Timecode Systems社、Timecode Buddy "mini" シリーズを完結させる新製品「mini rx」を発表

TCB_mini-rx

英国報道発表資料抄訳 - 2014年4月9日


Timecode Systems社は、NAB2014において新しくTimecode Buddyラインアップに加わる超小型レシーバー「mini rx」を発表します。 mini rxは、市場で最も用途の広い無線タイムコード同期システムとして人気のある "mini" シリーズを完成させるものです。

寸法 29mm x 44mm x 70mm、重さ122gしかない mini rxは、カメラに装着する際に扱いやすい完璧なプロポーションを持っています。しかし、その小さなパッケージにはTimecode Buddyに期待される妥協のないタイムコード同期精度も兼ね備えています。mini rxには非常に正確な内部TCXO(温度補償型水晶発振器)に基づくタイムコードとゲンロックジェネレータが搭載されており、 完全にRFが失われても、すぐに同期元のBuddyユニットと同期がずれることはありません。

ペアリング:mini trx(マルチチャンネル·トランシーバ)とのペアリングは、テレビ収録において、完全なケーブルフリーの正確なタイムコード同期を行うことが出来ます。そしてもちろん、SMPTEタイムコードをワイヤレスでストリーミングし、iPhoneやiPadに直接ディスプレイすることができるTimecode Buddyの特色を示す製品 wifi master と組み合わせるオプションもあります。

Timecode Systems社は、製品寸法を小さくしても品質が犠牲にならないことを確実にするために、最新の技術(高スペックな温度制御水晶発振器、ライセンスフリーの国際RFチャンネル、高密度な複数のボード、USB2.0 OTGテクノロジーとリチウムポリマーバッテリーを含む)を使用しています。

Timecode Systems社のマネージングディレクター Paul Scurrell氏は次のように述べています。「製品サイズは時に重要であり、私たちはそれを求めました。しかし、私たちが優先すべきことは、無類のタイムコード精度によりもたらされた製品評価を保持することにあります。私たちのチャレンジは、wifi masterを使用するシステムと同様に、世界クラスの正確なタイムコードをはるかに小さい筐体で生成することができる「mini」シリーズを作成することでした。mini trxにより、そのコンセプトは証明され、新しくジェネレータバッファリングされた受信機 mini rxにより、当社の「mini」シリーズは完成されます。」

本製品の小ささだけでなく、その魅力的な価格も注目に値します。「当社のお客様とプロダクションチームは、低コストで音声とカメラを同期させるための方法を求めていましたが、mini rxにより、これを提供できる様になりました。」 

mini rx 製品ページ(英語):www.timecodebuddy.com/products/mini-rx/

【Timecode Systems社について】
Timecode Buddyは、正確なタイムコードとメタデータを生成し、これをRF、およびWiFi ワイヤレス接続により高い信頼性をもって同期、共有することが出来るユーザーフレンドリーな方法をシステムに提供します。2012年4月の発売以来、当製品はイギリスを含めたヨーロッパ各国、アメリカ、中東、アフリカなどでリアリティ番組やドキュメンタリー番組、映画製作などでおなじみのアイテムとなっています。

ウェブサイト:www.timecodebuddy.com

■本リリースに関する問合せ先
株式会社 アスク
代表者名 代表取締役 武藤 和彦
製品担当 三沢 宙
メールアドレス  このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
電話:03-5215-5676
FAX:03-6672-6858
住所:東京都千代田区九段南4-8-21 山脇ビル11F

Timecode Systems社、新世代のクラッパースレート「TS-TCB」をDenecke社と共同開発

TCB_primary

英国報道発表資料抄訳 - 2014年4月9日

 

クラッパーボード(カチンコ)の変わらない魅力と、利便性や機能性を兼ね備えた
Denecke社の新しい「TS-TCB」スレートは、あらゆる制作チームの嗜好を満足させながら、
工夫された新しい機能を提供します。


Denecke社とTimecode Systems社(Timecode Buddy :Systemの開発メーカー)により共同開発された小型で高機能、そして優秀なハードウェア クラッパースレートがNAB2014において出展、発表されました。

多くの制作チームは、iPadによるデジタルスレートを高く評価していますが、テイクの始まりをマークするために本物のスレートによるクラップが求められる現場はまだまだあります。Timecode Systems社はこのことを認識し、定評のあるスレートメーカーDenecke社のTS3 スレートと、Timecode Buddy wifi masterの機能的な統合を図る機会を得ました。

Denecke TS-TCBの内部にはカスタマイズされたディスプレイボードと、Timecode Systems社のコントローラーボードがあります 。このクラッパーボードには、 高精度な内蔵タイムコードジェネレーター、RFトランシーバー、無線LANチップ、そしてカスタマイズされた表示パネルを装備します。設定も簡単で、一度同期すれば例えRF信号が一時的に失われても一日中完璧に調和したままの状態でタイムコード、クラップタイム、そしてメタデータを出力します。

Denecke TS-TCBは、Timecode Buddyとの自動的な互換性をもつだけでなく、MovieSlate アプリケーションとも完全な統合が図られています。また、新しいTeradek Cube PROや、サポートされる他のサードパーティーアプリケーション(例:MovieSlate, Adobe Prelude LiveLogger, Softron Movie Recorder/Multicam Logger, IN2CORE QTAKE HD)と一緒に動作することが可能です。

Timecode Systems社のマネージングディレクター Paul Scurrell氏は次のように述べています。
「Denecke社と連携し、ネットワーク機能により、コンテンツのロギングを行うデジタルアプリケーションとシームレスに統合できる、物理的なスレートを作成しました。私たちはTimecode Buddyによって本物のスレートの利点をユーザーに与え、2つの通信機能により市場で最も強力なインテリスレートを完成させました。」

