Io IP Plus FRONT 2

米国報道発表資料抄訳 - 2017 年 11 月 15 日

放送向け IP パイプラインに対応する柔軟なモバイル I/O 製品

日本千葉 Inter BEE ブース No 7308 (2017 年 11 月 15 日) ─ AJA Video Systems 社は本日、新製品 Io IP を発表しました。Io IP は放送向け IP ワークフロー対応のキャプチャー & 出力デバイスです。このポータブル製品は、SMPTE に準拠した HD ビデオの 10 GigE IP ネットワーク伝送に最適化されています。ローカル環境では 3G-SDI と HDMI 2.0 経由で高品質なモニタリングが行え、ハイフレームレート、Deep Color、HDR ワークフローにも対応します。

Thunderbolt 3™ のスループットを利用して、Io IP は高速、確実に HD/SD ビデオやオーディオを IP ネットワークからインジェストしたり、IP ネットワークへ出力することができます。Thunderbolt 3 を搭載した Mac や Windows 端末と互換性があり、Apple®、Adobe®、Avid®、Autodesk®、Telestream®、その他多くのメーカー製のプロダクション、ポストプロダクション、マスタリング、そして、ストリーミングツールと組み合わせて使用できます。Io IP に 2 ポート搭載されている Thunderbolt 3 端子で、デイジーチェーン接続に対応します。そして、2 ケージ搭載されている SFP+ から、10 GigE IP ネットワーク経由でビデオとオーディオをルーティングします。Io IP は、堅牢なアルミニウム製のデバイスです。SMPTE 2022-6 に対応し、非圧縮ビデオ、オーディオ、さらに VANC データを IP で転送します。同様に SMPTE 2022-7 にも対応しており、冗長性による保護が行なえます。

AJA Video Systems 社、社長 Nick Rashby 氏は以下のように述べています。

「放送業界は IP への移行に際し、多くの困難に立ち向かわなければなりません。われわれは、一貫してこの移行を容易にするためのツールを追い求めます。Io IP は、Thunderbolt 3 の速度と、AJA の Io 製品が持つ接続性、品質、確実性を組み合わせることで、IP ワークフローに対応する強力な I/O 性能を実現し、既存のインフラ設備と標準的な制作ツールと互換するブリッジ(橋渡し)となります。これらの豊富な新しい機能は接続性を拡張し、コンパクトなデザインで最大級の柔軟性と性能をプロの現場で発揮するでしょう。」

Io IP の主要な機能

  • ラップトップやデスクトップで Thunderbolt 3 接続し、IP 経由の HD/SD キャプチャーとプレイバック
  • 従来の Thunderbolt ホストとの後方互換性
  • SMPTE 2022-6 と 2022-7 の I/O
  • 2 つの SFP+ ケージを経由したデュアル 10 GigE 接続、主要なサードパーティメーカー製の 10 GigE SFP トランシーバーモジュールと互換
  • 2 ポートの Thunderbolt 3 で、最大 6 台の機器を繋げられるデイジーチェーン接続に対応
  • 3G-SDI と HDMI 2.0 ビデオモニタリング
  • オーディオ I/O : 16 チャンネルエンベデッド SDI、8 チャンネルエンベデッド HDMI、XLR ブレイクアウトケーブル経由で 4 チャンネルアナログオーディオ入力と 4 チャンネルオーディオ出力/li>
  • 制作環境に設置するのに相応しい、小型、堅牢な設計
  • ダウンストリームキーヤー
  • AC 電源またはバッテリーと接続できる標準 12V 4 ピン XLR
  • Adobe Premiere® Pro、Apple FCP X、Avid Media Composer® を含む制作アプリケーション、FilmLight 製品、AJA Control Room などと互換
  • 3 年間の国際保証

価格と販売時期

Io IP は 2018 年 2 月に発売開始予定です。日本国内の税抜定価は 318,000 円です。より詳しい情報については、次のページをご確認ください。 https://www.aja.com/products/io-ip

AJA Video Systems について

1993 年の創業以来、AJA Video Systems 社はプロフェッショナルな放送、ポストプロダクション業界に向けて高品質でコスト効率の高いデジタルビデオ製品を供給する、ビデオインターフェイスや変換ソリューションの大手メーカーです。 AJA 製品の設計・製造はカリフォルニア州グラスバレーにある自社の施設内で行われ、世界中のリセラーやシステム インテグレーターを通じて広範囲なチャネルに販売されています。詳細については、AJA Video Systems 社のウェブサイトをご覧ください。

本リリースに関する問い合わせ先

AFC (AJA Fulfillment Center / エイジェイエイフルフィルメントセンター)
メールアドレス : このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
TEL:0120-973-562 / FAX:03-6913-9590
所在地 : 東京都千代田区九段南4-8-21 山脇ビル11F

株式会社 アスク メディア&エンタープライズ事業部 (ASK M&E) が提案する、放送・業務用からプロシューマーまでの映像制作にフォーカスした製品を紹介します。

Copyright © 2019 ASK Corporation. All rights reserved.