AJA 社、ファームウェア v3.0 で FS4 をアップグレード

高度な HDR ワークフローへのサポート、フレームバッファ深度の拡大、アンシラリーデータ管理の強化などで、フレームの同期 / 変換を合理化

AJA Video Systems 社は本日、4K/UltraHD およびマルチチャンネル HD を処理可能なフレームシンクロナイザー&アップ / ダウン / クロスコンバーター FS4 の新しいファームウェア v3.0 を発表しました。

この無料アップデートには、高度な HDR ワークフローへのサポート、フレームバッファ深度の拡大 (6 から 20 フレームへ)、アンシラリーデータ管理の強化、全体的な操作性の向上など、制作のプロフェッショナルに向けた新しい機能強化が多数搭載されています。

新型コロナウィルスの感染が拡大する中、拡張現実 (AR) とバーチャルカメラを使用する撮影が急速に普及しています。ライブ制作時には、それらのソースとその他のソースとを長時間同期するように求められ、追加処理に当てる時間が必要になりました。

AJA FS-HDR と同じ機能強化が組み込まれた FS4 v3.0 アップデートでは、デバイスのフレームバッファ深度が拡大され、最大 20 フレームの遅延を設定可能となりました。今回のアップデートは FS4 のユーザー全員に無償提供され、ハードウェアを交換する必要はありません。

HDR 制作が増えている現在、ビデオペイロード ID (VPID) の管理は必須です。シグナルチェーンにある機器の多くが、この重要な情報を無視あるいは削除しています。

FS4 v3.0 では、SDI 出力に付加される VPID の HDR 要素をチャンネル毎に設定する機能が加わりました。この機能は、一貫性のある正確な VPID が必要とされるワークフローには不可欠です。モニター出力を使用する場合には SDI VPID を上書きすると、HDMI EOTF や測色のインフォフレームも上書きされます。

HDR ワークフローをより強化するため、FS4 v3.0 には新しい HDR テストパターンと、強化されたウェブ UI のステータスページが含まれ、より多くの VPID 情報を表示できます。

FS4 v3.0 では業界要件とユーザーからのフィードバックに応え、幅広いフォーマットとさまざまなコンバージョンに対応する、アンシラリーデータのパススルー機能や変換機能が強化しています。

広告の挿入に SCTE-104 マーカーを使用する伝送アプリケーションでは、FS4 で SCTE-104 パケットの自動パススルーが可能となりました。

FS4 の新しい Timecode Xlator は、アンシラリータイムコード (LTC, VITC1, VITC2) をパススルーまたは変換します。クローズドキャプションのパススルーに対応する一連の変換機能も拡張されています。

さらに、拡張版シングルチャンネルモード (ESC) では、4K/UltraHD と 2K/HD の同時出力が可能で、2K/HD 出力には独自のダウンコンバージョンが適用されます。

このモードでは 4K または UltraHD 信号に対して処理が実行されるだけでなく、SDI モニター出力を介してダウンコンバージョンも可能なため、HD または SD どちらのニーズにも対応できます。

Bexel 社の副社長兼チーフエンジニアで、FS4 v3.0 ベータテスターでもある Edd Bonner 氏は次のように述べています。

「FS4 v3.0 には HDR と SDR を必要とする、大多数のプロダクションにとって大変有用なアップデートが含まれています。昨夏のプロジェクトで、FS4 には HDR/WCG 測色のパススルーおよび固有のペイロード識別子を転送するために必要な、VPID 管理の欠如に気付きました。

そこで、AJA に連絡したところ、今回もしっかり期待に応えてくれました。FS4 にオリジナルの HDR/WCG ビデオソース VPID をパススルーしたり、上書きできる機能が追加されたのです。本当に助かりました。今回のようにクライアントの期待以上に応えてくれる AJA の熱意は、当社が AJA 製品を導入し続ける理由のひとつです。」

