現在、ほぼ全ての産業において、高品質なメディアの連携に対する要求が高まっています。
配信チャンネルの増加は、インターネットとソーシャルメディアにより加速しており、コンテンツの爆発的な増大の要因となります。同時に、新しい大容量のフォーマットも絶えず開発され続けていますので、従来の方法ではアセットを見つけ出し利用することが、ますます困難になっています。

CatDV を使う理由

lost money

メディアを扱う組織は、年間10,000,000円を損失している

メディアを扱う組織では、メディアアセットの整理や検索に相当な時間と費用を費しています。
それは、メディアアセットの検索が上手くいかないことが原因で、特にチーム内のユーザーが異なる場所で作業している時は、ほぼ失敗していると言ってもよいでしょう。予算を削減しつつ、出来る限り多くのメディアを保存し、必要な時にそのメディアをすぐ見つけ出し再利用することはとても重要です。

ある調査によると、メディアを扱う組織は有効なメディアアセットマネジメントができていないために、メディアの検索に3回中1回以上も失敗しており、その作業時間に年間およそ10,000,000円を浪費していると見積もられています。

CatDV : メディアの発見と再利用

CatDV はこれら全ての問題に取り組んでいます。デジタルメディアの大容量ボリュームを作成し管理する際、CatDV はチームの団結やコミュニケーション、コラボレーションをより効果的に行う手助けになります。シンプルかつパワフルなツールにより、世界の中でも有数の洗練されたメディアワークフローを手助けし、業務の柔軟性を提供します。CatDV は1人で使用する場合から、世界中に拠点を持つ大企業で使う場合まで価値を提供します。

多くのアセットマネジメントシステムと異なり、CatDV の使い方は簡単に学習でき、活用も容易です。この分野のシステムの中では所有コストが低く、優れたサポート体制もあります。また、他のアセットマネジメントシステムでは見られないほど、他の製品やプラットフォーム、フォーマット、ハードウェアやソフトウェアと統合することができます。

CatDV を利用したアセットマネジメントを行うことによって、会社のメディアアセットの発見や再利用を手助けし、チームのコラボレーションと可能性を支援するため、結果的に時間と費用の節約が可能になります。

CatDV Diagram

CatDV の主要な機能

CatDV を導入することで、メディアワークフローの改善が行えます。

パワフル

  • 洗練されたロギングと構成
  • メディアの発見と再利用
  • ワークフローの自動化
  • チームのコラボレーション
  • 数百万のアセットに対応

簡略

  • 簡単に使える
  • 簡単に設定できる
  • 低い学習コスト
  • 低い開発コスト

柔軟

  • MXF や RED などのネイティブファイルハンドリングに対応
  • クラウドを含めた開発オプション
  • Mac、Windows、Web、iOS に対応
  • 多くのストレージメーカーやアーカイブメーカーとの協力関係
  • シームレスな統合を実現するための複数の API
  • ユーザと共に成長する CatDV

安全

  • 2,000年からの実績
  • 数千のユーザーが満足している
  • 最高の技術サポート

ワークフロー

CatDV の柔軟性、パワー、シンプルな設計、安価な費用面のどれもが特徴的です。結果として、これほど特徴的な展開をしているメディアアセットマネジメントシステムはありません。この項目では、CatDV で簡単に対応できるワークフローを説明します。

ic dns white 48dp

SAN やアーカイブのフロントエンド

CatDV は、オンライン、オフライン、ニアライン、アーカイブのどこでも、難なくコンテンツを閲覧することができます。メディアの検索は数時間前あるいは数日前に予め行われているので、CatDV は数秒でメディアを見つけることができます。

ic style white 48dp

ロギングとタグ付け

CatDV のバーベイタムロガーは、新しい CatDV のユーザにとっても、高速で直感的にフッテージをロギングする方法です。注釈、サブクリップ、イン点とアウト点、マーカーをオンザフライで生成し、再生終了時には配置が完了しています。複数の種類のデータ (ラジオボタン、チェックボックス、階層化されたリスト) に柔軟に対応していることで、複雑なメタデータでさえ、高速に入力することが可能です。

