cache-aAAlogo

米国報道発表資料抄訳 - 2014年4月7日

新しいLTO-6アプライアンス、拡張ライブラリに加え、より速く、より効率的なLTFSのアーカイブに注目

アメリカ コロラド州ゴールデン(2014年4月2日)- メディア & エンターテイメント業界のアーカイブアプライアンスにおいて数々の受賞歴を誇るCache-A社( www.cache-A.com )は、高速化されたアーカイブ機能に加え、新しいLTFSフォーマットのLTO-6をラスベガスで催されるNAB2014、Cache-A Booth #SL9027にて発表する予定です。今回発表される新製品は、より高速なLTOテープやLTFS(リニアテープファイルシステム)のアーカイブのための画期的な技術革新により、生産力の強化とアセットの保護をより高いレベルで実現します。

新製品と目玉機能 - 増え続けるアーカイブに対応する新しいワークフローテンプレート:Cache-AのフラッグシップであるPro-Cache6(LTO-6)を更に高速化した新製品Pro-Cache610をはじめ、新しいモジュラー式のLibrary80+拡張オプションや最新のハブ&スポーク型のLTFS データ交換および配信ワークフローがリリースされます。そしてNABの展示における更なる見所としては、サイマルコピー™、迅速なLTOテープの複製機能、およびベリファイ機能が挙げられます。

ワークフローテンプレート&増分アーカイブ

Cache-A管理ソフトウェアの新しい機能として、ワークフローテンプレートおよび増分アーカイブ機能を発表します。時間のかかる定期的なLTOテープへのアーカイブ作業を自動化し、簡単かつ迅速により高いレベルでのアセットの保護を実現します。

Library80+アーカイブ拡張オプション

6Uラックマウント型のLibrary80+ 拡張オプションは、1台につき80巻ものLTO-5またはLTO-6テープを保持することができ、最大200TBのアーカイブ容量を提供します。また、Cache-A社は合計で560巻ものテープスロットに対応し、80巻ごとにテープスロットを簡単に増設することができるモジュール式アプライアンスの製作を計画しています。これにより1つの19インチラックに合計1.4PBのネイティブ容量を構築します。またこのスケールアップアーキテクチャは、新しいライブラリを必要とせず、容量とパフォーマンスを強化する追加モジュールを加えるだけで容易に拡張することが可能です。

Pro-Cache610 - より高速なアーカイブ

Cache-AはPro-Cache610の登場により10GbEネットワーク接続による150MB/s以上でのアーカイブを可能にします。この製品は特に、毎日大量のデータが生成される現場でのアーカイブ作業に適しています。Pro-Cache610は2つのHDDを内蔵し、RAID 0またはRAID 1による最大6TBのディスクキャッシュストレージとして利用出来ます。LTO-6カートリッジは、ネイティブなデータを2.5TBまで保存することができます。ラックマウント可能なCache-A LTO-6ライブラリーやSidecar拡張ユニットだけでなく、サードパーティ製のロボットシステムと統合し、簡単にオンセットに組み込んで使用することが可能です。

ハブ&スポーク - LTFSのデータ交換と配信の強化

Cache-Aは、ハブ&スポーク型の配信ワークフローによる効率化に着目しています。これにより遠隔地のコンテンツ作成者が、より大きな中心部のデータ保管場所にアクセスすることが可能となります。このような仕組みにおいて、テープの重要性は増していきます。そして、Cache-Aのハブ&スポーク型へのイニシアチブは、これを容易にするため先導していきます。

ディスカバリーチャンネルとの共同開発に基づいて、Cache-A アプライアンスは、ディスカバリーの3つ全ての納品仕様に合わせたLTFSテープをフォーマットできます。これにはインデックスパーティションにmetadata.xmlファイルを自動的に配置したり、グラフィックス、オーディオおよび番組素材にMD5チェックサムファイルを自動的に付加する機能が含まれています。メタデータファイルは、アクセス時間を大幅に削減し、後に簡単にファイルの復元をすることができます。 

