AJA社、KONA 4 のAdobe Creative Cloud サポートを発表

kona4adobe.1

米国報道発表資料抄訳 - 2014年9月12日

 

AJA KONA 4と新しいWindowsドライバにより、HD、2K、4Kの入出力を実現


グラスバレー CA (2014年9月12日) - AJA Video Systems社は、 IBC2014において、プロフェッショナル デスクトップビデオおよびオーディオI/O カードであるKONA 4が、Adobe® Creative Cloud®のフラッグシップ ビデオ アプリケーションの最新バージョンをサポートすることを発表しました。 AJAのWebサイトから無償でダウンロードできるデバイスドライバやプラグインソフトウェアにより、Adobe Premiere® Pro CC、Adobe Aftter Effects®CC、Adobe SpeedGrade® CCを含むAdobeのビデオアプリケーションにおいて、4K、UltraHD、2K、およびHDを網羅するKONA 4の比類なき機能を利用することが可能となります。Adobe Creative Cloudには、Adobe Premiere ProやPhotoshop、AfterEffects、Illustrator等、多くの方に好まれるデスクトップアプリの最新バージョンが含まれています。

Adobe Systems社、ストラテジック リレーション ディレクター Simon Williams氏は次のように述べています。
「当社のお客様には柔軟なワークフローオプションが必要なので、私たちは高解像度のポストワークフローを簡素化すべく、最新のAdobe Creative Cloudリリースで信じられないほどの新機能とパフォーマンスの向上を提供しています。AJAのKONAファミリーは、Adobe Creative Cloudをサポートし、すばらしいキャプチャ/再生パフォーマンスを提供します。 AdobeとAJAのシナジー効果は、HD、2K、4K、あるいはそれを超えて作用し、ポストプロのための新しい可能性を開きます。」

AJA Video Systems社、社長 Nick Rashby氏は次のように述べています。
「Adobe と AJAは、高フレームレートの映像を扱うことにおいて、メディア制作のために単純化されたワークフローを創造的なコミュニティに提供するべく、長年にわたり協力してきました。 この最新のサポートにより、Adobe Creative Cloudユーザーは、KONA 4による最高の画質を維持しながら、マルチフォーマット4K、UltraHD、HD、およびSDファイルのインジェスト、モニタリングを合理的に管理することができます。 」

KONA 4は従来、サードパーティ開発者向けのチャネルを通じてのみ利用可能でしたが、この度、Windows 7とWindows 8用ドライバの提供とリテール製品としての販売が開始となりました。 また、Windows上でのインジェスト、再生、出力をサポートするAJA Control Room ソフトウェアが、最新アップデートによりKONA 4をサポートしています。

KONA 4の主な機能:

  • 4KとUltraHDにおける60pまでのフレームレートでの入力と出力をサポート
  • 10bit 4K/Ultra HD, 2K/Dual-link/HD/SD入出力
  • HDMI 2.0bによるUltraHD 50/60p 8bit 4:2:0出力
  • 10bit リアルタイム アップ、ダウン、クロスコンバージョン
  • 8ch. AES/EBU、HDMI 8chエンベデッド、SDI 16ch. エンベデッドデジタルオーディオI/Oサポート
  • 4:2:2, 4:4:4ワークフローサポート
  • 外部との接続性を拡張するK3G-BOX(ブレイクアウトボックス)オプション
  • Windows 7およびWindows 8上でのAJAドライバとアプリケーションのサポート


ご購入について:
KONA 4は、AJA販売代理店の世界的なネットワークを通じて購入可能です。その他、AJA製品の詳細については www.aja.com をご覧ください。

【Adobe Creative Cloudについて】
Adobe Creative Cloudにおいて、あなたの制作アプリケーションは常に進化しています。 IBCでAdobe Systems社はAdobe Premiere Pro CCとAdobe After Effects CCを含むクリエイティブクラウド ビデオ アプリにもたらされる次の革新の波をプレビューしています。 新たな発展機能として、メディアとプロジェクト管理機能にまつわる時間短縮、およびビデオ デスクトップアプリの全てにわたりHiDPIをサポートする洗練されたユーザーインターフェイスが含まれます。頻繁に行われる機能リリースにより、クリエイティブクラウドメンバーは、業界の動向や新しいハードウェア、新しいフォーマットに簡単に身を置くことができます。Adobe Creative Cloudの新機能の詳細は、www.adobe.com/go/video またはIBCホール7、スタンド7G27をお訪ねください。

【AJA Video Systems社について】
1993年の創業以来、AJA Video Systems社はプロフェッショナルな放送、ポストプロダクション業界に向けて高品質でコスト効率の高いデジタルビデオ製品を供給する、ビデオインターフェイスや変換ソリューションの大手メーカーです。 AJA製品の設計・製造はカリフォルニア州グラスバレーにある自社の施設内で行われ、世界中のリセラーやシステムインテグレーターを通じて広範囲な販売チャネルに販売されています。詳細については、当社のウェブサイトをご覧ください。

ウェブサイト:www.aja.com
ウェブサイト[日本語]:www.aja-jp.com


■本リリースに関する問合せ先
株式会社 アスク
代表者名 代表取締役 武藤 和彦
製品担当 三沢宙
メールアドレス このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
電話:03-5215-5676 / FAX:03-6672-6858
住所 千代田区九段南4-8-21 山脇ビル11F

株式会社 アスク メディア&エンタープライズ事業部 (ASK M&E) が提案する、放送・業務用からプロシューマーまでの映像制作にフォーカスした製品を紹介します。

Copyright © 2019 ASK Corporation. All rights reserved.