ic done white 48dp

評価と承認

CatDV は評価と承認のツールとして使われる時にも、多くの高い評価を受けている製品です。試写の上映時に演出からの指示を CatDV にキャプチャーでき、その一語一語をポストプロダクションの部門では、ノンリニア編集機や Web もしくはデスクトップの CatDV クライアントを経由して直接共有する事ができます。編集、合成、オーディオエンジニアやフィニッシングアーティストはアップデートされるシーケンスへの注釈を見ながら作業を行うことができます。最近では、大手テレビプロダクションでストーリーボードを様々な観点からレビューするために CatDV を使っています。その際にはプロダクションブログとメッセージツールを再生に利用しました。

ic theaters white 48dp

トランスコーディングとプロキシの生成

カメラやフォーマットの種類が氾濫している現在の状況で、コンテンツを制作する上でトランスコーディングを行うのは、多数のコンテンツを抱える組織にとって重要な事柄であることは言うまでもありません。CatDV には強力なトランスコード機能があります。それは、デスクトップクライアントと自動化のエンジンとなる CatDV Worker のどちらにも当てはまります。CatDV は他のハードウェアやソフトウェアのトランスコーダーと組み合わせて動作するよう設定することも可能です。

ic event note white 48dp

生産管理

どの制作会社でも、フッテージを再利用しようとする時には、メディアアセットマネジメントに挑戦しなければなりません。CatDV は多くの制作会社が計画したり制作のステータスをトラッキングすることを支援します。作品の全ての要素を CatDV でトラッキングできるようにすることは、ロケーションやポスプロ作業にとって重要な手助けになります。すべてのアセットのタイムプラン、実際の日付、状況、所有者を知ることで、制作はより早くより効率的になります。

ic voicemail white 48dp

ビデオ / 写真 / 音声 アーカイブ

CatDV のコアは、メディアアセットのための強力なデータベースがあるということです。テレビ、映画、Web、社内など、どの方法で配信するかに関わらず、作品を制作したり依頼をする編成部署にとって、コンテンツを見つけやすく、且つ再利用し易くしておくことは有益です。 CatDV の外部に共有できる付加機能を使用すれば、強力なデスクトップクライアントやシンプルな Web クライアント、柔軟な API を使い、完全に目的に合わせて作成された Web インターフェイスまで共有することが可能です。

ic print white 48dp

印刷

CatDV のプリント機能を、紙ベースの校正と承認の過程の一部で使用しているお客様もいらっしゃいます。これはとりわけスチルのライブラリーに適していますが、映像を1コマずつ確認する際にも使用できます。

CatDV Server

CatDV はスタンドアローンとしてもネットワーク上でもどちらにも対応するように設計されています。CatDV Server は、ネットワーク上で利用でき、クライアントとサーバーを接続する強力なアーキテクチャと、中央に据えた共有データベースを用いて、複数のユーザーが同時にメディアカタログの検索と更新を行えるようにします。

CatDV Server には、2つの種類があります。

CatDV Workgroup Server

serverLogowork

CatDV Workgroup Server は、エントリーレベルのサーバー製品です。最大8人までの小規模なグループに最適です。

仕様

  • 小規模なワークグループに適したアセットメタデータのセントラルな保管庫で、コンテンツに一貫性や透明性をもたらし、簡単な復元も行えます。
  • メタデータとサムネイルを管理し、中枢の SQL データベースに保存されます。
  • ファイル構成やワークフローを変更する必要はありません。メディアファイルがネットワークに保存されたり、テープからデジタル化されたりしていても、必要になった時には CatDV が素早く簡単に場所を突き止めます。
  • Linux、Windows、Mac OS X を含む一般的なサーバープラットフォームで動作
  • 無制限のアセットを管理可能

CatDV Enterprise Server

serverLogoenter

大規模な組織やプロダクション等に CatDV Enterprise Server があれば、CatDV Professional Edition と Workgroup Server の全ての利便性を得られる上、Enterprise Server の機能であるファイルへのアクセスコントロールオプションを用いると、ユーザーは関連するプロジェクトを確認しながら作業する事も可能です。他のツールとともに用いることでチーム内でのデータ共有をより簡単に行えます。

仕様

  • 承認とロギング
  • ユーザー、グループ、パーミッションに基づいた柔軟なアクセス権の設定
  • 選択リストの値やプレビューの設定など、プロダクションの全員が同じ設定で作業することが可能なサーバーベースの環境設定
  • 共有グループドキュメントとして使える To Do リストやプロダクションブログ
  • 共有クリップリストとスマートフォルダー
  • テーブライブラリーマネジメント
  • サーバー上でクリップをシンプルに閲覧するための拡張ツール
  • MySQL データベースと Oracle データベースに対応
  • Linux、Windows、Mac OS X を含む一般的なサーバープラットフォームで動作