「このコラボレーションは、制作ワークフローを単純化・強化しようとするTimecode Systems社の探求における飛躍的な前進を表しています 。Generate(発生)、sync(同期)、share(共有)。これはTimecode Buddyを要約する三つの言葉です。世界トップクラスの正確なタイムコードを生成し、マルチチャンネルRF デジタルタイムコード リンクによる音声と映像の同期を提供します。そして、無線LANによりiOS, OS X デバイスとの間でデータを共有します。これらの機能は、Denecke社の顧客にも利用してもらえるようになりました。」

Denecke社の社長、Charles Parra氏は次の様に述べています。
「私たちの堅実で信頼性の高いスレートをTimecode Buddyの無線テクノロジーのための最適な基盤として提供しました。必要な時にエレガントなアプリケーションのユーザーインターフェイスから簡単に設定、反映させられるスレートを私たちの顧客に提供できることは、とても素晴らしいことです 。これは、プロダクションノートとスレートのメタデータを自動同期させる際に最適です。」 

Denecke TS-TCBは、NAB 2014 Timecode Systemsブース (#C1439)でご覧になれます。


【Timecode Systems社について】
Timecode Buddyは、正確なタイムコードとメタデータを生成し、これをRF、およびWiFi ワイヤレス接続により高い信頼性をもって同期、共有することが出来るユーザーフレンドリーな方法をシステムに提供します。2012年4月の発売以来、当製品はイギリスを含めたヨーロッパ各国、アメリカ、中東、アフリカなどでリアリティ番組やドキュメンタリー番組、映画製作などでおなじみのアイテムとなっています。

ウェブサイト:www.timecodebuddy.com

■本リリースに関する問合せ先
株式会社 アスク
代表者名 代表取締役 武藤 和彦
製品担当 三沢 宙
メールアドレス  このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
電話:03-5215-5676
FAX:03-6672-6858
住所:東京都千代田区九段南4-8-21 山脇ビル11F

Timecode Systems社、株式会社アスクをディストリビューション・パートナーとして正式発表

timecode-systems

〜Timecode Buddy 日本上陸〜


Timecode Systems 社は、常に向上心を持っており、「グローバルなタイムコードレボリューション」を会社の目標として掲げています。そしてこの秋、人気の高まるTimecode Bubbyを日本のユーザーにも広める新たな一歩を踏み出しました。

Timecode Buddyは、新たなディストリビューション・パートナーである株式会社アスクを通じて、まもなく購入可能となります。Timecode Systems 社は2013年11月13日〜15日まで幕張メッセで開催されるInterBEEにて株式会社アスクとの契約を正式に発表しました。画期的な機能を持つTimecodeBuddyは、Inter BEE会場内のアスクブース(ホール8 / ブース8409)にてご覧になれます。

スタジオで1台のカメラを使用する場合でも、屋外でGo Proを複数使用する場合でも、Timecode Buddyはタイムコードの作成・シンクロ・共有を簡単且つ正確に行うことができます。その上、メタデータをRFやWi-Fiといったワイヤレス環境にて扱うことができます。2012年4月の発売以来、当製品は イギリスを含めたヨーロッパ各国、アメリカ、中東、アフリカ などでリアリティ番組やドキュメンタリー番組、映画製作などでおなじみのアイテムとなっています。

Timecode Systemsのマネージングディレクター Paul Scurrell 氏は次のように述べています。
「日本はエレクトロニクス技術とタイムコード技術のパイオニアとして有名であり、私達は兼ねてから放送技術と革新のため、大規模且つ影響力のある日本市場で当社の製品を販売することを願っていました。私達のディストリビューション・パートナーとなった株式会社アスクの協力により日本での発売が実現したことは、記念すべきことであると共に、誇りや期待感も沢山持っています。」

また、Paul Scurrell 氏は次のようにも述べています。
「例えば、PureBlendやAdobeと親密に協力し、制作チームのメタデータをロギングして取り扱う方法をより改善できるよう、Timecode BuddyにWi-fi機能を搭載し コンテンツをロギングするアプリと、自分のコンテンツを組み合わせる方法を見つけました。Timecode Buddyの機能をMovieSlateやPrelude Live Logger アプリに追加し、iPad上で高精度なタイムコードを作成でき、誰でも簡単に撮影しながらリアルタイム且つ簡単に映像コンテンツを追跡することが可能になりました。」

Timecode Systems の開発チームは、現在、過密なスケジュールの中で新たなプロジェクトも行っています。彼らが約束するタイムコードレボリューションは今もなお進行中で、最初のセールス目標には既に到達しており、数々のトロフィーがオフィスに飾られています。しかし、これはまだ始まったばかりに過ぎません。

Timecode Buddyをご覧になる場合は、Inter BEE2013 会場内のアスクブース(ホール8 / ブース8409)にお越しいただくか、www.ask-dcc.jp に直接お問い合わせください。

Timecode Systems:http://www.timecodebuddy.com/


■本リリースに関する問合せ先
株式会社 アスク
代表者名 代表取締役 武藤 和彦
製品担当 三沢 宙
メールアドレス  このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
電話:03-5215-5676
FAX:03-6672-6858
住所:東京都千代田区九段南4-8-21 山脇ビル11F

株式会社 アスク メディア&エンタープライズ事業部 (ASK M&E) が提案する、放送・業務用からプロシューマーまでの映像制作にフォーカスした製品を紹介します。

Copyright © 2019 ASK Corporation. All rights reserved.