storage



映像制作の為の最先端共有ストレージ活用セミナーのご案内


株式会社アスクDCC(本社:東京都千代田区)は、映像制作における最先端の共有ストレージを最大活用するワークフローをご紹介するセミナーを開催致します。映像制作用の共有ストレージをご検討中の法人様にとって有益となるイベント内容となっております。

映像制作において、より一層のファイルベース化が進む中、ファイル数/容量の増大やファイルフォーマットの増加など様々な理由によって、ストレージのより効率的な運用と多様なワークフローへの対応が求められています。設備投資だけではなく、アセットの共有とマネジメント、より安全で高速なファイル管理とマルチプラットフォーム対応によって、ワークフローそのものを効率化することがこれからの映像制作には欠かせません。本セミナーでは、多様化するアセットを効率的に「共有」、「管理」、「保存」することが可能な製品群を紹介すると共に、ファイルベースワークフローにおける本当のコストダウンとシンプル化を提案します。

【共有】
ファイルをワークグループで共有することが、ファイルコピーやデータ損失による時間的ロスを無くすための最良の手段です。そういった用途で使用されるファイル共有ストレージは、大きくNAS(Network Atatched Storage)とSAN(Storage Area Network)に分類されますが、このセミナーではGB Labs社の映像制作用高速NAS「SPACE」、Rorke Data / Falconstoer共同開発のSANシステム「HyperFS」の二種類の共有ストレージを中心に、SANやNAS等のセンター共有ストレージのメリット・デメリット、用途別の使用方法をご紹介、効率的で安全な冗長化システムの提案致します。

【管理】
共有ストレージを効率的に運用するためには、増大するアセットやプロジェクトをデータベース化し、適切なメタデータと共に管理するツールが必要です。このセミナーでは、日本で始めて紹介されるFlavorSys社のプロジェクトマネージメントツール「Strawberry」の他に、様々な素材をスマートに管理可能なSquarebox社のメディアアセットマネージメントソフトウェア「CatDV」を紹介します。

【保存】
万が一の事故や災害からファイルを守るには、共有ストレージのレプリケーションやファイルアーカイブが欠かせません。このセミナーでは「Space Echo」を使用したレプリケーションや、Cache-A社のLTOアーカイブシステム「Power-Cache」の他、新製品の「Space LTO」などを中心に、アセットのアーカイブについて説明します。

さらに、これらの製品を組み合わせた最新のファイルベースワークフローの全体像を展示とデモでご紹介します。たった数年で製品が陳腐化しまう時代の中、将来の方向性を見据え、「投資を無駄にしないインフラ構築」をテーマにベストコストパフォーマンスのシステム選定例をご提案いたします。

なお、本セミナーは登録制となっておりますので、ご参加いただく際には、下記お申し込みページよりご登録ください。


【開催概要】
主催:株式会社アスク DCC事業部
協力:アブソリュート・イナッフ株式会社、タックシステム株式会社
日時:2012年6月29日(金)午後1時~午後5時30分
定員:70名(無料・事前登録制)
申込:https://www.ask-corp.jp/form/form.php?id=26
会場:秋葉原コンベンションホール 東京都千代田区外神田1-18-13 秋葉原ダイビル5F
カンファレンスフロア 会議室5B(会場までのアクセス)

【イベント内容】※内容は予告無く変更になる可能性があります。
1. 映像制作におけるセンター共有ストレージインフラストラクチャ
2. プロジェクトシェアワークフロー、メディアアセットマネージメント
3. リプリケーション、LTOアーカイブ活用

12:30 - 13:00 開場
13:00 - 13:10 ご挨拶
13:10 - 15:30 前半(1, 2, 3 のどれか二つ)
15:30 - 15:45 休憩・QA・機材展示
15:45 - 17:00 後半(1, 2, 3 のどれか一つ)
17:00 - 17:30 機材展示・QA
17:30 閉場


【展示メーカー / 製品名】

  • GB Labs:SPACE, MiniSPACE LTO
  • Rorke Data:HyperDrive, Flavorsys Strawberry
  • Squarebox:CatDV
  • Cache-A:Power-Cache
  • AJA:Io XT
  • Avid:ProTools
  • Telestream:Pipeline


【株式会社アスク アスクDCCについて】
株式会社アスクは、コンピュータ周辺機器のフル サービス・ディストリビューション事業を行う輸入商社です。世界中の最先端かつユニークな製品を日本国内のお客様に提供しています。アスクDCCは、 100社を越えるアスク取扱いメーカーの中から映像関連市場向けの商材を中心に、国内のシステムインテグレーターとの共同マーケティングにより、多種多様 なニーズに合った適切なソリューションを国内のお客様へご提供しています。

ウェブサイト:http://www.ask-dcc.jp/


■本セミナーに関する問合せ先
株式会社 アスク
代表者名 代表取締役 武藤 和彦
製品担当 三沢 宙
メールアドレス: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
電話:03-5215-5676
FAX:03-6672-6858
住所:東京都千代田区五番町2番地カサ・ド・タク

株式会社 アスク メディア&エンタープライズ事業部 (ASK M&E) が提案する、放送・業務用からプロシューマーまでの映像制作にフォーカスした製品を紹介します。

Copyright © 2020 ASK Corporation. All rights reserved.