Cache-Aはクロスロードシステムズ社(NASDAQ:CRDS)と提携し、LTFSフォーマットのテープにデータを記録する際にStrongboxのシードフォーマットを利用するためのオプションをユーザーに提供します。この革新的なコンセプトは、ローカルでアーカイブしたデータが、センターアーカイブ上のテープに送られるという非常に効率的なワークフローをユーザーに提供します。

サイマルコピー - 高速なLTOテープ複製

サイマルコピーは、Cache-Aが開発した高度なリプリケーション技術を活用しています。この機能は、連続コピーというよりも一斉コピーに近く、単一コピーに近い速度で複数のtarやLTFSフォーマットのLTOテープのコピーを作成することが可能です。この機能は、Cache-AのLTO-4, LTO-5, そして最新のLTO-6世代のアプライアンスで動作します。サイマルコピーを使用するとPower-Cacheのシステムでは同時に4本、Pro-Cacheのシステムでは同時に2本のLTOテープのコピーを作成することが可能です。Power-CacheとPro-Cacheに付属させる形でサイマルコピーに使用出来るドライブには、Library24, Library48, Library80+拡張オプションとラックマウント型のドライブ拡張ユニット、そして新しくリリースされたLTO-Sidecar拡張ドライブがあります。

Cache-A LTO-6 - 完全なアーカイブアプライアンス製品

現在Cache-Aの製品シリーズには、静かでコンパクトなデスクトップ仕様のアプライアンスであるPrime-Cache6、6TBのHDD RAID-0またはRAID-1のディスクキャッシュストレージを搭載し同社の主力システムとなるPro-Cache6、Pro-Cacheの新しいモデルであり10GbEによる高速イーサネット接続機能を備えるPro-Cache610、大量のアーカイブに対応する高性能なアーカイブサーバーPower-Cache6、Library24及びLibrary48、そして今回追加されたLibrary80+拡張オプションがあります。


【Cache-A 社について】
Cache-A社は、放送・プロダクション・映画などの分野にフォーカスした、ネットワーク接続型アーカイブアプライアンス製品分野におけるリーディングカンパニーです。使いやすさで定評がある Cache-Aのアーカイブアプライアンスは、LTO-5 メディアと業界標準のLTFS や tar フォーマットを通じて、制作やポストプロダクションにおける素材からマスターまでの映像資産を容易にアーカイブすることができます。 これまでに何度も表彰されている Cache-Aアーカイブアプライアンスは世界中でメディア/エンターテインメント、大企業、政府機関、 大学、宗教団体の何千ものユーザーが貴重なデジタルデータ資産を安全にアーカイブし、検索し、復元するために使われています。Cache-A社は2008年にデータストレージとビデオメディアの経験を業界で豊富に積んだメンバーによって アーカイブを容易にする事を目標に設立され、イノベーティブなソリューションをリーズナブルなコストでお届けするという世評を得ています。

Cache-A製品はデスクトップ、ラックマウント共にラインアップされ、Windows、Mac OS、Linux/Unix のネットワークインフラと互換性を保っています。 Cache-AのPro-Cache5 モデルは有名な Creative Cow の Blue Ribbon in 2011賞を、“Best Archiving System” - 最も優れたアーカイブシステムとして受賞、そしてPower-Cache モデルは Studio Daily の 2012 Prime Award 賞を “Best User Interface/User Experience” - 最も優れたユーザーインターフェース及びユーザー体験に対して受賞しています。

ウェブサイト:http://www.cache-a.com/

本リリースに関するお問い合わせ先

正規代理店 : 株式会社 アスク
担当部署 : メディア&エンタープライズ事業部
製品担当 : 前田 善弘
メールアドレス : このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
電話 : 03-5215-5676 / FAX : 03-6672-6858
所在地 : 東京都千代田区九段南4-8-21 山脇ビル11F

株式会社 アスク メディア&エンタープライズ事業部 (ASK M&E) が提案する、放送・業務用からプロシューマーまでの映像制作にフォーカスした製品を紹介します。

Copyright © 2019 ASK Corporation. All rights reserved.