CION_nowshipping

これまでにないほど簡略化された 4K ワークフローでプロダクションの最大化とポスト作業の最小化を可能にします。

グラスバレー、カリフォルニア州(2014年12月22日)-AJA Video Systems社は、4K / UltraHD / 2K / HD プロダクションカメラ "CION" の世界各国市場に対する出荷開始を発表しました。軽量且つ人間工学に基づいたデザイン、比類なき接続性を持つCION™は、4K / UltraHD / 2K / HD解像度での撮影が可能です。カメラ内部収録は12-bit ProRes 444を含むApple ProRes ファミリーのコーデックで費用効果の高いAJA Pak SSDメディアに直接記録し、最大4K60pまでの収録を可能にします。ProResコーデックでの記録は、あらゆるポストプロダクションアプリケーションに即座の編集と互換性を提供します。また、CIONはAJA RAW出力による最大4K120pのハイフレームレートも可能にします。CIONは、12-bit ProRes 444をカメラ内部で収録することができる唯一の4K / Ultra HDカメラです。

他の特長として、同クラスのどのカメラよりも多くのモニタリング出力系統を備え、同時に内蔵モニターやLAN接続によるブラウザ上でのビデオアシストも可能にします。CIONはあらゆる制作、撮影現場に適応するため、先進のモニタリングと柔軟性を提供します。ユーザーは、4K/UltraHD x2系統と2K/HD x3系統あるいは2K/HD x8系統の組み合わせを選択することができ、LAN接続を介してマルチカムのセットアップを施し、各カメラのフィードをチェックしたり、残りの記録時間も連動して表示されます。ユニークなLANポートとエンベデッドされたWebサーバにより、全ての設定と制御をリモート操作で容易に行えます。そのため、ユーザーがセットアップあるいはギャングコントロールによる複数のカメラ(CION)制御を標準的なWebブラウザを介してコントロールすることができます。軽量で非常に高い強度を誇るマグネシウム合金のボディ、肩の輪郭に合わせて作られたスエード製のショルダーパッドが搭載されたCIONは、簡単かつ快適にセットアップとオペレートを行えます。記録されたメディアは撮影現場でAJAのPak Dockを使用して、Thunderbolt™またはUSB3.0経由による高速な転送速度で編集用のファイルに即座にアクセス、またはアーカイブを実現することができます。サードパーティ製のレンズマウントにより、他のどんな4K / UltraHD カメラシステムよりも多くの互換性を持ちます。

AJA Video Systems 社長、Nick Rashby氏は次のように述べました。
「CIONは、長年の研究開発と技術的な独創性、情熱の集大成です。我々は発売できてこの上なく誇りに思います。フィルムのような驚異的な画質と色精度を実現するだけではなく、あらゆる解像度の制作環境でも高い柔軟性と容易な制御を可能にするユニークな機能セットを提供します。また、同時に高い信頼性とサポートで定評のあるAJA品質も提供します。」

