AJA 社、T-TAP Pro を発表

Thunderbolt™3 対応のコンパクトな製品、12G-SDI および HDMI2.0 接続で最大 4K/UltraHD の出力をサポート。作業場所に制限されず、ハイエンドなコンテンツ制作を実現。

AJA Video Systems 社は本日、Thunderbolt™ 3 接続の小型かつ静音仕様のポータブルデバイス T-TAP Pro を発表しました。 T-TAP Pro は 12G-SDI および HDMI2.0 経由で、Thunderbolt™ 3 と互換性のある Mac® または PC で 簡易に 4K/UltraHD、2K/HD/SD モニタリングと出力を実現します。T-TAP Pro は、さまざまな制作フローに最適で高性能なビデオモニタリングを実現します。Thunderbolt™ 3 ベースのシステムを、ハイダイナミックレンジ (HDR)、ハイフレームレート (HFR)、大きなラスターデータを扱うワークフローに対応させます。

AJA Video Systems 社の社長、Nick Rashby 氏は次のように述べています。

「T-TAP Pro は、どのような場所で作業を行う場合でも高品質なビデオ出力を求めるプロフェッショナルな制作者向けに開発されました。この堅牢かつ高性能な製品は、高解像度の 4K/UltraHD コンテンツや HDR コンテンツを本来の画質のままラップトップやデスクトップコンピューターから出力し、モニタリングできるようにします。Thunderbolt 3 ケーブル 1 本の接続で動作する利便性を備えています。」

T-TAP Pro はハイエンド向けのカラーグレーディングや、オーディオミキシング、編集、VFX (視覚効果) など、多用途での利用に適したモニタリング / 出力デバイスです。撮影現場でのモニタリングや再生に加え、自宅など場所を問わずにクリエイティブな作業を効率化できます。

コンパクトでポータブル、静音かつ信頼性の高い T-TAP Pro を使えば、Thunderbolt 3 と互換性のある Mac または PC から、12G-SDI / HDMI 2.0 経由で最大 4K/UltraHD の高品質な HDR や HFR ビデオをモニタリングできます。

T-TAP Pro は、Apple® Final Cut Pro®、Adobe®  Premiere® Pro、After Effects®、Audition®、Character Animator®、Avid® Media Composer®、Pro Tools® など、編集 / グラフィック / カラー調整 / ストリーミングに使われる一般的な制作ソフトウェアとの互換性も幅広く備えています。

T-TAP Pro はオーディオを扱うワークフローにも適しています。SDI/HDMI 接続でマルチチャンネルのエンベデッドオーディオに対応し、3.5mm ステレオヘッドフォンジャック搭載しているためアナログオーディオも利用可能です。ヘッドフォンを直接デバイスに繋げたり、外付けのアナログオーディオミキサーに接続したりできるため、エディターやデジタルアーティストがオーディオモニタリングする際に役立ちます。

Colorfront 社を含む AJA のテクノロジーパートナーは、大手放送局、ポストプロダクション、プロのビデオ・オーディオ制作会社などに向けて T-TAP Pro 対応のソリューションの提供を開始しています。

Colorfront 社の事業開発ディレクター、Bruno Munger 氏は次のように述べています。

「新製品 T-TAP Pro の発表は、完璧なタイミングでした。コンパクトな筐体にプロの現場で必要とされる機能を多数備えているので、プロダクションやポストプロダクションなどに大きな価値をもたらしてくれるでしょう。ラップトップや小型のデスクトップコンピューターで、業務用ストリーミングプレイヤーやその他のソリューションを使用する際に必要な、高度なハイエンド向けの接続性を提供します。」

T-TAP Pro の主な機能

  • Thunderbolt 3 接続のコンパクトな筐体でビデオ / オーディオの出力に対応
  • オーディオミキシング、スクリーニング、撮影現場など静音が求められる環境に適した設計
  • 12G-SDI と HDMI 2.0 接続で 4K/UltraHD をケーブル 1 本で伝送、両端子から同時出力可能
  • SDI および HDMI で最大 4K/UltraHD/HD 60p を出力
  • 10-bit/12-bit 非圧縮品質
  • ハイブリッドログガンマ (HLG) や HDR10 の HDR フォーマットをサポート、AJA Software Development Kit (SDK) 経由で Dolby Vision™ に対応、HDR 信号を HDMI と SDI の両方で伝送
  • Mac や PC に Thunderbolt 3 のケーブル 1 本で接続可能
  • SDI は 16 チャンネルのエンベデッドオーディオ出力に対応
  • HDMI は 8 チャンネルのエンベデッドオーディオ出力に対応
  • デバイス前面の VU メーターでオーディオレベルを確認
  • 2 チャンネルの 3.5mm ヘッドフォンジャックと、回転式の音量つまみを搭載
  • Apple Final Cut Pro、Adobe® Creative Cloud®、Avid Media Composer、Pro Tools など、幅広い制作ソフトウェアに対応
  • 電源付属
  • AJA の 3 年間国際保証

価格と発売時期

T-TAP Pro は、本日より全世界の AJA 販売代理店ネットワークを通じご注文いただけます。メーカー希望小売価格は 123,200 円 (税込) です。詳細は次のページでご確認ください。

www.aja.com/products/t-tap-pro

AJA Video Systems について

AJA Video 社はビデオインターフェイス技術や、変換、デジタルビデオレコーディング、プロ用カメラ向けのソリューションを提供する大手メーカーで、1993 年の創業以来、プロフェッショナルな放送、ポストプロダクション業界に向けて高品質で費用対効果の高い製品を供給しています。AJA 製品の設計・製造はカリフォルニア州グラスバレーにある自社の施設内で行われ、世界中のリセラーやシステム インテグレーターを通じて広範囲なチャネルに販売されています。詳細については、同社のウェブサイトをご覧ください。

# # #

当資料は、現地時間 2021 年 3 月 2 日にメーカー発表されたプレスリリースの抄訳版です。

メーカーリリース原文 : https://www.aja.com/news/top-stories/999

プレス素材ダウンロード

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます。

本リリースに関する問い合わせ先

AJA-JP
メールアドレス : このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
TEL : 0120-973-562 / FAX : 03-4400-7387
所在地 : 東京都千代田区平河町 1-7-20 COI 平河町ビル 2F

トレードマーク付きの会社名や製品名は、それぞれの会社の商標です。

株式会社 アスク メディア&エンタープライズ事業部 (ASK M&E) が提案する、放送・業務用からプロシューマーまでの映像制作にフォーカスした製品を紹介します。

Copyright © 2021 ASK Corporation. All rights reserved.