dolby vision Top Story 950px 1

費用対効果の高い HDMI ディスプレイ上で、SDI 機器からの Dolby Vision 信号やメタデータを正確にモニタリング

オランダ、アムステルダム IBC カンファレンス (ブース 7.C25) (2019 年 9 月 13 日) ─ AJA Video Systems 社は本日、近日中にリリースするファームウェアを適用した同社のミニコンバーター Hi5-4K-Plus と Hi5-12G が Dolby Vision に対応予定であると発表しました。今回のアップデートにより、Dolby Vision でエンコード化された HDR コンテンツを SDI から HDMI に変換し、手頃な HDMI ディスプレイ上で PQ HDR モニタリングが行えるようになります。クリエィティブなプロフェッショナルの現場でも、より簡単に芸術的な映像美を仕上げられます。

AJA Video Systems 社の社長、Nick Rashby 氏は以下のように述べています。

「Netflix、Hulu、Amazon などのストリーミングプラットフォームは、その会員数を増やし続け、Dolby Vision の PQ で制作された高品質な HDR 番組によって視聴者を魅了しています。当社のミニコンバーター Hi5-4K-Plus と Hi5-12G が Dolby Vision に対応すると、SDI 機器からの Dolby Vision のフィードとメタデータを、より費用対効果の高い HDMI ディスプレイ上で確認できるようになります。制作過程中、品質を常に保ったまま、番組制作者は HDR コンテンツを確認できます。今回の取り組みで Dolby との協業が叶い、この新しい機能をユーザー様に間もなくお届けできるのが大変楽しみです。」

Dolby Vision は、鮮明な画でエンターテイメント体験を一変させます。素晴らしい輝度、コントラスト、色、ディテールで映画に息を吹き込みます。Dolby Vision は一般的な画と比べて、これまでスクリーンでは見られなかった色や、目覚ましいほどのコントラスト、最大 40 倍の明るさを持つハイライト、10 倍の暗さを持つ黒を提供します。その結果、スクリーンを見ているのを忘れさせる、精密で実物のような画を表現できます。

価格と発売時期

Dolby Vision に対応する Hi5-4K-Plus および Hi5-12G のファームウェアは、AJA のサポートページで近日公開予定です。

詳細は次のページをご確認ください。

AJA Video Systems について

1993 年の創業以来、AJA Video Systems 社はプロフェッショナルな放送、ポストプロダクション業界に向けて高品質でコスト効率の高いデジタルビデオ製品を供給する、ビデオインターフェイスや変換ソリューションの大手メーカーです。 AJA 製品の設計・製造はカリフォルニア州グラスバレーにある自社の施設内で行われ、世界中のリセラーやシステム インテグレーターを通じて広範囲なチャネルに販売されています。詳細については、AJA Video Systems 社のウェブサイトをご覧ください。

# # #

当資料は、米国時間 2019 年 9 月 13 日に米国で発表されたプレスリリースの抄訳版です。

米国リリース原文 : https://www.aja.com/news/top-stories/869

本リリースに関する問い合わせ先

AJA-JP
メールアドレス : このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
TEL : 0120-973-562 / FAX : 03-4400-7387
所在地 : 東京都千代田区平河町 1-7-20 COI 平河町ビル 2F

トレードマーク付きの会社名や製品名は、それぞれの会社の商標です。

株式会社 アスク メディア&エンタープライズ事業部 (ASK M&E) が提案する、放送・業務用からプロシューマーまでの映像制作にフォーカスした製品を紹介します。

Copyright © 2019 ASK Corporation. All rights reserved.