Timecode Systems社、株式会社アスクをディストリビューション・パートナーとして正式発表

timecode-systems

〜Timecode Buddy 日本上陸〜


Timecode Systems 社は、常に向上心を持っており、「グローバルなタイムコードレボリューション」を会社の目標として掲げています。そしてこの秋、人気の高まるTimecode Bubbyを日本のユーザーにも広める新たな一歩を踏み出しました。

Timecode Buddyは、新たなディストリビューション・パートナーである株式会社アスクを通じて、まもなく購入可能となります。Timecode Systems 社は2013年11月13日〜15日まで幕張メッセで開催されるInterBEEにて株式会社アスクとの契約を正式に発表しました。画期的な機能を持つTimecodeBuddyは、Inter BEE会場内のアスクブース(ホール8 / ブース8409)にてご覧になれます。

スタジオで1台のカメラを使用する場合でも、屋外でGo Proを複数使用する場合でも、Timecode Buddyはタイムコードの作成・シンクロ・共有を簡単且つ正確に行うことができます。その上、メタデータをRFやWi-Fiといったワイヤレス環境にて扱うことができます。2012年4月の発売以来、当製品は イギリスを含めたヨーロッパ各国、アメリカ、中東、アフリカ などでリアリティ番組やドキュメンタリー番組、映画製作などでおなじみのアイテムとなっています。

Timecode Systemsのマネージングディレクター Paul Scurrell 氏は次のように述べています。
「日本はエレクトロニクス技術とタイムコード技術のパイオニアとして有名であり、私達は兼ねてから放送技術と革新のため、大規模且つ影響力のある日本市場で当社の製品を販売することを願っていました。私達のディストリビューション・パートナーとなった株式会社アスクの協力により日本での発売が実現したことは、記念すべきことであると共に、誇りや期待感も沢山持っています。」

また、Paul Scurrell 氏は次のようにも述べています。
「例えば、PureBlendやAdobeと親密に協力し、制作チームのメタデータをロギングして取り扱う方法をより改善できるよう、Timecode BuddyにWi-fi機能を搭載し コンテンツをロギングするアプリと、自分のコンテンツを組み合わせる方法を見つけました。Timecode Buddyの機能をMovieSlateやPrelude Live Logger アプリに追加し、iPad上で高精度なタイムコードを作成でき、誰でも簡単に撮影しながらリアルタイム且つ簡単に映像コンテンツを追跡することが可能になりました。」

Timecode Systems の開発チームは、現在、過密なスケジュールの中で新たなプロジェクトも行っています。彼らが約束するタイムコードレボリューションは今もなお進行中で、最初のセールス目標には既に到達しており、数々のトロフィーがオフィスに飾られています。しかし、これはまだ始まったばかりに過ぎません。

Timecode Buddyをご覧になる場合は、Inter BEE2013 会場内のアスクブース(ホール8 / ブース8409)にお越しいただくか、www.ask-dcc.jp に直接お問い合わせください。

Timecode Systems:http://www.timecodebuddy.com/


■本リリースに関する問合せ先
株式会社 アスク
代表者名 代表取締役 武藤 和彦
製品担当 三沢 宙
メールアドレス  このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
電話:03-5215-5676
FAX:03-6672-6858
住所:東京都千代田区九段南4-8-21 山脇ビル11F

株式会社 アスク メディア&エンタープライズ事業部 (ASK M&E) が提案する、放送・業務用からプロシューマーまでの映像制作にフォーカスした製品を紹介します。

Copyright © 2019 ASK Corporation. All rights reserved.