Space-nab2014

英国報道発表資料抄訳 - 2014年4月7日

 

HDD最速となるSpaceセントラルストレージをNABにて公開

NAB 2014 ニュース:GB Labs社は、NAB ShowにてGB Labsブース(STAND SL5325)を出展いたします。GB Labs社は、高負荷の中でもかつてなくRead/Writeのスピードを飛躍的に向上させた、実践的なパフォーマンスを発揮する新しい Space セントラルストレージシリーズをリリースします。

パフォーマンス倍増

GB Labs社のセールス・マーケティングディレクターであるBen Pearce氏は次のように述べています。「Tier 1ストレージは進化し続けています。それは単にデータ量が増えたということだけではなく、データの保存や共有における中心的な存在となっています。また、数多くのユーザーがNASに接続し、数KBから数GBまでに及ぶ多種多様なファイルサイズアクセスをハンドリングします。実際にSpaceが使われる環境を構築し、テストを実施した結果、この新しい技術によってSpaceのデータ転送は従来の2倍近くまでパフォーマンスを向上させることを確認しました。

新しいSpaceは、全ての対応ネットワーク共有プロトコルで驚異的なネットワークスピードを提供するBlueShift technologyや、高負荷環境下でもスピードを持続させる特徴のIDA(In-flight Data Acceleration) といった非常に革新的な技術を備えました。Space 帯域幅コントロール(Space Bandwidth Control)も追加されました。接続されたクライアントとの帯域チューニングを可能とする新機能です。管理者やシステムインテグレータは帯域幅やRead/Writeデータレートをそれぞれ帯域制限することで、重要な仕事を行うクライアントや、日常的なバックアップ、オーディオ編集といった低データレートしか必要の無い作業に対して優先順位を設けることができます。
 
これについて、Pearce氏は次のように述べています。「パフォーマンスをフルパワーで動作させることは簡単ですが、重要なのは編集者及びコンテンツの制作者であるユーザーがいかにプロキシトランスコーディングやコンフォーミングなどに長い時間をかけることなくフル解像度で作業できるかということです。システムがスローダウンする恐れを感じず、複数の編集者が作業することができるようになります。これは本当の意味で大きな進歩と言えます。」

Spaceは現在、以前のバージョンに比べて2倍以上となるHD 100ストリームのビデオの同時再生をサポートします。
その他の進歩としては、新しく80TBと96TBの大容量モデルが登場しました。以前のSpaceと同様に、拡張に掛かる時間はほんの数分程度で、SpaceはEXと組み合わせることによって合計1.7PBまで拡張することができます。GB Labs社Space シリーズ全てにおいて、特別なクライアントアダプターやライセンスを必要とすることなく、混在したOSネットワークにおいて使用することが可能です。


【GB Labs社について】
GB Labs社は、デジタルメディア・ワークフロー向けのセンターストレージの開発とデザインを行うために設立されました。ポスト・プロダクションに関する深い知識と経験を持ち、Final Cut Proを初めAvidやAdobeなど様々な映像制作ソフトウェアがどのように動作するか、どのようにすればそれぞれが調和して動作するかを理解している会社です。そして、ポストプロダクションはもちろん、教育、軍事、医療、放送など最も過酷な環境での広範囲な研究の末に、現在のSpaceシリーズを完成させました。

ウェブサイト:www.gblabs.com/
ウェブページ(日本語):www.ask-media.jp/news-gb-labs.html

本リリースに関するお問い合わせ先

正規代理店 : 株式会社 アスク
担当部署 : メディア&エンタープライズ事業部
製品担当 : 前田 善弘
メールアドレス : このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
電話 : 03-5215-5676 / FAX : 03-6672-6858
所在地 : 東京都千代田区九段南4-8-21 山脇ビル11F