AJA 社、最新の NDI® と HLS の互換性を備えた BRIDGE LIVE v1.12 を発表

I/O およびトランスコーディングの新機能を追加、ビデオプレビューとユーザーインターフェイスを向上し、その他の機能も拡張

AJA Video Systems 社は本日、BRIDGE LIVE v1.12 を発表しました。今回のソフトウェア・アップデートは、リモートでの映像制作、伝送、制作連携、ストリーミング、配信を可能にする AJA のマルチチャネル対応ターンキーライブビデオソリューション BRIDGE LIVE に適用されます。

今回のリリースにより、NDI® (ネットワークデバイスインターフェイス) の双方向の入出力と変換に対応、HLS 出力が可能となり、ビデオプレビュー機能を向上、そしてより直感的に構成可能なユーザーインターフェイスへの刷新されました。

BRIDGE LIVE v1.12 では、リモート制作、双方向のインタビュー、ライブイベントのストリーミング、複数カメラの映像伝送、配信現場での連携、プログラム出力の送り返し、信頼性の高いモニタリング、共同制作向けの機能、OTT をパッケージ化する ABR ラダープロファイルの受け渡しを可能にするパワフルな新機能が追加されています。

NDI の双方向サポートにより、SDI 入力を NDI に変換しネットワークへ出力すると同時に、受信した NDI を SDI で出力するワークフローを簡単に実現できます。

また、IP ビデオストリームを NDI へ、NDI 入力を IP ビデオストリームへ変換する機能により、数多くの新しいワークフローが可能となりました。たとえば、NDI ネットワークを取り入れているイベント会場または施設に BRIDGE LIVE を導入した場合、そのイベント会場や施設から NDI ビデオをストリーミング可能な形式でアウトバウンド伝送、またはリモート制作現場でそのストリームを NDI に戻して使用できます。

BRIDGE LIVE v1.12 の主な機能

  • NDI - SDI 間の相互変換
    • 受信した NDI を SDI にデコード
    • SDI 入力を NDI にエンコード
  • NDI - IP ビデオストリーム間の相互変換
    • 受信した NDI を IP ビデオストリーム (H.265 および H.264 など) に変換
    • 受信した IP ビデオストリーム (H.265 および H.264 など) を NDI に変換
  • RTP/UDP/SRT を介してリモートの NDI ネットワークと NDI 非対応の機材 / 設備を統合
  • NDI ネットワークに直接入力し、CDN または他の配信機構へ配信経路を提供
  • HLS 出力 (HD) : BRIDGE LIVE に入力した SDI ソースや IP ビデオストリームを様々な既存の機器やソフトウェア向けにエンコードし共有、また iOS / iPadOS デバイスでの画面共有向けに HLS を出力
  • ビデオプレビュー : BRIDGE LIVE の GUI 上で SDI 入力のビデオプレビュー用のサムネイル表示に対応、「go live (ライブ配信)」の最中でコンテンツを安全に確認できない場合でも、適切な SDI 入力 / コンテンツをエンコーディングしているか視覚的に確認可能
  • ユーザーエクスペリエンス (UX) を向上 : 「start detecting input (入力の検出開始) 」「set as input (入力に設定)」ボタンなど、より直感的なパイプライン構成と選択肢を提供、応答性も改善
  • 工場出荷時へのリセット方法を新たに追加 : 起動メニューから直接リセット項目へアクセスが可能となり、工場出荷時の状態へ素早くリセットが可能

AJA 社、社長 Nick Rashby 氏は以下のように述べています。

「BRIDGE LIVE v1.12 は 1 年ほど前にこの製品を発表して以来、2 度目のメジャーアップデートです。制作現場でのオペレーションの合理化とワークフローの柔軟性の向上を行うために、主要なお客様が求める機能を搭載しました。今回のアップデートにより、BRIDGE LIVE は当社にとって初めての NDI 対応製品となりました。世界中の幅広い NDI ユーザーの皆様に BRIDGE LIVE の類まれな機能を提供できるようになり、大変嬉しく思っています。BRIDGE LIVE の双方向 NDI 入出力と HLS 出力への対応により、幅広いハードウェアとソフトウェアの統合を実現し、離れた場所に数多くの人員やリソースを配置する代わりに、よりシンプルで費用対効果の高い方法をプロの制作現場に提供できます。」

価格と発売時期

BRIDGE LIVE v1.12 は、本日より AJA のウェブサイトから無料でダウンロードいただけます。

新たにご購入いただく BRIDGE LIVE には、最新のファームウェアが適用されています。既に BRIDGE LIVE をお使いのお客様は、v1.12 でのバグ修正を適用可能です。さらに、メンテナンス契約をいただいている場合には、v1.12 の新機能もご利用いただけます。

BRIDGE LIVE は、全世界の AJA 販売代理店ネットワークを通じご注文いただけます。メーカー希望小売価格は 2,310,000 円 (税込) です。

詳細は製品ページにてご確認ください。 https://www.aja-jp.com/products/bridge-live

BRIDGE LIVE について

ストリーミングソフトウェアを専門とする Comprimato 社と共同で開発された BRIDGE LIVE は、重要なストリーミングや伝送アプリケーション向けのターンキーソリューションで、高性能な 12G-SDI ビデオエンコーディング / デコーディング、ストリームベースのトランスコーディング、多数のメタデータ、クローズドキャプションに対応しています。コンパクトな 1RU のフォームファクターで、冗長化電源を備えています。

AJA Video Systems について

AJA Video 社はビデオインターフェイス技術や、変換、デジタルビデオレコーディング、プロ用カメラ向けのソリューションを提供する大手メーカーで、1993 年の創業以来、プロフェッショナルな放送、ポストプロダクション業界に向けて高品質で費用対効果の高い製品を供給しています。AJA 製品の設計・製造はカリフォルニア州グラスバレーにある自社の施設内で行われ、世界中のリセラーやシステム インテグレーターを通じて広範囲なチャネルに販売されています。詳細については、同社のウェブサイトをご覧ください。

# # #

当資料は、現地時間 2021 年 9 月 14 日にメーカー発表されたプレスリリースの抄訳版です。

メーカーリリース原文 : https://www.aja.com/news/story/1990-aja-releases-bridge-live-v112-with-new-ndi-and-hls-compatibility

プレス素材ダウンロード

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードいただけます。

本リリースに関する問い合わせ先

AJA-JP
メールアドレス : このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
TEL : 0120-973-562 / FAX : 03-4400-7387
所在地 : 東京都千代田区平河町 1-7-20 COI 平河町ビル 2F

プレスリリースその他のニュースは、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性があります。あらかじめご了承ください。

トレードマーク付きの会社名や製品名は、それぞれの会社の商標です。

株式会社 アスク メディア&エンタープライズ事業部 (ASK M&E) が提案する、放送・業務用からプロシューマーまでの映像制作にフォーカスした製品を紹介します。

Copyright © 2021 ASK Corporation. All rights reserved.