米国報道発表資料抄訳 - 2015年9月11日

FS3 の高品質なアップコンバートにより、 SD や HD 信号から 4K ワークフローを可能にします。

アムステルダム (オランダ) IBCカンファレンス、Stand7.F11 (2015年9月11日) ─ AJA Video Systems は本日 FS3 を発表しました。FS3 は同社のフレームシンクロナイザー FS シリーズの最新製品です。

FS3 は業界で広く認められた AJA のフレームシンクロナイズ機能と、高品質な 4K アップコンバージョンテクノロジーを兼ね備えており、SD と HD 信号を 4K ワークフローにシームレスに統合します。

AJA が持つ適応力の高いスケーリングアルゴリズムと、業界に広く認められたコンバージョンテクノロジーの組み合わせによりアップコンバートされた映像は、最高の品質を保証します。BNC もしくは ファイバー接続で入力された SD もしくは HD 解像度の SDI は、4K/UHD にアップコンバートし、複数の BNC と ファイバーの出力端子から同時に出力されます。もちろん、FS3 は SD もしくは HD のフレームシンクロナイザーとしても活用できます。

また、FS3 は AJA のフレームシンクロナイザーに含まれる、RGB カラーコレクション、ROI(処理領域)スケーリング、拡張性のあるオーディオコントロールとルーティング、Web UI コントロール、GPI トリガーなどの業界で認められた特長も備えています。

AJA Video Systems 社、社長 Nick Rashby 氏は次のように述べています。

「私たちは、FS1、FS1-X そして FS2 といった FS 製品が数百の放送局、ポストプロダクション、中継車で使用されているのを見てきました。FS 製品は正に馬車馬で、驚くほどの信頼性とあらゆる入力に対応します。それらの特徴を受け継ぎ、SD や HD の信号を簡単な方法で 4K ワークフローに統合できる FS3 を発表できることに興奮しています。これは 4K や UHD のユーザーが待ち望んでいたブリッジとなります。」

AJA の FS ファミリーは、前例のない対応水準であるがゆえに、業務用ビデオワークフローツールの「スイスアーミーナイフ」と、しばしば例えられることがあります。FS3 も例外ではありません。

FS3 は、ほとんどの HD もしくは SD フォーマットを最大 60p の 4K/UHD にアップコンバートできます。4K/UHD は、4本の 3Gb SDI (level A もしくは B)、2本の 3Gb SDI (level B)、または 4本の 1.5Gb SDI で出力可能です。入出力には、オプションにより SFP ファイバーも利用できます。

発売時期と価格について

FS3 の出荷開始時期は 2015年10月を予定しており、国内定価 (税抜) は 422,000円です。ご購入についてのお問い合わせは国内で AJA 製品を扱う正規代理店へお問い合わせ願います。www.aja-jp.com にて、正規代理店をご確認ください。

AJA Video Systems について

1993年の創業以来、AJA Video Systems 社はプロフェッショナルな放送、ポストプロダクション業界に向けて高品質でコスト効率の高いデジタルビデオ製品を供給する、ビデオ インターフェイスや変換ソリューションの大手メーカーです。 AJA 製品の設計・製造はカリフォルニア州グラスバレーにある自社の施設内で行われ、世界中のリセラーやシステム インテグレーターを通じて広範囲なチャネルに販売されています。詳細については、AJA Video Systems 社のウェブサイトをご覧ください。

本リリースに関する問い合わせ先

AFC (AJA Fulfillment Center / エイジェイエイフルフィルメントセンター)
メールアドレス : このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
TEL:0120-973-562 / FAX:03-6913-9590
所在地 : 東京都千代田区九段南4-8-21 山脇ビル11F

株式会社 アスク メディア&エンタープライズ事業部 (ASK M&E) が提案する、放送・業務用からプロシューマーまでの映像制作にフォーカスした製品を紹介します。

Copyright © 2019 ASK Corporation. All rights reserved.