CatDV Worker

CatDV Worker 6 は、ワークフローの自動化に役立つ新機能を豊富に追加しました。柔軟に統合できるだけでなく、パワフルかつ簡単に活用できます。

catdv worker6

簡単なことは簡単に、難しいことも可能に

Worker 6 はコストや時間を浪費することなくメディアワークフローを自動化します。また、Worker の能力を拡張できる開発と統合に関するツールが豊富に揃っています。

技術的な特徴

Worker 6 には、パワーユーザーやインテグレーターが、新しく洗練されたワークフローを幅広く展開できるよう、多くの先進技術が投入されています。

強力なワークフロー

CatDV Worker 6 を使うと、今まで自動化できなかった様々なことも自動化できる可能性があります。以下にその例を示します。

  • CatDV がファイルの移動や削除を行いストレージを更新
  • 別々の CatDV Server 間で、メタデータの複製が可能
  • Telestream Vantage との統合
  • メディアのチェックインとチェックアウト
  • 関連付けされたメタデータフィールド : フィールドとボタンのセットを他の複数の CatDV フィールドにリンク
  • ファイルとパス情報に基づいた、強力なメタデータの抽出と拡張
  • 変更可能な検証ルール
  • 自動化された CatDV のデイリーバックアップ

主な改善点

  • XML2 : CatDV とシーケンスの更新、マーカーとサムネイルの洗練
  • Worker のタスクリストをフィルタリング
  • アクションのインポートとエクスポート
  • 64ビットのメモリー空間に対応
  • OSX Yosemite 対応
  • ffmpeg を使った変換による、Quicktime にサードパーティの変換プログラムを加えたのと同様の機能
  • 時間指定やスケジュール化できるアクション
  • エクスポートのオプションを追加
  • 全てのページに表示されるアクション名
  • CatDV .cdv データベースのインポート
  • ファイルやフォルダのパスに基づいたメタデータの取得と拡張
  • オンラインアセット、オフラインアセットのステータスを定期的にアップデート

他メーカーとの連携

パートナーとのインテグレーション

CatDV は数多くのパートナーのツールや技術と統合できる類まれな能力があります。

NLE (ノンリニア編集) との親和性

CatDV は主要なノンリニア編集環境と高い親和性があります。

CatDV はメタデータを編集ソフトと共有でき、編集ソフトで行われたメタデータの変更を受け取ることができます。このメタデータのやり取りに関する管理はとても価値のあることです。CatDV の中でラフカットのシーケンスが作れ、そしてそれを編集とフィニッシングのチームにフィードバックを送ることができます。

Adobe Premiere Pro

Adobe Premiere Pro

CatDV Advanced Premiere Pro Content panel は最近開発された製品で、CatDV の持つ強力な検索と閲覧の機能を Premiere Pro CC 2014 以降のバージョンに追加します。

Apple Final Cut 7 and X

Apple Final Cut 7 and X

ワークフローの中心に置いた時、CatDV は最高の働きをします。CatDV と Final Cut Pro は連携しクリップやシーケンスの相互の受け渡しが行えます。

Avid Media Composer

Avid Media Composer

Pegasus Desktop Client を使用すると、CatDV は Avid Media Composer と相互にインテグレーションされます。

配信ソフトウェアとの親和性

Telestream

CatDV と Telesteam – Vantage

Telestream はコンシューマーやビジネス用途向けにデジタルビデオツールとワークフローソリューションを、そしてデスクトップからエンタープライズにおよぶビデオの変換ツールを提供します。世界中の多くのメディア産業やエンターテインメント産業は、ユーザー数の増加に伴うインターネット回線の帯域不足に悩まされており、Telestream 製品の効率的な操作によって広範囲の観客へ配信されたメディアから、より多くの収益を生み出します。Telestream 製品はビデオキャプチャー、エンコーディング、変換、キャプション、再生、検査、ライブストリーミング、自動化ワークフローを含む、デジタルメディアを制作する際の一連の工程に関わります。

