04 Epiphan 2

製品についてのご相談やご質問

お問い合わせ

Epiphan Video

Epiphan Video (エピファン・ビデオ) 社は、直感的で革新的、かつ信頼性の高いハードウェアとクラウドサービスにより、世界中のクリエイターや企業が放送品質のコンテンツを制作できるよう支援しています。同社のソリューションは、教育、ライブイベント制作、企業、政府関係、司法の現場など、様々な分野で活用されています。 同社が開発、製造、販売を行う Epiphan Pearl Nano、Pearl Mini、Pearl-2 ビデオ制作システムは、信頼性が高く汎用性があり、使いやすく、EpiphanCloud を利用し、完全にリモート制御可能で、組織や個人に障壁なく配信するためのツールを提供します。

Epiphan Video ソリューション

学校・教育現場

学校や教育現場では、講義の映像化が進んでいます。

プロ仕様の映像・音声入力を用いて高品質の講義を収録し、何も操作することなくオンデマンドの視聴向けの動画を自動的にアップロードする仕組みも実現できます。

またリモート講義では、カメラの映像とPCの映像を効果的にレイアウトすることにより、更なる理解力が得られます。

講義だけでなく、卒業式、演劇、その他キャンパスイベントを配信することにより、参加できなかった生徒へも視聴してもらえます。

epiphan for school

ライブイベント

映像制作の世界では、ライブイベントの制作ほどプレッシャーの高い場所はありません。

やり直しの効かない現場なので、ハードウェアの失敗は許されません。だからこそ、最大限の信頼性を実現する Epiphan Video 製品を使うべきです。

音楽イベントはもちろん、eSports、企業イベント、コンファレンスなど様々なライブイベントに対応できます。

epiphan for live event

企業

支社が多くある企業は研修や教育に差ができてしまい、不平等が生じてしまいます。

それを解決するのが、オンライン研修です。Epiphan Video が提供するプロ仕様の映像・音声ストリーミングを全国の社員に届けられます。

また、母国語以外の言語を利用する人々に対しても、LIVE SCRYPT を利用するとリアルタイムで翻訳できます。

社外に対してウェビナーの発信も行えます。一度に複数のストリーミングサービスを利用できるので、より多くの人々、より多くの層にコンテンツを届けられます。

epiphan for company

行政

記者会見や国会などを、ストリーミング・収録するとともに Live Scrypt を用いて議事録を取れます。

複数のプロフェッショナル向けの映像や音声入力を使用して、あらゆる角度からの撮影・配信も行えます。 また、自動クローズドキャプションにも対応可能で、Live Scryptを用いて自動ライブ翻訳でライブストリーミングの画面に埋め込めます。

低遅延・高品質な映像配信が可能な SRT 技術を利用し、リアルタイム性を求められる現場に対応します。

epiphan for government

教会・寺社仏閣

教会や寺社仏閣は特にリモート需要が増加した業界だと言えます。

移動自粛を訴える声が多く見られる現代、結婚式や、葬儀等どうしても行きたくても行けない場面も少なくありません。そうした際に役に立つのが PEARL システムです。

コンパクトで、直感的な操作でオンラインストリーミングを行え、遠く離れた友人や家族と大切な時間を共有し合えます。

また礼拝所では、礼拝スペースが定員に達した際、ライブビューイング用の別室にローカルストリーミングするのにも利用されています。

epiphan for religious

ライブストリーミングに必要な機能が全てこの一台に

ライブストリーミングに必要な機能が全てこの一台に
streaming services

様々なプラットフォームからセキュアな配信を

SRT、HLS、MPEG-DASH、カスタムRTMP / RTMPS、および RTSP を使用して、YouTube、Facebook、およびその他のライブストリーミングサービスに同時に配信します。

同時に、組み込み型のストリーミングサーバーを利用して、ウェブブラウザ、スマート TV などにローカルでもストリーミングできます。

Kaltura、Panopto などのプラットフォームとの緊密な統合により、複雑なストリーム URL を設定する必要がありません。イベントをスケジュールするか、本体の操作ボタンあるいはタッチスクリーンからストリーミングを開始するだけです。

srt ready

高品質・低遅延の映像伝送をSRTで実現

Secure Reliable Transport (SRT) プロトコルは、最新のライブストリーミングテクノロジーを使用して、配信を次のレベルに引き上げます。

SRT を介してリモートゲストを呼んだり、Pearl を利用したプロダクションにプロ品質のリモートビデオソースを追加できます。

SRT プロトコルは、ネットワーク帯域幅の変動やその他の変動要因も考慮されており、不安定なネットワーク環境下でも高品質なビデオ配信を実現します。

Custom Layout designer

プロ並みの画面レイアウトを簡単に作成

Pearl シリーズの非常に使いやすいレイアウトエディタを使用すると、ビデオソースを組み合わせたり、トリミングしたり、拡大縮小したりして、動的にプロフェッショナルな品質のレイアウトを作成できます。

ピクチャーインピクチャー、サイドバイサイド、3/4 など画面レイアウトを選択できるほか、クロマキー機能を利用し、背景に画像や動画を挿入したり、透過画像、ダイナミックテキスト等様々な要素を差し込み可能で、自由な画面レイアウトを簡単に作成できます。