CION 特徴

  • センサー:4K APS-C CMOSセンサー、グローバル電子シャッター、ダイナミックレンジ 12ストップ
  • 露光指数(EI):250, 320, 500, 800
  • ガンマ:Disabled, Normal, Normal Expanded, Video, Expanded 1
  • 記録フォーマット:Apple ProRes 4444, Apple ProRes 422(HQ), Apple ProRes 422, ProRes 422 (LT), Apple ProRes (Proxy)
  • 解像度:4K (4096x2160), UltraHD (3840x2160), 2K (2048x1080), HD (1920×1080) 2KおよびHDでの記録は、フル4Kセンサーからハードウェアスケーリングされるため、オーバーサンプリングによる高い画質と視野が保持されます。
  • メディア:256GB / 512GBのAJA Pak SSDメディア(Ki Pro Quad同様)を使用。Thunderbolt™またはUSB3.0経由でデータ転送を行えるオプションのAJA Pak Dock により、HDから4Kにおける10bitおよび12bitワークフローに対応
  • RAW サポート:3G-SDI経由で最大4K 120fps、またはThunderbolt™経由で最大4K 30fpsのAJA RAW出力をサポート
  • レンズマウント:業界標準のPLマウント、サードパーティ製のマウントアダプターによりCanon EF / FD, Nikon F / G, Leica M, ARRI バヨネット, PanavisionとB4 ENGレンズタイプが使用可能
  • バックフォーカス調整:メカニカルキャリブレーション(機械的校正)により、レンズとセンサー間の距離を調整して、細かく調整されたシャープな画質を確保します。
  • 光学ローパスフィルタとIRカットフィルタ:画像のディテールを保持し、不要なモアレを低減するにはOLPF(光学ローパスフィルタ)が有効です。赤外線 (IR) カットフィルターは不要な光の波長成分を遮断することにより、高い色再現性をもたらします。
  • インダストリアルデザイン:軽量なマグネシウム シャーシ、内蔵モニター、扱いやすい再生コントロール、最適な箇所に配置されたコネクタ類。カメラ本体と一体化されたチーズプレートは、シャーシのトップとボトムの両方に備わり、アクセサリー類の取付けを容易にします。全てのCIONアクセサリー接続部分は、15mmロッド、1/4-20 と 3/8-16ネジ、およびM6ロゼットなど、オープンスタンダードな仕様となっています。
  • ユーザーインターフェース:オペレーター側のパネルディスプレイでコントロールノブやボタンを使用して操作、またはWebブラウザを使用したLAN接続によるコントロール(ソフトウェアのインストールは不要)が可能です。

接続性

  • 4×3G-SDI / HD-SDI出力 (4K / UltraHD / 2K / HD)
  • 2×3G / HD-SDI モニター出力(オーバーレイをサポート)
  • 1×HDMI 1.4出力
  • 1×HDMI 1.3出力
  • 2× mic / line / 48V XLRアナログオーディオ入力
  • 2×LANC 制御ポート
  • 1×LTC入力コネクタ
  • 1×リファレンスコネクタ
  • 1x USBコネクタ
  • 1×10/100/1000 イーサネットLAN接続
  • 1 xMini TRS ヘッドフォンジャック
  • 1×4pin XLR電源コネクタ
  • 1×入力電源コネクタ(サードパーティ製バッテリープレートの取り付け用途)
  • 1×P-TAP 出力電源コネクタ
  • 1x Thunderbolt™コネクタ

価格/発売

CIONの価格は、国内定価¥1,220,000です。AJA Pak SSDメディアは、定価¥90,000 (256GB)と¥165,000 (512GB)で入手できます。また、SSDメディアリーダーのAJA Pak Dockは、定価¥51,000で入手可能です。CIONの追加情報やより詳しい機能説明については、www.aja.comをご覧ください。(※価格は全て税抜表示)

サードパーティのカメラアクセサリーメーカー Alphatron, MTF, Portabrace, Wooden Camera, Vocas, Zacuto, ARRIやその他のメーカーからすでに多くのアクセサリーが発売されています。レンズマウントやビューファインダー、CION専用の保護ケースなど、それぞれの販売チャンネルを通じて購入できます。AJA RAWのサポートは、AdobeやColorfrontなど、業界をリードするワークフロー会社によって既に発表されています。

 

【AJA Video Systems社について】
1993年の創業以来、AJA Video Systems社はプロフェッショナルな放送、ポストプロダクション業界に向けて高品質でコスト効率の高いデジタルビデオ製品を供給する、ビデオインターフェイスや変換ソリューションの大手メーカーです。 AJA製品の設計・製造はカリフォルニア州グラスバレーにある自社の施設内で行われ、世界中のリセラーやシステムインテグレーターを通じて広範囲な販売チャネルに販売されています。詳細については、当社のウェブサイトをご覧ください。

ウェブサイト:www.aja.com
ウェブサイト[日本語]:www.aja-jp.com

株式会社 アスク メディア&エンタープライズ事業部 (ASK M&E) が提案する、放送・業務用からプロシューマーまでの映像制作にフォーカスした製品を紹介します。

Copyright © 2019 ASK Corporation. All rights reserved.