Cache-A社、アーカイブアプライアンス「Prime-Cache5」堅牢化された次世代モデルをIBCで発表

cache-a_logo


米国報道発表資料抄訳 2012年9月12日


IBC 2012 アムステルダム(2011年9月7日)- Cache-Aは9月7日から11日までオランダアムステルダムで開催されていたIBC展示会で、作りを更に堅牢なものにして耐久性を上げたアーカイブアプライアンスPrime-Cache5の次世代モデルを公開した。現在も人気あるPrime-Cache5の次世代モデルは、オフィスやプロダクションセットでの使用を考慮した静粛性と堅牢性を増したシャーシを兼ね備え、2.5インチのハードディスクをRAID 0 構成で搭載、ディスクキャッシュを介した転送スピードを著しく高速化しています。また、Cache-Aの新しいソフトウェアアップグレード、v3.1は、64bit エンタープライズ仕様のCentOS 6.2をベースにし、LTFS機能の更なる充実を図ると共に、パフォーマンスと操作性を飛躍的に伸展させました。

Prime-Cache5は、Cache-A社が同社創設後最初に発表したアーカイブアプライアンスモデルで、リーズナブルなコストであるにもかかわらず、フィルムおよびビデオ業務に携わるプロフェッショナルの要望に応える機能が全て盛り込まれたネットワーク設置可能なLTOテープストレージシステムとして定評があります。今回発表された次世代モデルのPrime-Cache5は、これまでと同じくコンパクトなサイズ、高い静粛性、リーズナブルなコストを維持した上で、オフィスやプロダクションセットでの使用に向けた機能の伸展を実現した、大きな前進といえます。

Prime-Cache5 次世代モデルの主な特徴:堅牢性を増してプロダクションセットでの荒い扱いにも耐える金属製シャーシ、以前のPrime-Cache5のディスクスループットを倍に増やす2.5インチRAID 0 構成ハードディスク、プロセッシングパワーを飛躍的に向上するv3.1ソフトウェアと64bitになったOS、高速LTFSテープダビング機能、新たに加わった複数のLTFSテープへ跨がったアーカイブ機能などです。ユーザーからのフィードバックに基づいて追加された操作性関連の機能も加わり、アーカイブ、データへのアクセス、アーカイブコンテンツの共有が更に扱いやすくなりました。

株式会社アスク、LTFSに対応したCache-A 2.0ソフトウェアアップデートサービスの提供を開始

cache-aAAlogo


株式会社アスクは(本社:東京都千代田区)、Cache-A社(米国、カリフォルニア州モルガンヒル)のLTOアーカイブアプライアンス製品向けに、LTFSに対応したCache-A2.0ソフトウェアのアップデートサービスの提供を開始しました。

Cache-A 2.0ソフトウェアでは、LTFSへの対応を初め、カタログのネットワーク共有、高速なテープ複製機能などが追加されています。これによって、Cache-A社のLTO-5対応製品ではより広範囲な互換性が確保され、様々なワークフローに対応が可能になります。
このアップデートは、全てのユーザーに無償で提供されます。

■アップデート内容
  • LTO-5ドライブを搭載した製品がLTFSに対応
  • カタログのネットワーク共有機能を追加
  • テープの複製機能を追加
  • その他機能の改善と修正
リリースノート:http://www.ask-dcc.jp/download/cache-a/cache-a/v2022release.html

※新しいCache-A 2.0ソフトウェアは、11月16日から3日間、幕張メッセにて開催される「Inter BEE 2011」において、「アスク / AMP」ブース(ホール8 / No.8409)と「AJA VIDEO SYSTEMS」ブース(ホール7/ No.7213)にてご覧いただくことができます。