Epiphan Live

直感的なスイッチング

Pearl-2 および Pearl Mini は内蔵タッチスクリーンにより、ライブ制作中にビデオソースとレイアウトを簡単に切り替えられます。

また Pearl Nano 含む Pearl シリーズ製品は、ブラウザベースの Epiphan Live インターフェイスを使用して、デスクトップ、ラップトップ、またはモバイルデバイスを使用して離れた場所からでもビデオソースの切り替えが可能です。

Pearl シリーズ 製品情報

Pearl 2 front

Pearl-2

Pearl シリーズの中でも 4K 映像の入出力が可能なフラッグシップモデル。高い安定性から失敗の許されない配信等に最適。

主な特徴

  • 4K ビデオスイッチャー機能搭載のレコーダー & ストリーミングデバイス
  • 6 系統の映像入力 + ネットワーク入力
  • スプリッターとスケーラー内蔵
  • 4 インチタッチスクリーンによる信頼性の高いモニタリングとコントロール
  • 4 系統の XLR 音声入力
  • 500GB 内蔵 SSD
  • NDI 対応
  • クロマキー機能

動画を視聴 製品詳細ページ

Pearl Mini

Pearl Mini

Pearl-2 と同様のオールインワン・ビデオ制作機能を持ち、7 インチのタッチスクリーンで高い操作性を実現。セミナーやオンライン学習などに最適。

主な特徴

  • フル HDビデオスイッチャー機能搭載のレコーダー & ストリーミングデバイス
  • 3 系統の映像入力 + ネットワーク入力
  • スプリッターとスケーラー内蔵
  • 7 インチタッチスクリーンによる信頼性の高いモニタリングとコントロール
  • XLR/TRS 音声入力 2 系統 (ファンタム電源付き)
  • 記録用 SD カードスロット

動画を視聴 製品詳細ページ

Pearl Nano

Pearl Nano

既存の映像制作環境に配信機能を追加するために最適。小規模なライブ配信や SRT エンコーダー/デコーダーとして利用できます。

主な特徴

  • フル HD ビデオレコーダー & ストリーミングデバイス
  • 2 系統の映像入力+ネットワーク入力
  • スプリッターとスケーラー内蔵
  • 2.2 インチモニターによる信頼性の高いモニタリング、操作用ボタン装備
  • 2 系統の XLR 音声入力
  • SD カードスロットまたは M.2 SATA SSD 拡張ベイによるストレージ増設が可能
  • HDMI パススルーによる遅延のないコンテンツ表示
  • PoE+ および DC 電源

動画を視聴 製品詳細ページ

リアルタイムでの文字起こし / 翻訳がこの一台で

リアルタイムでの文字起こし / 翻訳がこの一台で
高度な AI 音声認識テクノロジーを採用

高度な AI 音声認識テクノロジーを採用

話者のペースに合わせて文字起こしをしなければならないプレッシャーが、ヒューマンエラーを増加させます。特に疲労感がある場合は顕著にあらわれます。

LiveScrypt は決してブレたり勢いを失ったりせずに、最初から最後まで高い精度の文字起こしを保証します。また、本体にプロ仕様のオーディオ入力端子が搭載されているため、クリアな音声を簡単に接続でき、正確な AI トランスクリプション (自動文字起こし) を実現します。

安価で人間以上に安定した作業を実現

安価で人間以上に安定した作業を実現

ライブイベントに十分なスキルを持った転写士 (音声を文字データとして入力する人) に依頼するにはそれなりの費用が必要で、多くの場合、イベントが昼食のために一時停止した場合でも料金が発生し続けます。

LiveScrypt は、初期ハードウェアコストが低く、1 時間あたりの音声文字変換料金が 9.95 ドルであるため、ライブ字幕が必要な組織にとって賢明な投資です。

簡単なセットアップ

簡単なセットアップ

LiveScrypt を操作するのに技術専門家は必要ありません。音声ソースとインターネット回線と電源を LiveScrypt デバイスに接続し、内蔵タッチスクリーンの START を押すだけで、ハンズオフのライブ文字起こしが可能になります。

また、複数の言語、文字起こしを読みやすくするための明暗設定、自動句読点、差別的表現のフィルターなど、独自の要件に合わせていくつかのカスタマイズオプションも提供します。

LIVE SCRYPT 製品情報

LiveScrypt

LiveScrypt

高度な音声認識テクノロジーを搭載した自動文字起こしデバイス。リアルタイムで音声からテキストへの変換を利用できます。

主な特徴

  • HDMI出力による画面への文字出力
  • XLR、または、3.5mmおよびRCAアナログオーディオ入力

動画を視聴 製品詳細ページ

Epiphan Cloud

Epiphan Cloud

あなたがいつもその場所に行けるとは限りません。

Pearl シリーズを利用した映像制作がどこで行われていようとも、Epiphan Cloud™ を使えば、フルリモートの配信と記録、監視、更にはスイッチングを制御できます。

これは、チームが離れた場所から放送品質のビデオを作成するための最も簡単な方法です。

資料ダウンロード

製品に関するカタログやテクニカルノートなど、幅広く資料をご用意しております。

まずは資料をダウンロードしてみましょう。

アスク・エムイー取り扱いブランド

株式会社 アスク メディア&エンタープライズ事業部 (ASK M&E) が提案する、放送・業務用からプロシューマーまでの映像制作にフォーカスした製品を紹介します。

Copyright © 2022 ASK Corporation. All rights reserved.