prime-cache〜LTO-6 搭載の新アプライアンスは手頃な価格の LTO アーカイブ入門機〜

米国報道発表資料抄訳-2013年4月2日


米国カリフォルニア州モーガンヒル (2013年3月13日) - Cache-A 社は、LTFS 拡張機能を搭載し、LTO-6 に対応した新機種 Prime-Cache6 の出荷開始を発表しました。Prime-Cache6 を加えることによって、フラッグシップ機の Power-Cache、ハイパフォーマンス機の Pro-Cache、フレキシブルな Library 24/48 を含む Cache-A の製品ラインナップの全てが LTO-6 に対応したことになります。これらの新製品は4月8日からアメリカネバダ州ラスベガスで開催される NAB Show にてご覧頂けます。Cache-A のブース番号は#SL11109です。

Prime-Cache6 は LTO-5 版の同機種の耐久性と高性能を受け継ぐと共に静音性にも優れており、オフィスや収録セットでの使用に最適です。LTO-6 テープテクノロジーに対応すると共に、筐体の更なる堅牢化を図り、内蔵ストレージも 4TB の 2.5 インチ HDD RAID にアップグレードされ、ディスクベースの転送速度を大幅に加速しています。

Prime-Cache6 には 64 ビットのエンタープライズ向け OS である CentOS 6.2 を基盤とした Cache-A の最新ソフトウェア、v3.2 が搭載されており、使い勝手とパフォーマンスが飛躍的に改善されています。

Cache-A の社長兼 CEO のフィル・リッティは次のように語っています。「最新の LTFS 機能を盛り込んだ新しい Prime-Cache6 は最良のコストパフォーマンスでデータの長期保管ニーズに答える LTO アーカイブへの入門機です。従来機の Prime-Cache5 や Prime-Cache4 と同じく、Prime-Cache6 はコンパクトでポータブルな筐体と使い易さからは想像もできないほど高性能ですからオフィスにも収録セットでも邪魔にならず最適です。」

Prime-Cache6 の主な特徴:
Cache-A の Prime-Cache6 は、LTO テープをベースにしたアーカイブストレージシステムをお求めになり易い価格でネットワークに組み込むために必要なすべての機能をフイルムやビデオに携わるプロフェッショナルユーザーに提供します。
先駆的な LTFS 機能 – Cache-A は、他には無い LTFS (Linear Tape File System)のアドバンス機能を Prime-Cache6 に搭載し、大容量のプロジェクトデータをシームレスに複数のカートリッジに跨いで記録することができたり、MD5 チェックサムデータが確認できる等、他の LTFS 製品には含まれていない機能を提供します。

堅牢で小さな筐体 – 収録セットやロケーションでの使用に耐える堅牢さを持ちながら273mm x 112mm x 273mmと小さく抑えられた寸法の筐体で、Prime-Cache6 はクラス最小のアーカイブツールです。

新仕様 4TB 2.5 インチ RAID 0 – 初期の Prime-Cache に比べて約2倍のディスクデータ転送帯域と速度を提供します。

新バージョン v3.2 ソフトウェア –
64 ビットで処理速度を加速、Eメール通知機能、アーカイブ処理順番管理機能、複数の LTFS テープを跨ぐ大容量アーカイブ機能、その他ユーザーフィードバックに基づく数々の改善点を盛り込んで、データのアーカイブ、アクセス、共有をさらに容易にしました。

カタログデータベースを内蔵 – Prime-Cache6 が読み書きした LTO テープの内容を、内蔵のカタログデータベースに全て記録し、テープ名、フォルダ名、ファイル名、メタデータ等で検索できるので、アーカイブ内容の検索と復元が容易です。

多様な接続性 – ギガビット Ethernet x 2系統、USB 3.0 ポート x 2、USB 2.0 ポート x 2 を搭載した Prime-Cache6 は、カート上に納めたポータブルシステムから SAN や NAS を含んだポストプロダクションシステムまで、様々なプロフェッショナル デジタルワークフロー環境への対応を可能にします。

これまでの LTO テクノロジーと同様に、以前の世代との後方互換性が提供されているので、LTO-6 ドライブを搭載した Cache-A アプライアンスは、LTO-6 テープ及び LTO-5 テープを読み書きでき、LTO-4 テープも読むことが可能なので、これまでの投資を無駄にすることなく、新規導入へもためらいなく踏み切ることを可能にしています。

LTO-6 は LTO テクノロジー (Linear Tape Open Technology) の6世代目になります。2000 年に登場した LTO テープは少なくとも 30 年のデータストレージ寿命を持っています。IT のみならずメディアとエンターテインメント業界で認められた、最も安全且つコストパフォーマンスに優れたデータ用の長期保管テクノロジーとされていて、現在世界中で累計 400 万機以上のテープドライブが稼働しており、LTO テープそのものもこれまで 2 億本以上が販売されています。

製品購入について - Prime-Cache6 の日本でのお買い求めについては株式会社アスクまでお問い合わせください。
【製品詳細】http://www.ask-dcc.jp/cache-a/

【Cache-A 社について】
Cache- A 社は、放送・プロダクション・映画などの分野にフォーカスした、ネットワーク接続型アーカイブアプライアンス製品分野におけるリーディングカンパニーで す。使いやすさで定評がある Cache-A のアーカイブアプライアンスは、LTO-5 メディアと業界標準の LTFS や tar フォーマットを通じて、制作やポストプロダクションにおける素材からマスターまでの映像資産を容易にアーカイブすることができます。

これまでに何度も表彰されている Cache-A アーカイブアプライアンスは世界中でメディア/エンターテインメント、大企業、政府機関、 大学、宗教団体の何千ものユーザーが貴重なデジタルデータ資産を安全にアーカイブし、検索し、復元するために使われています。Cache-A 社は 2008 年にデータストレージとビデオメディアの経験を業界で豊富に積んだメンバーによって アーカイブを容易にする事を目標に 設立され、イノベーティブなソリューションをリーズナブルなコストでお届けするという世評を得ています。Cache-A 製品はデスクトップ、ラックマウント共にラインアップされ、Windows、Mac OS、Linux/Unix のネットワークインフラと互換性を保っています。

Cache-A の Pro-Cache5 モデルは有名な Creative Cow の Blue Ribbon in 2011 賞を、“Best Archiving System” - 最も優れたアーカイブシステムとして受賞、そしてPower-Cache モデルは Studio Daily の 2012 Prime Award 賞を “Best User Interface/User Experience” - 最も優れたユーザーインターフェース及びユーザー体験に対して受賞しています。

ウェブサイト:http://www.cache-a.com/


本リリースに関する問合せ先
株式会社 アスク
代表者名 代表取締役 武藤 和彦
製品担当 三沢 宙
メールアドレス  このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
電話:03-5215-5676
FAX:03-5215-5651
住所:東京都千代田区九段南4-8-21 山脇ビル11F

プレスリリースその他のニュースは、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性があります。あらかじめご了承ください。

トレードマーク付きの会社名や製品名は、それぞれの会社の商標です。

株式会社 アスク メディア&エンタープライズ事業部 (ASK M&E) が提案する、放送・業務用からプロシューマーまでの映像制作にフォーカスした製品を紹介します。

Copyright © 2021 ASK Corporation. All rights reserved.