CatDV Worker and Vantage Integration は、CatDV アセットのトランスコードとプロキシファイルの生成を、効率良く自動的に高速で行うことができます。CatDV デスクトップクライアントや CatDV Web クライアントはトランスコードのためのファイルを CatDV のインターフェイスにあるボタンを選択するだけで簡単に Vantage に送信することが可能です。

TriCaster

TriCaster と CatDV

Square Box は Newtek 製品と新たに統合しました。Newtek TriCaster は生放送や配信の先進的なソリューションです。CatDV For TriCaster は TriCaster の画面内で直接動作し、メタデータの管理を行えます。TriCaster 内で CatDV のデータベースを検索し、TriCaster で配信を行えます。また、プラグインは 3Play でも操作でき、CatDV Web ライセンスを所有している場合、無料で利用することができます。実際のデモの様子を こちらのリンク よりご覧いただけます。

os database

OS とデータベースのプラットフォーム

CatDV の強力なクライアントは Windows でも OSX でも動作します。Mac でも Window パソコンでも同一の CatDV カタログ上で共存、協働できるようサーバーで設定されます。CatDV server は Linux を含む様々な OS で動作し、MySQL、Oracle、Microsoft SQL Server を含む、様々なデータベース管理システムに対応しています。

codec and interchange

コーデックと変換

CatDV をより一層価値あるものにする数々のインテグレーションツールが作られています。CatDV の中で MXF フッテージを再生するために使用する、Calibrated と MXF4mac のコーデックは、CatDV と親和性のある素晴らしい製品です。MXF4mac は現在、Final Cut Pro X に組み込まれています。Final Cut Pro X ユーザー向けのコーデックアップデートを適用することで、QuickTime や Final Cut Pro 7 からもこの機能が利用できます。Avid MME は Avid に Final Cut Pro XML から AAF に変換したデータをエクスポートして読み込ませます。

DB

ストレージとアーカイブ

CatDV は広い範囲で階層化ストレージを操作できます。CatDV は、多くのストレージソリューション (実際はファイルシステムの一部として扱われます) に対応しており、加えて、Facilis や Studio Network Solutions との構築事例があります。アーカイブの側面で CatDV はオンラインでもオフラインでも、メディアとその保存場所を追跡することができます。CatDV は Archiware、 Atempo、1 Beyond、Cache-A、DAX、Facilis、Quantum、SNS、Storage DNA、 XenData と統合して使用できます。

Square Box Systems は常に対応製品を増やしています。

nles

ノンリニア編集

CatDV の主要なノンリニア編集システムとの親和性は他に類を見ません。CatDV は編集ソフトとメタデータを共有でき、それらのメタデータの更新を受け取ることができます。ラウンドトリップでメタデータの管理をすることで、CatDV シーケンスのラフカットデータをエディターやフィニッシングのチームに宛ててフィードバックをすることができます。CatDV は Final Cut 7、Final Cut X、Adobe Premiere と Avid Media Composer (MME が必要) に統合されています。

加えて、CatDV Premiere プラグインを使うと、CatDV のメディア検索と復元の機能を Adobe Premiere のインターフェイス内で行えます。

Akomi platforms

配給

最新の CatDV とディストリビューションソフトウェアとの統合はアセット管理をより進歩させます。Akomi は簡単にコンテンツを誰でも扱えるようにするオンラインのプラットフォームです。FileCatalyst はより早く安全にファイル送信を管理できるように設計されたソフトウェアです。

nexidia logo transparent

ダイアログサーチ

CatDV は、Nexidea Dialogue Search と統合されています。Nexidea ツールによってメディアの分析を行い、ダイアログマーカーを CatDV に送り返す事でその他のメタデータと同様に検索ができるようになります。 こちらのリンク より実際のデモ映像をご覧いただけます。

service icon video

プロダクション

CatDV For TriCaster は、Newtek TriCaster の画面内で直接動作しメタデータの管理を行えます。CatDV のデータベースを検索し、再生するための素材を TriCaster に送ることができます。プラグインは 3Play からも操作でき、CatDV のライセンス数にかかわらず無料でアップデートできます。

ODA logo

Sony Optical Disc Archive と CatDV の統合

Optical Disc Archive による大規模で長期間のアーカイブ

ビデオとデータのアーカイブにとっての革命です。ODA (Optical Disc Archive : オプティカルディスク・アーカイブ) は最大 1.5TB のデータを保存できる新世代のストレージシステムです。

