメント業界で認められた、最も安全でかつコストパフォーマンスに優れたデータ用長期保管テクノロジーとされていて、現在世界中で累計400万機以上のテープドライブが稼働しており、LTO テープそのものもこれまで2億本以上が販売されています。

これまでの LTO テクノロジーで既にお馴染みのように、以前の世代との後方互換性を有します。LTO-6 ドライブを持った新アプライアンスは、LTO-6 テープ及び LTO-5 テープを読み書きでき、LTO-4 テープも読むことが可能なので、これまでの投資を無駄にする事が無く、新規導入へもためらいなく踏み切ることを可能にしています。

Cache-A の LTO-6 アーカイブアプライアンスは、4月8日から11日にかけてアメリカネバダ州ラスベガスで開催される NAB2013 展示会でも公開されます。Cache-Aのブース番号は #SL11109 です。


【製品購入について】
Pro-Cache6 と Power-Cache の LTO-6 モデルおよび LTO-6 テープライブラリ Library 24/48 の日本国内での購入については株式会社アスクまでお問い合わせください。

◆Cache-A 製品詳細:http://www.ask-dcc.jp/cache-a/

【Cache-A 社について】
Cache- A 社は、放送・プロダクション・映画などの分野にフォーカスした、ネットワーク接続型アーカイブアプライアンス製品分野におけるリーディングカンパニーで す。使いやすさで定評がある Cache-A のアーカイブアプライアンスは、LTO-5 メディアと業界標準の LTFS や tar フォーマットを通じて、制作やポストプロダクションに おける素材からマスターまでの映像資産を容易にアーカイブすることができます。

これまでに何度も表彰されている Cache-A のアーカイブアプライアンスは世界中でメディア/エンターテインメント、大企業、政府機関、 大学、宗教団体の何千ものユーザーが貴重なデジタルデータ資産を安全にアーカイブし、検索し、復元するために使われています。Cache-A 社は2008年にデータストレージとビデオメディアの経験を業界で豊富に積んだメンバーによって アーカイブを容易にする事を目標に 設立され、イノベーティブなソリューションをリーズナブルなコストでお届けするという世評を得ています。Cache-A の製品はデスクトップ、ラックマウント共にラインアップされ、Windows、Mac OS、Linux/Unix のネットワークインフラと互換性を保っています。
Cache-A の Pro-Cache5 モデルは有名な Creative Cow の Blue Ribbon in 2011 賞を、“Best Archiving System” - 最も優れたアーカイブシステムとして受賞、そしてPower-Cache モデルは Studio Daily の 2012 Prime Award 賞を “Best User Interface/User Experience” - 最も優れたユーザーインターフェース及びユーザー体験に対して受賞しています。

ウェブサイト:http://www.cache-a.com/


本リリースに関する問合せ先
株式会社 アスク
代表者名 代表取締役 武藤 和彦
製品担当 三沢 宙
メールアドレス  このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
電話:03-5215-5676
FAX:03-5215-5651
住所:東京都千代田区九段南4-8-21 山脇ビル11F

Cache-A社、新たなアーカイブアプライアンス ソフトウェア v3.1をIBCで発表

cache-a_logo
〜LTFS機能の更なる充実を図ると共にパフォーマンスと操作性が飛躍的に向上〜


米国報道発表資料抄訳 2012年9月12日


IBC 2012 アムステルダム(2011年9月7日)- Cache-Aは9月7日から11日までオランダアムステルダムで開催されていたIBC展示会で、同社のアーカイブアプライアンス製品群の新ソフトウェアアップデート v3.1を公開しました。この新たなソフトウェアのアップグレードは、64bitでの情報処理能力とLTFS (Linear Tape File System)機能の更なる充実を図ると共に、ユーザーからのフィードバックに基づいて追加された操作性関連の機能も加わり、アーカイブ、データへのアクセス、アーカイブコンテンツの共有が更に扱いやすくなりました。

v3.1 アップグレード (UG)は、デスクトップモデルのPrime-Cache5、フラッグシップモデルのPro-Cache5、高パフォーマンスモデルのPower-Cache、そしてフレキシブルなLibrary 24/48 オートメーションシステムを含む、全てのCahe-Aアーカイブアプライアンスに適応します。

v3.1 UGの主な特徴:64bit エンタープライズ仕様のCentOS 6.2リナックスオペレーティングシステム(OS)、 高速LTFSテープダビング機能、新たに加わった複数のLTFSテープを跨いだアーカイブ機能、そしてeメール通知機能、コマンドキュー(処理タスクリスト)マネージメント機能など、生産性と効率を高める操作性関連の追加機能などです。

アメリカカリフォルニア州ロサンジェルスを本拠地とするNOW Productions社のRichard Price氏は次のように述べています。
「Cache-Aのv3.1がもたらした目もくらむ程の処理スピードは、Now Productionsの編集・アーカイブワークフローに顕著なアドバンテージを与えています。」Now Productionsは、Church of MSIA(MSIA教会)のビデオプロダクションとデジタル資産のアーカイブに携わっていて、45年間にわたる教会の記録、80,000以上のビデオおよびオーディオファイルをPower-Cacheと複数台のPro-Cacheを使用して処理し、全てのプロジェクトとデジタイズされたメディアの最終アーカイブとしています。「信じられないパフォーマンス、追加されたLTFS関連の新機能、改善されたユーザーツールセットなどがあるので、これからも将来へ向け安心してLTOメディアを使い続けることができます。」

株式会社 アスク メディア&エンタープライズ事業部 (ASK M&E) が提案する、放送・業務用からプロシューマーまでの映像制作にフォーカスした製品を紹介します。

Copyright © 2021 ASK Corporation. All rights reserved.