ProMAX 社、Adobe Premiere Pro CC との革新的な統合を紹介

AdobePanels Screen 768x522

米国報道発表資料抄訳 - 2016 年 4 月 18 日

ProMAX Platform Version 5 に追加された機能で Adobe Premiere Pro CC 編集環境でメディア管理が可能に

ネバダ州ラスベガス、NAB Show カンファレンス (ブース No SL3825) (2016 年 4 月 18 日) ─ メディア業界のための統合されたワークフローテクノロジーの世界的リーディングカンパニー ProMAX は本日、Platform Version 5 と、Adobe Creative Cloud® の主要製品である Adobe® Premiere® Pro CC との統合を発表しました。この顧客に焦点を合わせた改良は、Adobe Premiere Pro CC と Platform の能力を大きく向上させ、シームレスでより効率の良いワークフローをエンドユーザーに提供します。

Platform V5 と Adobe Premiere Pro CC の統合が行われることによって、ProMAX はノンリニア編集環境にワークフローサーバーが統合される最初の大きな一歩を踏み出します。この発展はメディア業界向けのワークフロー効率を改善し、ひとつのインターフェイス内で業務を行うことを可能にします。UI を切り替える必要がなくなるので、無駄な時間や生産的な作業の障害を取り払えます。

ProMAX Systems 社 CEO、Jess Hartmann 氏は以下のように述べています。

「近年のメディア業界の多くは、長時間 Adobe Creative Cloud のアプリケーションを使用しています。彼らはネットワークストレージのメディアを管理するために他のプログラムを開きます。それはプロジェクトを完了するためにファイルを追跡したり、トランスコードを実行したりするためです。そこで、ProMAX の Adobe 製品との統合では、Adobe Premiere Pro CC の中から Platform Workflow Server が備える全機能を Adobe のオープン API を通じて利用できるように設計しました。」

Platform Server シリーズはマルチノードアーキテクチャーを含み、アセットマネジメント、インジェスト、トランスコーディング、共同編集、レンダリング、配信、そしてアーカイブといった機能を初めから統合しています。Platform のすべての機能は、XMP メタデータスキーマに基いており、Platform V5 との統合によって、エディターはノンリニア編集機の内部で、それらの機能を使用できるようになりました。

Adobe 社のプロフェッショナルビデオパートナー関係主任、Sue Skidmore 氏は以下のように述べています。

「今日の創造性のある仕事では今まで以上に早く、コンテンツを作成、入手、管理、そして公開を助ける高速なワークフローが必要とされています。Adobe ビデオツールはアプリケーション、プロジェクト、チームをまたぐ創造的な作業を思いのままに行えるように設計されています。Adobe Premiere Pro CC と統合した ProMAX Platform の後押しにより、クリエイターは素晴らしく魅力的なコンテンツを、よどみなく創造できます。」

Platform V5 と Adobe Premiere Pro CC 統合の主な特徴

  • メディア / プロジェクトを保存したボリュームのマウントとアンマウント
  • 編集を個別に行うためのプロジェクトスペースのロック機能
  • 1 秒未満の反応時間でペタバイト級のデータをまたぐ、メディアとプロジェクトのシンプルで先進的な検索 (ファイル名、フォルダ名、ファイルのメタデータ、ディスク上またはテープ上のファイル検索)
  • 検索窓内でファイルを選択することで Adobe Premiere Pro CC のソースパネル内でメディアを再生
  • 検索窓からプロジェクト、ソース、またはプレビューモニターにクリップをドラッグ可能
  • パネルのインターフェイスからメディアを移動、コピー、削除
  • サーバーにファイルを送信し他のフォーマットにトランスコード、トランスコードが完了したら通知を受信
  • 開いているすべてのファイル / プロジェクトを他のユーザーが確認可能
  • マルチパネルのサイズはパネルが接続された場所に応じて自動的に配置

Platform V5 は簡単に現在の IT 環境に統合でき、標準で Active Directory に対応します。これは、今日の忙しいメディア業界全体にわたるワークフローを安心、安全で、簡単に管理できます。

Platform V5 と Adobe Premiere Pro CC の統合 は 2016 年 4 月より利用可能です。詳しい情報については http://www.promax.com にてご確認ください。

NAB 2016 では LVCC の South Lower Hall にある ProMAX Systems のブース (No SL3825) で、製品の紹介とデモンストレーションを行いました。

ProMAX Systems 社について

ProMAX はクリエイティブメディア業界向けの統合ワークフロー技術の世界的な先進企業です。20 年以上に渡り、ProMAX は全世界に数万人という顧客基盤を作ってきました。

お客様の課題を解決するために、ProMAX は自社のワークフローサーバー、ワークステーション、アーカイブ技術を用いた、最も効率的で、費用対効果が高く、信頼性の高いソリューションを提案しています。インジェストからエディット、プレイアウトからアーカイブまで、ProMAX はお客様が本当に必要としているのは何なのかに焦点を置き、考えを発展させるため、お客様が必要とするすべてのものが含まれた真に統合されたソリューションを提案できます。

お客様が働いている業界が、映画 / テレビ、放送、ポストプロダクション、教育、行政機関、その他の企業のどこであるかにかかわらず、ProMAX 製品は信頼を得ており、その制作過程の中心に位置します。より詳しい情報は www.promax.com にてご確認ください。

本リリースに関するお問い合わせ先

正規代理店 : 株式会社 アスク
担当部署 : メディア&エンタープライズ事業部
製品担当 : 前田 善弘
メールアドレス : このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
電話 : 03-5215-5676 / FAX : 03-6672-6858
所在地 : 東京都千代田区九段南4-8-21 山脇ビル11F

株式会社 アスク メディア&エンタープライズ事業部 (ASK M&E) が提案する、放送・業務用からプロシューマーまでの映像制作にフォーカスした製品を紹介します。

Copyright © 2017 ASK Corporation. All rights reserved.