ODA カートリッジは UDF (Universal Disc Format : ユニバーサルディスクフォーマット) システムを用いてランダムファイルアクセスが可能です。超長期間のメディアアーカイブに最適化されており、このカートリッジはおおよそ 50 年の寿命と気温と湿度の変化に耐え得る、防塵防滴の構造になっています。カートリッジには RFID (Radio Frequency IDentification : 電波を介して情報を読み取る非接触型の自動認識技術) が組み込まれており、携帯端末を使用してメディアの中身を確認でき、例えば、カートリッジの貸し出し、在庫調査、棚に保存といった場面で、効率良くアセットマネジメントを行えます。

ソニーは、短期間の保存用から長期間のアーカイブまで広い用途に応じる、様々な種類の ODA ライブラリーソリューションを製造しています。スタンドアローンの ODS-D55U ODA ドライブユニットから、10 スロットを備える ODS-L10 小型ロボット型ライブラリー、最大 535 台のカートリッジ (802.5TB) の構成が可能な ODS-L30M PetaSite ODA 大規模ライブラリーまで、必要に応じて最適なソリューションを選択可能です。

Sony Optical Disc Archive と CatDV

スタンドアローン版の CatDV に Optical Disc Archive を設置する際、アーカイブ機能とリトリーブ機能を追加する CatDV の一般的なアーカイブオプションを使用できます。

サーバーベースの CatDV システムに対し、ソニーは ODS Plugin for CatDV を開発しています。より詳細な情報は、以下のチュートリアルで確認いただけます。

ラインアップ

OS とデータベース

CatDV は数多くの協力会社のツールや技術を統合することができます。

CatDV の強力なクライアントは Windows でも OSX でも動作します。Mac でも Window パソコンでも同一の CatDV カタログ上で共存、協働できるようサーバーで設定されます。CatDV server は Linux を含む様々な OS で動作し、MySQL、Oracle、Microsoft SQL Server を含む、様々なデータベース管理システムに対応しています。

CatDV の構成

catdv Components

スケーラブルなモジュラー構造の CatDV 製品群は、どのユーザーにも相応しい提案ができます。多くのメディアアセットマネジメント製品とは異なり、CatDV は小規模に導入した後、シームレスにユーザーやモジュールを追加することができます。数十、数百のネットワーク化された CatDV ユーザーを抱える会社でも、最初は小さなシステムを導入し、予算と新たに発生したリクエストに応じて拡大されてきました。

CatDV Desktop Clients

CatDV デスクトップクライアント (CatDV Pro、CatDV Workgroups、CatDV Enterprise、CatDV Pegasus) は多彩で、フル機能のメディア管理インターフェイスを備え、メディアの取り込み、再生とロギング、ノンリニア編集システムとの統合とシステム管理や設定が可能です。

スタンドアロン版
スタンドアロン版
CatDV Standard Edition

コンシューマー向けエントリーレベルのカタログ作成とロギング用のソリューション

CatDV Professional Edition

スタンドアロン版の独立系映像制作者向けアプリケーション

ネットワーク版
ネットワーク版
CatDV Workgroup Edition

標準的なネットワークで2人から5人までの小規模な事業所や制作会社などに最適な製品

CatDV Enterprise Edition

拡張されたネットワークで6人以上の大規模な制作会社や放送局などに最適な製品

CatDV Pegasus

Media Composer integration と RED playback を含む、プレミアムクライアント

CatDV Browse Only Client

組織内の誰でも参照できるように拡張する、低価格な読み出し専用の参照用製品

オプション
CatDV MXF Option

RED Epic、DNxHD、P2、XDCAM を含む業務用のメディアフォーマットに対応するための製品

CatDV Desktop Archive Option

一般的なアーカイブソリューションと簡単に統合するためのオプション

Vendor Specific Archive Options

特定メーカーの先進的なアーカイブ技術に対応し、より洗練された統合を可能にする製品

CatDV Web Clients

CatDV Web Clients は CatDV server へのリモートアクセスを可能にします。デスクトップクライアントと同じ見た目のインターフェイスと、共通のセキュリティモデルを使用して、確認と承認のワークフローを支援します。

