AJA 社、KONA HDMI、KONA 1、Desktop Software v14.2 を NAB 2018 で発表

KONACards DS14 800

米国報道発表資料抄訳 - 2018 年 4 月 10 日

マルチチャネルの 2K/HD またはシングルチャネルの 4K/UltraHD を HDMI でキャプチャーし、3G-SDI のキャプチャーとプレイアウトも手頃な価格で実現

ネバダ州ラスベガス NAB カンファレンス (ブース No SL2505) (2018 年 4 月 9 日) ─ AJA Video Systems 社は本日、2 つの新しい KONA カードと、Desktop Software v14.2 を発表しました。KONA HDMI は、ライブ制作、ストリーミング、ゲーム、VR 、ポストプロダクション向けの PCIe カードです。マルチチャンネル HD 、およびシングルチャンネル 4K を HDMI でキャプチャーします。KONA 1 は、シングルチャンネル HD/SD の 3G-SDI キャプチャーとプレイバックに対応します。Desktop Software v14.2 により、KONA 1 と KONA HDMI へのサポートと共に、AJA の KONA シリーズ、Io、T-TAP™ 製品に新改良が加わります。

KONA HDMI

KONA HDMI は、HDMI ビデオの強力なキャプチャーソリューションです。ライブストリーミング、イベント、プロダクション、放送、編集、VFX 、ブログ、ビデオゲームのキャプチャーとストリーミングなど、あらゆるワークフローに対応します。KONA HDMI は柔軟性が高く、Telestream Wirecast® や vMix など、一般的なストリーミング / スイッチングアプリケーションに合わせた設計で、4 チャンネルの HD 同時キャプチャーに対応しました。また KONA HDMI は、多くのノンリニア編集 (NLE) やエフェクトパッケージとのファイル互換性が備わっています。HDMI 2.0 を経由させ、AJA Control Room ソフトウェアを使うことで、他に類を見ない最大 UltraHD 60p 1 チャンネルのキャプチャーを可能にします。

また、一般的なサードパーティーのソリューションにも互換性がありますので、ライブストリーミング、プロジェクションマッピング、VR のワークフローにも対応することができます。開発者は、マルチチャネル HDMI のインジェストシステムを構築し、Linux での VL42 互換性を備えたプラットフォームを活用することができます。KONA HDMI は、HDMI Type A コネクタを 4 ポート搭載しているので、1 チャンネルの UltraHD 、または 4 チャンネルの 2K/HD を簡単に切り替えることができます。さらに HDMI エンベデッドオーディオの入力と、各入力に最大 8 チャンネルのエンベデットオーディオを備えています。

KONA 1

KONA 1 は、放送局、ポストプロダクション、ProAV、OEM 開発者向けに設計された堅牢な PCIe カードです。コスト効率の高いシングルチャネル 2K/HD 60p の 3G-SDI 入出力を実現します。KONA 1 は、シリアル制御とリファレンス/ LTC を提供し、標準アプリケーションのプラグインを搭載、AJA の SDK にも対応しています。KONA 1 は、AJA、Adobe®、Avid®、Apple®、Telestream など、様々なソフトウェアアプリケーションで 3G-SDI のキャプチャー、監視、プレイバックをサポートします。KONA 1 は、キャプチャー (パススルー) 中の同時モニタリングを可能にします。フルサイズの SDI ポートにより、3G-SDI フォーマット、16 チャネル SDI エンベデットオーディオ入出力、リファレンス/LTC での Genlock 入力、RS-422 制御に対応します。

Desktop Software v14.2

Desktop Software v14.2 には、KONA HDMI と KONA 1 へのサポートと共に、 KONA IP 用の SMPTE ST 2110 IP ビデオモードが新たに追加されました。AJA Control Room 、Adobe Premiere Pro CC、一部の Adobe Creative Cloud、Avid Media Composer® にも対応することができます。さらにソフトウェアの無料アップデートにより、2K/HD ビデオおよび IP オーディオ (非圧縮 SMPTE 2022-6/7) 伝送向けの 10GigE が、Thunderbolt™ 3 搭載の新製品 Io IP と Avid DNxIP でサポートされます。その他にも Io 4K Plus での HDR キャプチャーなど、KONA、Io、T-TAP 製品にも機能改善が追加されます。

Io 4K Plus と DNxIV のユーザーは新しい機能により、アナログオーディオ全 8 チャンネルを入力と出力のいずれかに設定することができます。または、フル 7.1 ch でのインジェストおよびモニタリング用 4 入力 / 4 出力モード、あるいはステレオに加え、ボイスオーバー、ディスクリートトラックの入出力に設定が可能です。

AJA Video Systems 社、社長 Nick Rashby 氏は以下のように述べています。

「お客様に高品質のビデオ I/O を提供するためには、効率性、互換性、信頼性が極めて重要です。KONA HDMI と KONA 1 は AJA 製品の信頼性とサポートにより、ビデオを扱うプロフェッショナルや愛好家の皆様に、お気に入りのツールを使った効率的な作業を提供します。」

価格と販売時期

KONA HDMI と KONA 1の日本国内の税抜定価と販売時期は以下の通りです。全世界の AJA 販売代理店ネットワークを通じて販売されます。

  • KONA HDMI : 126,000 円 (2018 年 6 月発売開始予定)
  • KONA 1 : 84,000 円 (2018 年 5 月発売開始予定)

Desktop Software v14.2 は、2018 年 5 月から AJA のウェブサイトから無料でダウンロードいただけます。

AJA Video Systems について

1993 年の創業以来、AJA Video Systems 社はプロフェッショナルな放送、ポストプロダクション業界に向けて高品質でコスト効率の高いデジタルビデオ製品を供給する、ビデオインターフェイスや変換ソリューションの大手メーカーです。 AJA 製品の設計・製造はカリフォルニア州グラスバレーにある自社の施設内で行われ、世界中のリセラーやシステム インテグレーターを通じて広範囲なチャネルに販売されています。詳細については、AJA Video Systems 社のウェブサイトをご覧ください。

本リリースに関する問い合わせ先

AFC (AJA Fulfillment Center / エイジェイエイフルフィルメントセンター)
メールアドレス : このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
TEL:0120-973-562 / FAX:03-4400-7387
所在地 : 東京都千代田区平河町1-7-20 COI平河町ビル 2F

トレードマーク付きの会社名や製品名は、それぞれの会社の商標です。

株式会社 アスク メディア&エンタープライズ事業部 (ASK M&E) が提案する、放送・業務用からプロシューマーまでの映像制作にフォーカスした製品を紹介します。

Copyright © 2018 ASK Corporation. All rights reserved.