FS HDR v2 6 800x450

変換能力を拡張し、最新の HDR ワークフローの要求に対応

オランダ、アムステルダム IBC カンファレンス (ブース 7.C25) (2018 年 9 月 14 日) ─ AJA Video Systems 社は本日、Colorfront Engine™ を搭載したリアルタイム HDR/WCG コンバーター FS-HDR に対応する v2.6 ファームウェア / ソフトウェアを発表しました。新しいカラー変換が行えるようになるこの無料アップデートにより、放送局、プロダクション、ポストプロダクション、プロ AV 業界はより柔軟に新しいワークフローを実現可能にし、製作時にも最終的なルックと変わらないイメージで、4K/UltraHD/2K/HD、SDR、HDR フォーマットを扱えるようになります。

FS-HDR v2.6 の機能

  • Colorfront Engine が新しい HDR 出力変換に対応
    • S-Log3/BT.2020 のダイナミックレンジと色域で出力
    • ARRI Log C のダイナミックレンジと色域で出力
  • BBC v1.2 HLG LUT のアップデート
    • SDR シーン・リファード (SR) から HLG
    • SDR ディスプレイ・リファード (DR) から HLG
    • PQ 1000 nit から HLG
    • S-Log3 100% から HLG
    • S-Log3 200% (SR-Live) から HLG
    • HLG から SDR ディスプレイ・リファード (DR)
    • HLG から PQ 1000 nit
  • 新しく追加された BBC v1.2 HLG LUT
    • SDR SR から HLG にアップコンバージョン
    • SDR DR から HLG にアップコンバージョン
    • PQ 4000 nit から HLG
    • HLG から SDR SR
  • LUT アップロード機能
    • カスタマイズした複数の 3D CUBE LUT を FS-HDR にウェブ UI からアップロード/保存し、プリセットとして呼び出し可能FS-HDR ツールセットでカスタマイズした LUT をリアルタイムワークフローで使用し、常に共通のルックで作業可能
  • AJA FS-HDR Control Link アプリケーションを使用して Colorfront Engine のパラメーターを一括操作
    • 無料の FS-HDR Control Link アプリケーションで、同一ネットワーク上にある複数の FS-HDR の一括制御が可能。4 台の FS-HDR を用いることで 8K ワークフローに対応。FS-HDR に実装されているパラメーターを変更すると、簡単に Colorfront Engine を調整できます。FS-HDR のアプリケーション GUI、もしくは Tangent Element Kb パネル の 12 のノブを使用すれば、1 台の FS-HDR を変更すると同時に、その他のすべての機体にも一斉に設定を適用することが可能です。

AJA 社、社長 Nick Rashby 氏は以下のように述べています。

「HDR ワークフローは常に進化しており、そして、われわれの目標は、FS-HDR ユーザーからのフィードバックを基に、彼等へ定期的なアップデートを提供することです。われわれは FS-HDR v2.6 をこの思想のもとに設計しました。新しい機能拡張を追加したことで、さらに細かく変換の微調整を行えるようになりました。」

価格と利用可能な時期

FS-HDR v2.6 ファームウェアは、今秋、AJA サポートページより無料でダウンロードできるようになる予定です。FS-HDR は、全世界の AJA 正規販売代理店ネットワークを通じてご注文いただけます。メーカー希望小売価格は 1,127,000 円 (税抜) です。より詳しい情報については、次のページをご確認ください。

https://www.aja.com/products/fs-hdr

FS-HDR について

FS-HDR は、1RU サイズでラックマウントできる、多機能で万能なコンバーター兼フレームシンクロナイザーです。リアルタイムでの HDR 変換や 4K / HD のアップ、ダウン、クロスコンバージョンが行えます。業界で定評のある AJA の変換およびフレーム同期技術と、アカデミー科学技術賞を受賞した Colorfront Engine ™ の映像・カラースペース処理アルゴリズムが融合された FS-HDR は、リアルタイムの低遅延処理、忠実な色再現が必要とされる、放送局、OTT、ポストプロダクション、A/V のプロフェッショナルにぴったりです。FS-HDR は広範囲な信号の変換に対応します。カメラ Log フォーマットから放送規格の HDR への変換や、BT.709 と BT.2020 間での相互変換が可能です。

AJA Video Systems について

1993 年の創業以来、AJA Video Systems 社はプロフェッショナルな放送、ポストプロダクション業界に向けて高品質でコスト効率の高いデジタルビデオ製品を供給する、ビデオインターフェイスや変換ソリューションの大手メーカーです。 AJA 製品の設計・製造はカリフォルニア州グラスバレーにある自社の施設内で行われ、世界中のリセラーやシステム インテグレーターを通じて広範囲なチャネルに販売されています。詳細については、AJA Video Systems 社のウェブサイトをご覧ください。

# # #

当資料は、米国時間 2018 年 9 月 14 日に米国で発表されたプレスリリースの抄訳版です。

米国リリース原文 : https://www.aja.com/news/top-stories/754

本リリースに関する問い合わせ先

AFC (AJA Fulfillment Center / エイジェイエイフルフィルメントセンター)
メールアドレス : このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
TEL : 0120-973-562 / FAX : 03-4400-7387
所在地 : 東京都千代田区平河町1-7-20 COI平河町ビル 2F

トレードマーク付きの会社名や製品名は、それぞれの会社の商標です。

株式会社 アスク メディア&エンタープライズ事業部 (ASK M&E) が提案する、放送・業務用からプロシューマーまでの映像制作にフォーカスした製品を紹介します。

Copyright © 2019 ASK Corporation. All rights reserved.