2010年 8月 20日
 

~First Light™を使用して、ワンステップで左目、右目それぞれのソースファイルをCineForm 3Dファイルにバッチ変換が可能に

米国報道発表資料抄訳 2010年8月18日

フィルムおよびビデオの収録、ポストプロダクション、ビデオアーカイブ用途向けに、圧縮ベースのワークフローを提供するCineForm社は、本日、Panasonic社との共同開発により、世界で初めて完全な3D撮影を提供する、プロフェッショナル 一体型二眼式3Dカメラレコーダー「AG-3DA1」で収録された左目用、右目用それぞれのHDビデオファイルを、ワンステップでCineForm 3Dファイルへバッチ変換することを可能にしたと発表致しました。
3Dファイル変換が可能なソフトウェア「First Light」はNeoシリーズ製品に含まれており、AG-3DA1ユーザは、撮影から編集までのプロセスにかかる時間を短縮させることが可能になります。

Panasonic AG-3DA1は、左目用、右目用それぞれのファイルをSDHC/SDメモリカードに記録します。これらのAVCHDファイルをPCまたはMacにコピーした後、CineFormのFirst Lightでは、両ファイルを同時にCineFormファイルに変換し、新たにCineForm 3Dファイル(MUX)を生成します。このプロセスにかかる時間は、現在利用可能なハードウェアにおいて実時間以下です。変換されたファイルはタイムコードを含む重要なメタデータを保有し、Adobe Premiere Pro、Apple Final Cut Pro、Avid Media Composer v5、Sony Vegasといったノンリニア編集ソフトウェアですぐに編集作業を行うことができます。

CineForm社創業者兼CEO David Taylorは次のように述べています。
「Panasonic AG-3DA1は、3Dカメラとプロダクションマーケットに対してひとつの分岐点を示すものであり、我々の製品がその一部になることを誇りに思っています。
我々は3D編集において、多くの誇るべき「第一歩」に参画してきており、プロフェッショナル 3D編集と撮影のワークフローを真に強化するソリューションの開発を懸命に行っています。Panasonicと我々のコラボレーションは、3Dワークフローのカメラレベルにおける我々の姿勢を表す代表例となるでしょう。」

パナソニックAVCネットワークス社 システム事業グループ システムAVビジネスユニット長 下水流 正雄氏は次のように述べています。
「我々は我々の画期的な3Dカメラの発売にエキサイトしています。また、3D ポストプロダクションのワークフローに対するCineForm社の貢献の中でもとりわけ、左目用、右目用のクリップを即座にバッチ変換するという彼らの革新的なアプローチに満足しています。この機能によって、我々は共にポストプロダクションと撮影のプロセスを単純化することができるため、我々の新しい3Dカメラ 3DA1を発売開始するのと同じくらい、新ソフトウェアのリリースを大変喜ばしく感じています。CineForm製品と3DA1を合わせた3Dテクノロジーは、プロフェッショナルおよびプロシューマ3Dプロダクションや編集環境の採用に劇的な影響を及ぼすであろうと、固く信じています。」

※「AG-3DA1」サポートが追加されたFirst Light™は現在、Windows版のみ提供中です。Mac版は近日公開予定となっています。
※Mac版も対応しました。


【Panasonic AG-3DA1について】http://pro-av.panasonic.net/jp/3d/
Panasonic AG-3DA1は、世界初の完全なフルHD 3D映像をSDメモリカードに記録可能な3Dカメラレコーダーです。カメラの光学セクションに採用されている2眼レンズシステムは、コンバージェンスポイントを調節することができます。コンバージェンスポイント調整機能と左右映像ずれ自動補正機能も搭載されています。従来の3DカメラシステムではPCや外部ビデオプロセッサーなどで補正する必要がありましたが、AG-3DA1は、カメラ本体のみで自動補正でき、速やかに撮影することが可能です。


【CineForm社について】 http://www.cineform.com/ 
CineFormは、フィルムおよびビデオの収録、ポストプロダクション、ビデオアーカイブ用途向けに、圧縮ベースのワークフローを提供しています。映像業界において最も高品位な圧縮方式を提供することによって、CineForm製品は、映画スタジオや放送局、デジタルメディアアーティストなど、最先端で活躍する方々のファイルベースワークフローを強化しています。CineForm製品は、エンドユーザやOEMインテグレータに対し、クロスプラットフォームと多くのファイルベースのカメラをサポートした2Dと3D編集ワークフローを最大8Kの空間解像度まで提供します。


■本リリースに関する問合せ先
株式会社 アスク
代表者名 代表取締役 武藤 和彦
製品担当 前田善弘
メールアドレス  このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
電話:03-5215-5676
FAX:03-5215-5651
住所:千代田区五番町2番地カサ・ド・タク

プレスリリースその他のニュースは、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性があります。あらかじめご了承ください。

トレードマーク付きの会社名や製品名は、それぞれの会社の商標です。

資料ダウンロード

製品に関するカタログやテクニカルノートなど、幅広く資料をご用意しております。

まずは資料をダウンロードしてみましょう。

株式会社 アスク メディア&エンタープライズ事業部 (ASK M&E) が提案する、放送・業務用からプロシューマーまでの映像制作にフォーカスした製品を紹介します。

Copyright © 2022 ASK Corporation. All rights reserved.