Web 2 skins
CatDV Web 2

CatDV Web 2 は見易く洗練されたウェブデザインで、直感的にメディアとメタデータを管理できるようにします。全てブラウザで操作できるインターフェイスのため、クラウド上の配置にも適しています。

CatDV Web 2 は シンプルでありながら CatDV ができることをエンタープライズクラスまで拡大します。混在した他の CatDV クライアントとのシームレスな連携や、完全な Web ベースでの展開も実現し、強力なユーザー体験をもたらします。

CatDV Server

CatDV Server はクリップとメタデータのセントラルなリポジトリとして動作します。データベース全体の検索ができ、チーム内での協力を可能にし、セキュリティとプロダクショングループごとのパーミッションを適用できます。

CatDV Workgroup Server

serverLogowork

CatDV Workgroup Server は、エントリーレベルのサーバー製品です。最大8人までの小規模なグループに最適です。

仕様
小規模なワークグループに適したアセットメタデータのセントラルな保管庫で、コンテンツに一貫性や透明性をもたらし、簡単な復元も行えます。
メタデータとサムネイルを管理し、中枢の SQL データベースに保存されます。
ファイル構成やワークフローを変更する必要はありません。メディアファイルがネットワークに保存されたり、テープからデジタル化されたりしていても、必要になった時には CatDV が素早く簡単に場所を突き止めます。
Linux、Windows、Mac OS X を含む一般的なサーバープラットフォームで動作
無制限のアセットを管理可能

CatDV Enterprise Server

serverLogoenter

大規模な組織やプロダクション等に CatDV Enterprise Server があれば、CatDV Professional Edition と Workgroup Server の全ての利便性を得られる上、Enterprise Server の機能であるファイルへのアクセスコントロールオプションを用いると、ユーザーは関連するプロジェクトを確認しながら作業する事も可能です。他のツールとともに用いることでチーム内でのデータ共有をより簡単に行えます。

仕様
承認とロギング
ユーザ、グループ、パーミッションに基づいた柔軟なアクセス権の設定
選択リストの値やプレビューの設定など、プロダクションの全員が同じ設定で作業することが可能なサーバーベースの環境設定
共有グループドキュメントとして使えるTo Do リストやプロダクションブログ
共有クリップリストとスマートフォルダー
テーブライブラリーマネジメント
サーバ上でクリップをシンプルに閲覧するための拡張ツール
MySQL データベースと Oracle データベースに対応
Linux、Windows、Mac OS X を含む一般的なサーバープラットフォームで動作

Worker Node

Worker Node は CatDV の自動化エンジンです。新しいメディアやメディアの変更がないかフォルダを監視し、カタログへの取り込みを行い、xml の取り込みと書き出し、ファイルの再配置、プロキシ作成、変換とファイルの受け渡しが行えます。この機能の一部は「サーバークエリ」 (CatDV データの変更) から開始する事ができるため、複雑なワークフローをデスクトップクライアントと Web クライアントからも実行することが可能です。

CatDV Worker 6

catdv worker6

CatDV Worker 6 は、ワークフローを自動化するための価値ある新機能を追加します。柔軟に統合出来るだけでなく、強力で簡単に活用できます。

CatDV Web Services clients

CatDV Web Services clients は CatDV REST API を使った新しいユーザーインターフェイスを CatDV に追加し、サードパーティのハードウェア、ソフトウェア、サービスとの統合を推進します。

CatDV の新機能

CatDV 11 の改善点

ic new releases white 48dp

CatDV 11 の登場により CatDV は大きく進歩しました。幅広いユーザーコミュニティは勿論、まだ使ったことがないユーザーにもアピールできるよう設計されています。CatDV 11 には以下の新しい特徴が含まれます。

  • 閲覧、取り込み、ロギングなど、フルカスタマイズできるワークスペース
  • クリップを同時に複数開くことが出来る、タブブラウザ型のインターフェイス
  • カタログ内のクリップで詳細パネルがポップアップし、クリップの特徴を確認可能
  • 思い通りに要素を変更可能な色分けされたスマートラベル
  • 整理し再設計された、変更可能なツリーナビゲーター
  • ワークフローツールに素早くアクセスできる新しいアクションパネル
  • 再生エンジンを刷新し AVCHD/MTS に対応、CatDV Pegasus では RED の R3D ファイルを再生可能
  • 複数の改善点 : より多くの静止画フォーマットに対応、ウォーターマークのバーンインプレビュー、より良くなったマーカー検索、オートサジェストフィールド、ラベルプリント、刷新されたストレージスピードテストツール

