QTAKE HD (IN2CORE社)、IBC 2014にて新製品を発表

qtakehd_logo2
IN2CORE社は、Mac OS Xで動作する同社の最先端ビデオアシストソフトウェア QTAKE HDに最適なビデオ出力デバイス「QOD」と、QTAKE HDで収録されたクリップをiPadやiPhoneを介して即座の閲覧や再生に加え、各種メタデータやカスタムのメタデータ調整を可能にする「QTAKE Server」を発表しました。

収録から編集までのワークフローをより効率的に、より豊かに、より先進的にするQTAKE HDに今後もご期待ください。

QTAKE_IBC2014_1

QOD (QTAKE Output Device) - QTAKE HDユーザーに贈る究極の出力デバイス

わずか1フレームの低レイテンシで、4つの独立したSDI出力を可能にします。純粋な24/25 fpsの再生においてスムースかつジッタのない映像を提供しマルチチャンネルオーディオとタイムコードがエンベデッドされます。
QODの詳細:http://qtakehd.com/hardware/

QTAKE_IBC2014_2

QTAKE Server - メタデータコラボレーションシステム

QTAKE Serverは、は即時のショットレビューとコラボレーション可能なメタデータ編集を可能にします。QTAKE HDでクリップを収録すると、すべてのメタデータを含んだ形でQTAKE Serverに送信されます。クライアントは、iPadやiPhoneを介して独立したクリップの閲覧や再生が行えることに加え、事前に定義された各種メタデータやカスタムのメタデータを入力することができます。その上で、QTAKE Serverは、すべてのプロジェクトを同期します。オンセットで複数のQTAKE HDを使用する際に、QTAKE Serverは承認された全てのユーザーが使える1つのインテリジェントなエコシステムとして、それらのすべてを同期することができます。これによりプロジェクトのコラボレーションが、かつてないほど容易になりました。

テイクが撮影されたわずか数秒後に独立した再生とメタデータ編集を可能にし、オンセットでのローカル使用、あるいはクラウド上で実行し世界中からセキュアなアクセスを提供することもできます。


【QTAKE HDとは?】
QTAKE HDは、Mac OS Xで動作する最先端のビデオアシストソフトウェアです。QTAKE HDは、新しい概念のファイルベース収録ワークフローを提供します。QTAKE HDは、撮影時にカメラ収録と同時にインジェストを行い、様々な撮影記録を効率的に整理します。撮影終了時にはデジタイズも完全に終了、即座にノンリニア編集へ移行することが可能です。同時に一連の作業をそれぞれ最大限に効率化し、さらに作品のクオリティアップを積極的にアシストします。

例えば、撮影したクリップを即座にプレイバック、リアルタイムでのスピード調節再生、カットのつなぎ目を確認するための編集機能、メタデータの詳細記録、直感的に欲しいクリップを探せるブラウザ、ライブMix合成(ブレンド、キー合成、ワイプ)、カラーコレクション、クリップごとへのLUTの適用、といった様々な機能で、撮影の段階から仕上がりに近いモニタリングを可能とし、完成に近い状態を確認しながらの撮影が可能です。

ウェブサイト:http://qtakehd.com/
ウェブサイト[日本語]:www.ask-dcc.jp/in2core/qtakehd.html

本リリースに関するお問い合わせ先

正規代理店 : 株式会社 アスク
担当部署 : メディア&エンタープライズ事業部
製品担当 : 番留 丈史
メールアドレス : このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
電話 : 03-5215-5676 / FAX : 03-6672-6858
所在地 : 東京都千代田区九段南4-8-21 山脇ビル11F

 

株式会社 アスク メディア&エンタープライズ事業部 (ASK M&E) が提案する、放送・業務用からプロシューマーまでの映像制作にフォーカスした製品を紹介します。

Copyright © 2017 ASK Corporation. All rights reserved.