■アップデートのお申し込み方法
このアップデートは、全てのユーザーに無償で提供されます。アップデートついては下記を御覧ください。

アップデートについて:http://www.ask-dcc.jp/cache-a-update.html

【Cache-A社について】
Cache- A社は、放送・プロダクション・映画などの分野にフォーカスした、ネットワーク接続型アーカイブアプライアンス製品分野におけるリーディングカンパニーで す。Cache-Aのアーカイブアプライアンスは、LTO-5メディアと業界標準のLTFSやtarフォーマットを通じて、制作やポストプロダクションに おける素材からマスターまでの映像資産を容易にアーカイブすることができます。

ウェブサイト:http://www.cache-a.com/
製品情報:http://www.ask-dcc.jp/cache-a/

【株式会社アスク アスクDCCについて】
株式会社アスクは、コンピュータ周辺機器のフルサービス・ディストリビューション事業を行う輸入商社です。世界中の最先端かつユニークな製品を日本国内のお 客様に提供しています。アスクDCCは、100社を越えるアスク取扱いメーカーの中から映像関連市場向けの商材を中心に、国内のシステムインテグレーター との共同マーケティングにより、多種多様なニーズに合った適切なソリューションを国内のお客様へご提供しています。

ウェブサイト:http://www.ask-dcc.jp/

■本リリースに関する問合せ先
株式会社 アスク
代表者名 代表取締役 武藤 和彦
製品担当 三沢宙
メールアドレス  このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
電話:03-5215-5676 / FAX:03-6672-6858
住所 千代田区五番町2番地カサ・ド・タク

Cache-A社、IBC2011にてメディアアンドエンターテイメント業界向けの LTFSベースのアーカイブアプライアンスを新たに発表

cache-a_logo
〜Cache-Aの特徴とLTFSならではの長所とを組み合わせ、手軽に利用可能な アーカイブアプライアンスプラットフォーム〜

アメリカ合衆国カリフォルニア州モルガンヒル(2011年9月6日) - 昨年のIBCCache-ALTFS(Linear Tape Film System)フォーマット対応製品を展示した最初のメーカーの1社となりました。今年のIBCでは、Cache-Aの全てのLTO-5ベース製品でのLTFS対応を発表しました。LTFSに対応した製品は、フラッグシップモデルのPro-Cache5、ハイパフォーマンスな新製品Power-Cache、静音性を備えたデスクトップ用のPrime-Cache5などが含まれます。Cache-AはこれらのLTFS対応製品を99日~13日にわたり、オランダ・アムステルダムのIBC2011会場のCache-Aブース(RAIアムステルダム・G16・スタンド7)で展示しています。

Cache-Aの社長兼CEOのフィル・リッティ氏は次のように述べています。
「我々は、テープをあたかもディスクかのように見せるLTFSのアドバンテージと、利便性の高いCache-Aのアプライアンス技術を結合させた、Pro-Cache5をはじめとするLTO-5対応製品を欧州市場に発表できることを大変誇りに思います」「顧客のニーズに応え、既存のLTO-5ベースのCache-Aのユーザーは、簡単なソフトウェアのアップデートにより、追加費用の支払いやテープの移行をすることもなく、LTFSを使い始めることができます」

LTFSがインストールされたCache-ALTO-5アーカイブアプライアンスでは、ユーザーがテープメディアカートリッジ毎に、既に熟成されたtarフォーマットか、新しいLTFSフォーマットを選択することができます。Cache-Aによるtarの実装同様に、LTFSにおいても、ファイルシステムのファイルアロケーションテーブルはLTOカートリッジ自体に記録されます。これにより、アーカイブデータの保護、テープカートリッジ毎のデータの独立性、テープカートリッジの可搬性を実現しています。

Cache-A社、IBC2011にてハイパフォーマンスアーカイブサーバー「Power-Cache」を発表

powercachefloat
〜高速アーカイブ・高速転送をコンセプトにLTO-5テープドライブと8TB RAID10GbEをコンパクトに統合〜

米国報道発表資料抄訳 2011年9月6日


アメリカ合衆国カリフォルニア州モルガンヒル(2011年9月6日)- IBC2011においてCache-Aは、以下に記すような高速なディスクアクセスとスループットを誇る新製品「Power-Cache ハイパフォーマンスアーカイブサーバー」を世界に向けて発表しました。Power-Cacheは、デジタルメディアプロフェッショナル業界に向けて、より高速なアーカイブと転送速度の向上、テープカートリッジの複製、Cache-Aライブラリや拡張ユニットとの連携を実現するため、LTO-5テープドライブと8TBRAID10Gbitのイーサネット技術を搭載したハイパフォーマンスな統合プラットフォームです。