CatDV Web 2

CatDV Web 2 copy

CatDV Web 2 は見易く洗練されたウェブデザインで、直感的にメディアとメタデータを管理できるようにします。全てブラウザで操作できるインターフェイスのため、クラウド上の配置にも適しています。

CatDV Web 2 は シンプルでありながら CatDV ができることをエンタープライズクラスまで拡大します。混在した他の CatDV クライアントとのシームレスな連携や、完全な Web ベースでの展開も実現し、強力なユーザー体験をもたらします。

CatDV Web クライアントがよりお手頃に

WebClient

Web クライアントのライセンスは、費用対効果に応じて固定式 (ユーザー数) かフローティング (同時接続ユーザー数) かをユーザーが自由に選択できます。

CatDV Web Clients は Enterprise Sever だけでなく、すべての CatDV Server で動作する少人数のチームにとって手頃な CatDV 製品です。

CatDV と Akomi との親和性の拡張

Akomi platforms

Akomi はプライベートなウェブプラットフォームで、シンプルかつ安全な方法によりビデオやオーディオ、その他のメディアを使用して制作/配信されるデジタルコンテンツを直接配布することが可能です。一方、CatDV 11 は制作に特化したデジタルメディアアセットマネジメントシステムで、CatDV Web 2 は企業間でアセットの共有を行います。CatDV と Akomi により、多国籍に事業所を持つような大企業でアセットを会社の外部へ配信することを可能にします。

Xendata Plug in 出荷開始

XenData logo white on blue

Xendata 向け CatDV プラグインが QLSArchive より新しく登場しました。Xendata は業務用デジタルアーカイブソリューションのリーディングデベロッパーです。CatDV と Xendata のアーカイブソリューションのシームレスな通信とステータスのアップデートをサポートします。