FS4 v3.0 を早期に導入した Mobius Productions 社の社長、Jason Rudolph 氏は次のように述べています。

「今年の初めに手掛けた大規模なハーフタイムショーのプロダクションでは、HDR の信号パスをスタジアムのコントロールセンターまで維持しながら、スタジアムの LED パネルへ送る必要がありましたが、FS4 プロセッサと AJA の最新のファームウェアのおかげで見事にやり遂げられました。

12G-SDI HLG BT.2020 信号を取り込んで、クアッドリンク 3G-SDI へ変換できたので、シグナルチェーン全体で HLG BT.2020 信号を維持しながら、ファイバーを介してスタジアムのコントロールへと信号を送信できました。すべて問題なく進行できたのは、AJA のおかげです。AJA からは素晴らしいサポートを受けました。」

AJA 社の社長 Nick Rashby 氏は次のように述べています。

「AJA は継続的なファームウェアアップデートにより、ツールの機能を強化し、新たなプロダクションの課題に真正面から取り組むお客様を支援します。FS4 v3.0 もユーザーからいただいたフィードバックを参考に、主要なリクエストにお応えしました。多数の新機能で、現場が抱える最新の要求に対応します。」

価格と販売時期

FS4 v3.0 は、本日より AJA のウェブサイトから無料でダウンロードいただけます。

FS4 について

AJA FS4 は、4 チャンネルの 2K/HD/SD またはシングルチャンネルの 4K/UltraHD を処理可能な、フレームシンクロナイザー & アップ / ダウン / クロスコンバーターです。AJA 社のフレームシンクロナイザー&コンバーターの代表機種である本製品は、驚くべき多機能と接続性を薄い 1RU の筐体で実現しています。

4K/UltraHD および 2K/HD/SD のさまざまな変換作業を実行でき、豊富なデジタル接続を備えています。12G-SDI Fiber LC や 12G-SDI BNC SFP で接続可能です。広範囲なビデオとオーディオの接続オプションが用意されている FS4 は、4 台の独立したデバイスを並行して 2K/HD/SD 処理を行わせたり、すべてのプロセッサーとチャンネルを結合し 4K/UHD に対応する柔軟性により、生産性を最大限に高めます。

www.aja-jp.com/products/fs/fs4

AJA Video Systems について

AJA Video 社はビデオインターフェイス技術や、変換、デジタルビデオレコーディング、プロ用カメラ向けのソリューションを提供する大手メーカーで、1993 年の創業以来、プロフェッショナルな放送、ポストプロダクション業界に向けて高品質で費用対効果の高い製品を供給しています。AJA 製品の設計・製造はカリフォルニア州グラスバレーにある自社の施設内で行われ、世界中のリセラーやシステム インテグレーターを通じて広範囲なチャネルに販売されています。詳細については、同社のウェブサイトをご覧ください。

# # #

当資料は、現地時間 2022 年 4 月 20 日にメーカー発表されたプレスリリースの抄訳版です。

メーカーリリース原文 : https://www.aja.com/news/story/2062-aja-delivers-fs4-upgrades-with-v30-firmware

プレス素材ダウンロード

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードいただけます。

本リリースに関する問い合わせ先

AJA-JP
メールアドレス : このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
TEL : 0120-973-562 / FAX : 03-4400-7387
所在地 : 東京都千代田区平河町 1-7-20 COI 平河町ビル 2F

プレスリリースその他のニュースは、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性があります。あらかじめご了承ください。

トレードマーク付きの会社名や製品名は、それぞれの会社の商標です。

資料ダウンロード

製品に関するカタログやテクニカルノートなど、幅広く資料をご用意しております。

まずは資料をダウンロードしてみましょう。

株式会社 アスク メディア&エンタープライズ事業部 (ASK M&E) が提案する、放送・業務用からプロシューマーまでの映像制作にフォーカスした製品を紹介します。

Copyright © 2022 ASK Corporation. All rights reserved.