Cache-Aは、Power-Cacheアーカイブサーバーを他のLTFS(Linear Tape File System)対応のLTO-5製品群と共に、99日~13日にわたり、オランダ・アムステルダムのIBC2011会場のCache-Aブース(RAIアムステルダムG16スタンド7)において展示しています。

Cache-Aの社長兼CEOのフィル・リッティ氏は次のように述べています。
「デジタルメデイアのプロフェッショナルが毎日扱うデータの膨大さとその量の加速的成長を背景に、Cache-Aに対してより高速なアーカイブと柔軟性を持つアーカイブアプライアンスの開発を求める声が高まっていました」「我々は本日、定評のあるアーカイブアプライアンスをさらに進化させたPower-Cacheを世界に向けてデビューさせることができ、大変誇りに思います」

コンパクトなラックマウント1UサイズのPower-Cacheアーカイブサーバーは、最大でLTO-5ドライブ4基までを同時に接続でき、その内2基までをフルスピードで動作させることができます。Library24、またはLibrary48オプションと、1基、ないしは2基のLTO-5ドライブを搭載できるラックマウント1Uサイズの拡張シャーシを自由な組み合わせでPower-Cacheに接続することができます。

Cache-A社、最上位モデルのPro-Cache5を含むLTO-5製品群に新たにLTFSフォーマットの搭載を発表


〜Cache-Aのアーカイブアプライアンスの利便性にLTFSのアドバンテージが遂に一体化

米国報道発表抄訳ー2011年4月11日


2011年4月11日 アメリカ・カリフォルニア州モルガンヒル – 昨年のNABショーにおいては、Cache-A社は、新しいLTFS(Linear Tape Film System)を具体的な製品の形でデモンストレーションする最初の企業の1社でした。今年のNAB2011では、フラッグシップモデルのPro- Cache5から、新しい高性能モデルのPower-Cache、エントリーモデルのPrime-Cache5に至るまで、LTO-5対応製品群全てに LTFSを搭載しました。Cache-AのLTFS対応製品は、アメリカ・ネバダ州ラスベガスのラスベガスコンベンションセンター展示ホール内 Cache-Aブース(SL8209)及び、Ultriumブース(N6619)にてご覧になれます。

オー プンソースソフトウェアに基づくLTFSは、複数のオペレーションシステム間やソフトウェア間、物理的な場所間での容易なデータ交換を実現します。さら に、Cache-A製品では、経済性、データの堅牢性、記録密度、消費電力の低さに加えて、ハードディスクの持つ数多くの機能や使い勝手の良さも兼ね備え ています。

Cache- A社の技術・オペレーション担当副社長 Ken Fuhrmanは次のように述べました。「HPとのコラボレーションを通じて、Pro-Cache5を含む新しいLTO-5製品ラインアップでは、テープ を実際にディスクのように振る舞わせるCache-Aのアドバンテージと、テープをディスクのように扱うLTFSのアドバンテージが一体化しました。既存 のCache-AのLTO-5製品ユーザーは、簡単なソフトウェアのアップデートにより、追加コストを支払ったり、メディアの変換などを行ったりすること なくLTFSを使用することができます。LTFS対応アップデートを行ったCache-AのLTO-5アプライアンスでは、既存の成熟したtar形式と、 独自に同様なファイルシステムを持つ、新しいLTFS形式をユーザーが選択して使用することができます」

株式会社 アスク メディア&エンタープライズ事業部 (ASK M&E) が提案する、放送・業務用からプロシューマーまでの映像制作にフォーカスした製品を紹介します。

Copyright © 2021 ASK Corporation. All rights reserved.