機能比較表

CatDV へのインポートとノンリニア編集機向けのエクスポートStandardProfessionalWorkgroupEnterprisePegasusBrowse
QuickTimeがサポートするメディアファイルのインポートとアナライズ (DV、MOV、MPEG4、AVI、Flash、WAV、AIFF、JPEG、TIFF、BMP、GIF、PSDなど)※1 -
Windows Mediaファイルのインポートとアナライズ (WMV、WMA、ASFなど)※2 -
P2, XDCAM, XDCAM EX, XDCAM HD, AVID ファイルのインポートと MXF メタクリップの作成 - -
Camera RAW ファイル (DNG, NEF, CR2, RAW, MOS, SRF, RAF など) のインポートと表示  
Red .R3D ファイルのインポートと解析 - - - - -
ファイルの基本情報を含んだ「不明なファイル」のインポート (Word 書類、表計算、プロジェクトファイルなど) - -
タブ区切りテキスト、シンプルバッチリスト、CMX EDL のインポートとエクスポート
Final Cut Pro XML ファイル (FCP 7, FCP X) のインポートとエクスポート -
Adobe Premiere ファイルのインポートとエクスポート - -
Avid ALE バッチログのインポートとエクスポート -
Avid Media Composer (シーケンス、マスタークリップ、サブクリップを含む) との統合 - - - - -
メタデータの管理とロギングStandardProfessionalWorkgroupEnterprisePegasusBrowse
ファイルに含まれる技術的なメタデータ (ファイルフォーマット、コーデック、フレームサイズ、デュレーション、データレート、ドロップフレームなど) の抽出と表示
ユーザーメタデータ (タイムコード、Exif タグ、ID3 タグ、QuickTime の註釈、Windows Media のプロパティなど) の抽出と表示
ログノート入力、クリップのマーク、サブクリップ作成、クリップの結合、サムネイル作成と削除 -
柔軟なグルーピング、並べ替え、検索、フィルタリングに基いて編集可能な、サムネイル表示と一覧表示
無制限のユーザ定義フィールドの作成 - -
クリップ詳細表示パネルのカスタマイズ -
詳細検索とフィルタ・ダイアログ (正規表現による検索とフィルタの別名保存など) -
映像ファイルまたは音声ファイルを再生中に、ダイアログまたは手動ログクリップからの入力を逐次ロギング - -
クリップ内のイベントをマーク、イベントマーカーへジャンプ、イベントマーカーとサブクリップを変換 -
DV 情報を用いた自動シーン検出 -
映像解析によるシーン検知機能 (感度設定が可能) - -
撮影地の時間または GMT 時間を表示するためにタイムゾーンとカメラクロックを調整し、異なるカメラ間で撮影したデータを同期 - -
メタデータのための自動サジェストフィールド - -
ビデオの再生と変換StandardProfessionalWorkgroupEnterprisePegasusBrowse
ウィンドウもしくはフルスクリーンでメディアを再生
JKL キーを使用した再生のジョグシャトルコントロール -
MXF プラグインで構築 - - - - -
R3D ファイルの作成 - - - - -
QuickTime 対応フォーマットで単純な編集をするためのシーケンスの作成、編集、再生、エクスポート -
プレビュー動画 (オリジナルメディアがオフラインになった時に、テープとタイムコードに基づいて自動的に置き換えられる低解像度のプロキシ) の生成と管理
プレビュー動画用のコーデックと品質設定のカスタマイズ - -
HTTP ストリーミングプロキシに対応し、ファイルシステム経由でマウントするプロキシの代わりに使用可能 (HTTP メディアサーバーが別途必要) -
QuickTime 対応コーデックもしくはエクスポーターを使用した、動画 (QT MOV、MPEG-4、H264、DV ストリーム、iPod ムービー、AVI を含む) のバッチエクスポート
任意のテキストやサブタイトルを加えた動画のエクスポート -
サーバー動作StandardProfessionalWorkgroupEnterprisePegasusBrowse
スタンドアローンファイル (メディアファイルがオフラインになっても、すべてのメタデータとログの註釈を参照できる一時保存されたコピー) としてローカルにカタログを保存
セントラル SQL データベースにカタログを保存し、詳細なクエリの使用、複数ユーザーによる同時アクセスと同時更新を実現 - - -
同時に複数のカタログに対して複雑なクエリを送信し、一致したクリップの検索結果を表示 - -
MySQL リレーショナルデータベースに対応 - -
Oracle リレーショナルデータベースと MS SQL リレーショナルデータベースに対応 - - -
サーバーコントロールパネルを使用して、データベースと CatDV サーバーの設定と状態を表示 - -
CatDV クリップデータ (ユーザ、グループ、パーミッションの設定が可能) の操作とログアクセス - - -
設定を中央のサーバーに保存し、制作している作品に応じて設定を切り替え - - -
プロダクションブログとグループドキュメント - - -
詳細な設定を行えるドロップボックスの様なウォッチフォルダーを使用して、ファイルを自動でインポート、変換、公開 - -
Adobe Premiere パネル向けのログをサポート - -  
インターネットブラウザー経由で Web 2 にアクセス - -  
社内の Active Directory 承認を用いて、サーバーのロギングに対応 (CatDV Enterprise Server 6.7 with LDAP サポートが必要) - - -
ユーザーインターフェイスと一般的な機能StandardProfessionalWorkgroupEnterprisePegasusBrowse
メディアファイル管理 (削除、移動、コピー)、ドラッグアンドドロップによるインポートとエクスポート
タイムコードの計算
ディスクスペースツール -
カスタマイズ可能な CatDV ワークスペース - ユーザーインターフェイスのすべてのパーツでオン・オフの切り替えが可能。 - -
カタログや選択したクリップの印刷、HTML サムネイルインデックスのエクスポート、システムのクリップボードにエクスポート、静止画のエクスポート
カスタマイズ可能なラベルの印刷 - -
サードパーティ製アーカイブとの統合をサポート (Worker Node とサードパーティプラグインの購入が必要) - -
基本的なアーカイブプラグインで構築 - - - - -
カスタムアクション (処理状態の実行状態のスクリプト、コマンドの実行、カスタムエクスポートの実行など) の定義 - - - - -

* : オプション機能。追加コンポーネントが必要です。

† : 書き出しと表示のみサポート。インジェストとサーバへのデータ発行はできません。

※1 : QuickTime のバージョンによって、Flash と AVI はすべてのフォーマットがサポートされているわけではありません。

※2 : Mac OS X の場合、メディアのサムネイル作成と再生には Flip4Mac が必要です。