Ki-Pro-quad_image


米国報道発表抄訳ー2013年4月9日

〜4K 撮影から編集ワークフローへのブレイク・スルー〜

グラスバレー CA (2013年4月8日) - AJA Video Systems社は、真の4K撮影から編集ワークフローを実現する新しいソリッド・ステート ポータブルビデオレコーダー「Ki Pro Quad」がすぐに入手可能となったことを発表しました。コンパクトで、今日そして将来必要とされるワークフローをサポートする様々なカメラに容易にダイレクトマウントすることが出来るソリッド・ステート収録再生機 「Ki Pro Quad」がもたらす効率的な Apple ProRes データと柔軟性の高い RAW データは、4K/Quad HD/2K/HD ワークフローのブレイク・スルーとなります。

Ki Pro Quad は、ビデオプロフェッショナルの新しい制作アプローチを可能にする多くのユニークな機能を備えます:

  • 画期的な 4K ワークフロー - Ki Pro Quad は 4K プロダクションにおける中心的な集合点として機能し、カメラからの信号が入力されると同時に、編集しやすい 4K ProRes ファイルを生成します。4K あるいは HD モニタリング出力に対応し、外部の Thunderbolt 対応のコンピューター/ストレージシステムにカメラダイレクトな 4K RAW データを収録することもできます。
  • 4K および Quad HD サポート - 本来の品質を保ちながら高効率なファイルサイズで収録することで、4K への移行を容易にします。
  • 4K および Quad HD その他 - HD と 2K 解像度での 4:4:4/4:2:2 収録もサポートします。また 4K/Quad HD から 2K/HD へのリアルタイムスケーリングをサポートします。HDMI 出力は、民生用 HD モニターへの接続を可能にします。 HD-SDI 出力は、ハイエンドモニターに対して業務レベルでの接続環境を提供します。
  • ディベイヤリングとスケーリング - ハードウェアベースの新しいハイクオリティなリアルタイム RAW ディベイヤリング機能を搭載。リアルタイムに 4K 解像度の Apple ProRes 444 あるいは ProRes 422 ファイルとして収録することや、4K から HD へのリアルタイムスケーリングを実現します。
  • 撮影から編集への連携と高率化 - Canon C500 : ライブ ディベイヤリングすることで、Apple ProRes 444 あるいは ProRes 422 でのオンボード収録を実現します。また Mac システムに接続された対応ストレージに対して Thunderbolt を経由した Raw データのパススルー出力が可能です。Sony F55 : 3G-SDI 4本のベースバンド入力と 4K ProRes 収録に対応します。その他の SDI 対応 HD カメラ : 例えば、Canon C300 でのハードディスクレコーディング、さらに Sony F3 での 10bit 4:4:4 収録にも対応します。
  • 手頃な価格 - Ki Pro Quad は、ほかの 4K レコーダーよりも大幅に低い価格で提供されますが、4K プロダクションで必要とされるパワーと機能を備えます。どのような価格においても Ki Pro Quad の様な革新的な機能を備えるレコーダーは見当たりません。
  • 証明されたパフォーマンス - Ki Pro Quad は、Ki Pro ファミリーを成功へと導いたパフォーマンスと信頼性の原則に基づいて製品化され、データレートを抑えた 4K 解像度の ProRes ファイルは、Thunderbolt/USB3.0 をサポートする AJA の新しいメディア リーダー "PakDock"を介して、対応する Mac に容易にバックアップする事が可能です。リモートコントロールやオートメーション機能に関しては、Ki Pro Mini と同じ機能が備わり、Ki Pro Mini で使用するマウンティングオプションが使用できるため、Ki Pro Quad への移行はほぼシームレスに行うことができます。


Ki Pro Quad の機能、および製品の仕様詳細については、http://www.aja.com/en/products/ki-pro-quad をご覧ください。


【AJA Video Systems社について】
放送およびポストプロダクション向けデジタルビデオソリューションメーカーであるAJA Video Systems (エイ・ジェイ・エイ・ビデオシステムズ)社は、放送用ビデオ機器産業が集積する米国カリフォルニア州グラスバレーに1993年に設立されました。PCI およびFireWire接続の非圧縮ビデオキャプチャデバイス等のデスクトップビデオ製品、クオリティの高さで定評を獲得したビデオコンバーターを設計・ 製造しています。

ウェブサイト:http://www.aja.com
ウェブサイト[日本語]:http://www.aja-jp.com


■本リリースに関する問合せ先
株式会社 アスク
代表者名 代表取締役 武藤 和彦
製品担当 三沢宙
メールアドレス  このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
電話:03-5215-5676 / FAX:03-6672-6858
住所 千代田区九段南4-8-21 山脇ビル11F

プレスリリースその他のニュースは、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性があります。あらかじめご了承ください。

トレードマーク付きの会社名や製品名は、それぞれの会社の商標です。

株式会社 アスク メディア&エンタープライズ事業部 (ASK M&E) が提案する、放送・業務用からプロシューマーまでの映像制作にフォーカスした製品を紹介します。

Copyright © 2021 ASK Corporation. All rights reserved.