Tier 2

tier2

GB Labs ニアラインストレージの特長

  • 可能な限りの最高速度で他のあらゆる Space ユニットとのデータ転送が行えるよう最適化
  • ネットワーク上の他の NAS アレイとのデータ交換も可能
  • すぐに利用できるメディアアーカイブ
  • 大規模セカンド Tier データストレージとして最適
  • プライマリグラフィックスおよびオーディオ用サーバーとして利用可能
  • 安全なネットワークバックアップ用アプライアンス

Echo

Tier 2 ニアライン

アーカイブの増大に応じて Echo を拡大。高い費用対効果でダイナミカルに大規模へ。

メディア向けに設計された大容量ストレージ

GB Labs の Echo ニアラインシステムが持つスケールとパフォーマンスにより、高解像度ビデオファイルやメディアプロジェクトの閲覧、取り出しが行えるので、それらの再編集や再利用および配信を可能にします。

ニアラインへの高速なデータ転送速度により、Tier 1 プラットフォームの管理に役立ちます。完成したプロジェクトをより安価なアーカイブストレージに素早く読み込むことで、オンラインストレージをリストアする準備が簡単に整います。

GB Labs 高性能ニアライン

ネットワークパフォーマンスが不足しがちなオブジェクトベースのテクノロジーとは異なり、GB Labs の Echo ニアラインシステムは高速稼働し、タイトな締め切りに向かって作業している放送局やポスト施設にとって不可欠な存在となっています。

Echo は HD ビデオのマルチストリームに対応できます。万一、セントラルストレージがダウンした場合でも、代替のオンラインプラットフォームとして機能させることができます。

拡張可能な Tier 2

ファイルベースワークフローの発達や UltraHD の出現、そして、現在進められているフィルムやアナログアーカイブのデジタル化など、これらすべてを保存するために膨大なストレージが必要であると予想されています。

今まさに、数ペタバイト規模の堅牢で拡張可能な Tier 2 アレイの需要が差し迫っていると言えます。

Tier 2 Rack

アーカイブの増大に応じて Echo を拡大。高い費用対効果でダイナミカルに大規模へ。

GB Labs のシステムを使用することで、利用する容量を増やす際にネットワーク上にストレージサーバーを追加する必要がなくなります。必要に応じて、簡単かつ安価に専用の EX 拡張モジュールをラックに追加するだけでパフォーマンスを損なうことなく大容量を得ることができます。

  • Echo 36 256TBは、6.1ペタバイトまで拡張が可能
  • Echo 128TBは、2.3ペタバイトまで拡張が可能

Echo 36

256
6,144

Echo

128
2,304

データの安全性

RAID 6 での保護、そして卓越した高効率オペレーティングシステムが、Echo の優れた安定性を実現します。

この安定性こそが、24 時間 365 日のサポートに依存する数多くの主要メディア機関が GB Labs のストレージを採用している理由です。

大規模なエネルギー効率

Echo は、大容量ストレージエンクロージャーとして卓越したエネルギー効率を誇っています。

低消費型のドライブとプロセッサを使用することで、消費電力と環境への影響の双方を大幅に軽減しています。

パフォーマンスが最優先される Tier 1 アレイと比べ、導入の初期投資からずっと先までコストを抑えることができます。

API 統合

API を利用できることで、主要なサードパーティー製のソフトウェアを Echo に統合できます。

これらソフトウェアとしては現在、Marquis Project Parking や Workspace Parking、CatDV のメディアアセットマネジメント (MAM) ソリューション、ToolsOnAir の放送用パッケージソフトなどが挙げられます。

これらのパートナーシップにより、効率的な階層的ストレージ管理 (HSM)、インテリジェントなメディア管理、マルチ Tier ファイル管理、そして専門的なプロジェクトの計画が促進されています。

Space ストレージプラットフォームとして認証されたサードパーティーメーカーは常に増え続けています。

Partner

データワークフロー

ネットワークデバイスとして接続されているあらゆるクライアントは OS を選ばず、適切なユーザー権限を持ってさえいればファイルへのアクセスが可能となります。

クリップ、画像、アニメーション、あるいはプロジェクト全体に至るまで、Tier 1 アレイとオフラインテープライブラリ間での転送を安全に行うことができます。

Space には洗練されたツールセットが備わっており、これらを用いてあらゆるデータのやりとりの自動化や追跡、モニタリングが行えます。また、数多くの主要な MAM アプリケーションとの連動も保証されています。

データワークフロー

Echoに組み込まれているプロフェッショナルなメディア管理ツール

  • データ転送時のMD5検証
  • 自動データインポートおよびエクスポート
  • 包括的な通知マネージャー
  • 洗練されたファイルマネージャー
  • 高性能メディア複製ツール

高速で確実な転送

Space を用いることで、制御用のワークステーションや中間メディア処理の必要がなくなります。

ユーザーは Echo の処理能力を生かして、データ転送に要する時間を大幅に削減できます。その際にも、MD5 チェックサムおよび検証による安心感が得られます。

障害からの復旧

プライマリシステムに障害が発生すると、Echo が障害復旧ソリューションとしての役割を果たします。

Tier 1 アレイおよびワークステーション全体の内容を GB Labs のニアラインプラットフォームにバックアップすることができます。

内蔵のデータ管理ツールにより、ファイルやプロジェクトの復旧を迅速に行い、ストレージネットワーク全体をすばやく確実にリストアすることができます。

遠隔地からの利用

Echo は、遠隔にあるミラーユニットと自動的に同期させることができます。

管理者は離れたオフィスにいながら、まったく同じメディアリソースのあらゆるデータセキュリティ管理を行えます。

Core OS には専用設計されたツールが組み込まれています。

Echo は、これらのツールによってクラウドへバックアップすることができ、究極のバックアップ戦略を実現します。

製品に関するお問い合わせ先

上記製品にご興味をお持ち頂けましたら、製品担当までお気軽にお問い合わせください。お客様のご要望に合わせたソリューションを提案させて頂きます。

お問い合わせフォーム

株式会社 アスク メディア&エンタープライズ事業部 (ASK M&E) が提案する、放送・業務用からプロシューマーまでの映像制作にフォーカスした製品を紹介します。

Copyright © 2017 ASK Corporation. All rights reserved.