Rorke Data

hyperfslogo

HyperFS ソリューションは、FalconStor ソフトウェアから提供された、様々な種類のラージファイルの管理やアクセスを単純化する革新的なファイルシステムです。HyperFS は、驚異的なパフォーマンスとスケーラビリティを提供することによって、要求の高い現在のアプリケーションに対応します。グローバルネームスペースを通じ て、高速ファイルアクセスを同時に異なるクライアントに提供し、さらにハードウェアから独立したデータ保護、ストレージ仮想化とシン・プロビジョニングを 構成されたストレージに与えます。

驚異的なスケーラビリティ

HyperFS ソリューションは、単一のグローバルネームスペースで大勢多数のクライアントと共に一つのファイルシステムで、最大144PBのストレージと億単位のファイルをサポートします。ストレージ容量は、急速且つダイナミックに加えることができます。

ハイパフォーマンス

HyperFS ソリューションは、高速なSANテクノロジーを導入し、POSIX対応ファイルシステムプロトコルによる伝送をLAN上で行うため、要求しているクライアントとデータ保管場所との間で直接データ移動を行えます。HyperFS は、NFSのようなネットワークファイルシステムではありません。複数のシステムからスケーラブルなアクセスを提供することにより、シングルシステムの枠 を超えてファイル管理を行います。ローカルファイルシステムと同様にアプリケーションと相互作用しますが、同時に複数の異なるシステムから直接データアク セスを許可することによって、より高いパフォーマンスと高スケーラビリティ、フォールトトレランスを得られるように設計されています。

HyperFS は、従来の分散ファイルシステムにおけるデータ転送のボトルネックを克服します。また、データ転送を最大パフォーマンスで行うために、 InfiniBand、Fibre Channel、あるいはiSCSIによる接続がご利用になれます。HyperFS は、放送・映像業界や広帯域のビデオストリーミングアプリケーションを利用する産業に理想的なソリューションを届けます。

グローバルネームスペース

全てのHyperFS クライアントは、単一のグローバルネームスペースで共有します。管理者は、拡大、移動、微調整、ストレージ変更など様々な操作をクライアントの画面やアク セスする方法に影響を及ぼすことなく、ダウンタイムなしで行えます。データの変化はネームスペースで自動的に更新され、クライアントの再構成やダウンタイムを必要としません。

hyperfs_deployment

専用のMDS(メタデータサーバー)

SANやNASなどLAN接続によるメタデータは、別々にMDS(メタデータサーバー)で処理されます。MDS は、ファイルシステムのメタデータを処理する役割を担います。さらに、ディレクトリツリー構成、ジャーナリング、ファイルプロパティメンテナンス、ファイル操作のログ記録、ファイルアクセスの認可、スナップショットバックアップ等、万が一の障害に備えた様々な機能により、安全なシステム構築を可能にします。専用のメタデータ処理を提供して、パスを主要なデータパスから切り貼りすることによって、HyperFS はワークフローアプリケーションが要求する高性能で低いレイテンシを保証します。

高可用性(HA)クラスタアーキテクチャは、データ有効性と運用効率を最大限に引き上げます。2つのMDSは、アクティブ / パッシブモードで操作することができ、アクティブMDSが機能しない場合は、瞬時にフェールオーバーを提供します。

クライアントは、LAN接続による標準的なNFSと内蔵NASによるCIFSプロトコルによってデータを簡単、シームレスに共有することができます。サポー ト操作はMDSで行え、別のゲートウェイを必要としません。内蔵NASも、既存のLDAP/アクティブディレクトリ環境と統合します。

柔軟な展開オプション

HyperFS ソリューションは、サポートされたLinuxのバージョンで、主要なサードパーティ製ハードウェアと統合することができます。SANストレージは、エンドユーザー、またはリセラーによって供給されます。このソリューションは、企業の既存のストレージリソースをフルに活用でき、低コストで簡単便利な高性能クロスプラットフォーム対応テクノロジーを提供します。

HyperFS は、FalconStor社の Network Storage Server(NSS)ゲートウェイソフトウェアで実行することもできます。FalconStor NSS公認のどんなゲートウェイサーバ機器やストレージアレイでも稼働し、広範囲のデータ保護、ストレージ仮想化やシン・プロビジョニングを可能にします。このような構成の場合、HyperFS ソリューションには最大データ有効性のためにSANやデータ保護の全ての利点と内蔵スナップショット、WANoptimized複製、データ移動を含む FalconStor NSSの特徴が導されます。個々のデータセット、または全システムは、ローカル、またはリモートにより数分で回復されます。

仕様

最大容量 144PB (ファイルシステムにつき)
ファイルシステムの最大数 16 (MDSにつき)
最大ファイルサイズ 32TB
LUN接続の最大数 4096
最大LUNサイズ 可変 - 最大ドライブLBA (ロジカルブロックアドレッシング) による制限
HA (高可用性) アクティブ / スタンバイ メタデータサーバー、メタデータジャーナリング、アクティブ / スタンバイ NAS (NFS、CIFS)
最大スループット (単体ユニットによるテスト結果) 1.2GB / s (24ドライブ SupeMicroシステム)
クライアントの最大数 800
POSIX迎合性 POSIX対応 - ファイルのセマンティックス、ロッキング用途
NFSサポート NFSバージョン 3.x、2.x
MDS対応 OS
  • Red Hat Enterprise Linux 5.3 / 5.2 (64bit)
  • CentOS Linux 5.3 / 5.2 (64bit)
  • Oracle Enterprise Linux 5.3 / 5.3 (64bit)
SANテクノロジーサポート FC、iSCSI、InfiniBand
クライアント対応 OS
  • Microsoft Windows - 32 / 64-bit (XP / 2003 / 2008 / Vista / 7)
  • Red Hat Enterprise Linux 4.x / 5.x (32 / 64bit)
  • CentOS Linux 4.x / 5.x (32 / 64bit)
  • Oracle Enterprise Linux 4.x / 5.x (32 / 64bit)
  • SuSE (32 / 64bit)
  • Mac OS X 10.5.x - 32bit (Leopard)
  • Mac OS X 10.6.x - 32 / 64bit (Snow Leopard)
MDS ハードウェア
  • メモリ : 2GB以上のRAM (8GB 推奨)
  • CPU : Dual-core AMD Opteron、Intel Xeon EM64T 対応
  • システムディスク : 80GB以上のディスク領域 (SCSI、IDE、またはSATA)
  • ネットワークインタフェースカード : Linux対応 Gigabit Ethernet ネットワークカード
  • FC HBA (ホストバスアダプタ) : QLogic 23xx、24xx、256x

*サポートされたHBAのリストは、FalconStor Certification Matrixをご覧ください。

FalconStor NSSバージョン 6.1

株式会社 アスク メディア&エンタープライズ事業部 (ASK M&E) が提案する、放送・業務用からプロシューマーまでの映像制作にフォーカスした製品を紹介します。

Copyright © 2021 ASK Corporation. All rights reserved.