PressImage Wirecast 9

米国報道発表資料抄訳 - 2018 年 5 月 18 日

コントロールサーフェス、PTZ に対応、Facebook への投稿の最適化

カリフォルニア州、ネバダシティ (2018 年 5 月 3 日) ─ デジタルメディアツールとワークフローソリューションの先進企業 Telestream® は本日、Mac と Windows 対応のライブストリーミング & プロダクションソフトウェア Wirecast の新バージョンを公開しました。この最新版では、Wirecast Pro でのロボティックカメラの PTZ (パン、チルト、ズーム) 制御機能、X-Key 社の Wirecast Control Surface への対応、Facebook Live に最適化された暗号化投稿などの機能が追加されました。

Facebook Live への暗号化投稿にも対応し、より簡単にFacebook のページ内で顧客にコンテンツを届けるという、ビデオグラファーやフリーランスのニーズにも応えます。その際、Facebook のメインアカウントの管理者パスワードや認証は必要ありません。こちらは特に複数の寄稿者がページに投稿する場合や、クロス・プロモーションを行う際に有効です。

Wirecast Pro には PTZ 制御機能が組み込まれました。人員やコストを増やすことなく、洗練されたマルチカメラプロダクションを実現します。VISCA-over-IP プロトコルを使用する PTZOptics 社のカメララインアップに最適化されていて、Wirecast のインターフェイス内で PTZ カメラのカメラアングルや構図の切り替えが柔軟かつ高速に行えます。

P.I. 社製品への対応

Wirecast のコントロールサーフェス X-keys を活用することで、テンポの早いライブプロダクション環境でも、Wirecast を高速かつレスポンシブに操作することができます。新しい Wirecast コントロールサーフェスにより、Wirecast の 5 層のレイヤーそれぞれから、12 本のソースへ即座にアクセスします。各レイヤーやソースの状況は、キーに関連付けられたコントローラーのライトの明滅で確認可能です。ひとつのボタンに、保存したシーン、出力、トランジションを呼び出せるため、最も頻繁に使用する機能を割り当てることで、オペレーターは正確かつ簡単に操作できます。

今回は Wirecast バージョン 8 の発売以来、はじめてのアップグレードです。Wirecast 8 では、既存ユーザーの購入方法やアップグレード方法が変更されました。バージョン 8 をお使いの方は、年間サポートサブスクリプションの一環として無料アップグレードの利用が可能です。こちらは、バージョン 8 より前の「有償アップグレード」モデルでお使いの場合とは異なります。

Telestream 社のシニアプロダクトマネージャー Tom Prehn 氏は次のように述べています。

「当社はユーザー様により頻繁にアップデートを提供するべく、Wirecast バージョン 8 で販売モデルを変更しました。より迅速にお客様の要求にお応えし、新しい機能が完成次第、すぐに公開することができます。この新しいサポートサブスクリプションモデルにより、有償に値するアップグレードの販売を待つことなく、新しい機能を公開できるようになりました。」

Wirecast 8 以降では、アップグレード版を購入したか、フルライセンス版を購入したかに関わらず、購入日から 1 年間の標準サポートサブスクリプションが付属しています。このサブスクリプションは、年間 99 ドルで毎年更新でき、契約年中に公開されたすべてのソフトウェアのアップデートも適用されます。

トレードマーク付きの会社名や製品名は、それぞれの会社の商標です。

Telestream について

Telestream は、世界規模のライブやオンデマンドでのデジタルビデオに関わるツールとワークフローソリューションを提供しています。 Telestream 製品は、個人や企業が、デスクトップからエンタープライズまで、制作、配信、視聴方法に関わらず、映像をあらゆる視聴者へ容易に提供することを可能にします。

そして、メディア及びエンターテイメントの分野で活躍している世界中の企業の多くが、業務の合理化や収益の増進を図るために Telestream 製品を活用し、オンラインやモバイル配信向けのビデオ制作のワークフローを簡単にするために、ますます多くのプロビデオ関係者が Telestream に注目しています。

Telestream 製品は、ビデオのキャプチャーとインジェスト、ライブとオンデマンドでのエンコーディングとトランスコーディング、キャプションの追加、プライバックと検査、配信、ライブストリーミング、自動化や編成といった、デジタルメーディアのライフサイクル全般に関わっています。また、iQ 製品群によって、あらゆるネットワーク越しにサービス品質の監視と管理も行えます。

Telestream の本社はカリフォルニア州ネバダシティに所在しています。株式非公開会社です。

本リリースに関するお問い合わせ先

正規代理店 : 株式会社 アスク
担当部署 : メディア&エンタープライズ事業部
製品担当 : 前田 善弘
メールアドレス : このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
電話 : 03-5215-5676 / FAX : 03-6672-6858
所在地 : 東京都千代田区九段南4-8-21 山脇ビル11F

トレードマーク付きの会社名や製品名は、それぞれの会社の商標です。

株式会社 アスク メディア&エンタープライズ事業部 (ASK M&E) が提案する、放送・業務用からプロシューマーまでの映像制作にフォーカスした製品を紹介します。

Copyright © 2020 ASK Corporation. All rights reserved.