株式会社アスク、正規ディストリビューターとしてCineForm社製品の取扱開始を発表

株式会社アスクはCineForm社の日本国内における正規ディストリビュータとして、本日より、CineForm社製品の取扱いを開始致しました。CineForm社は、フィルムおよびビデオの収録、ポストプロダクション、ビデオアーカイブ用途向けに、圧縮ベースのワークフローを提供するメーカーです。AJA KONA 3ユーザーは、先日リリースされたKONA v.8.0ソフトウェアとCineForm Neo 3Dを使用することで、Apple Final Cut ProおよびAdobe Premiere Proのステレオスコピック 3D出力が可能になります。

現在、東京ビッグサイトで開催中の第18回3D&バーチャルリアリティ展 アスクブース(No.25-19)にて、KONA 3 v.8.0とNeo3Dのデモを実際にご覧頂けます。


■Neo3Dについて
Neo3Dは、3Dシネマ、放送、Blu-Rayまたはインターネット映像配信分野に向け、従来の2D編集環境に加えて、先進的なS3Dリアルタイム編集とエフェクトツールを追加するものです。WindowsおよびMac両方のバージョンで、Adobe、Apple、AvidやSonyといったノンリニア編集システムにリアルタイム3D編集ワークフローを提供します。

Neo3Dには、CineForm 3Dメディアを生成および調整するために中心的な役割を果たすFirst Lightアプリケーションと、あらゆるファイルベースカメラからCineFormコーデックのメディアを生成するHD Link(Win)、Remaster(Mac)を含みます。

■取扱製品ラインナップ
・Neo3D:フィルム、放送向けプロフェッショナル 3D編集
・Neo4K:デジタルマスタリング、最新の映画制作におけるDIワークフローを提供
・NeoHD:放送、自主制作映画向けにフレキシブルで高品質なHD編集を提供
・NeoScene:AVCHD/HDV/Canon 5DmkII/7Dでスムーズな編集が可能に


【CineForm社について】 http://www.cineform.com/
CineFormは、フィルムおよびビデオの収録、ポストプロダクション、ビデオアーカイブ用途向けに、圧縮ベースのワークフローを提供しています。映像業界において最も高品位な圧縮方式を提供することによって、CineForm製品は、映画スタジオや放送局、デジタルメディアアーティストなど、最先端で活躍する方々のファイルベースワークフローを強化しています。CineForm製品は、エンドユーザやOEMインテグレータに対し、クロスプラットフォームと多くのファイルベースのカメラをサポートした2Dと3D編集ワークフローを最大8Kの空間解像度まで提供します。

【株式会社アスク アスクDCCについて】
株式会社アスクは、コンピュータ周辺機器のフルサービス・ディストリビューション事業を行う輸入商社です。世界中の最先端かつユニークな製品を日本国内の お客様に提供しています。アスクDCCは、100社を越えるアスク取扱いメーカーの中から映像関連市場向けの商材を中心に、国内のシステムインテグレー ターとの共同マーケティングにより、多種多様なニーズに合った適切なソリューションを国内のお客様へご提供しています。

ウェブサイト:http://www.ask-dcc.jp

■本リリースに関する問合せ先
株式会社 アスク
代表者名 代表取締役 武藤 和彦
製品担当 前田善弘
メールアドレス  このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
電話:03-5215-5676
FAX:03-5215-5651
住所:千代田区五番町2番地カサ・ド・タク

株式会社 アスク メディア&エンタープライズ事業部 (ASK M&E) が提案する、放送・業務用からプロシューマーまでの映像制作にフォーカスした製品を紹介します。

Copyright © 2019 ASK Corporation. All rights reserved.