AJA 社、KONA および Io シリーズの新ソフトウェアと AJA Control Room のアップデートを発表

new kona and io software with aja control room

米国報道発表資料抄訳 - 2015年4月13日

AJA 社、KONA および Io シリーズの新ソフトウェアと AJA Control Room のアップデートを発表

ネバダ州ラスベガス、NAB カンファレンス ブース #SL2505(2015年4月13日) - AJA Video Systems 社は、KONA および Io シリーズ向けの新しいソフトウェア v12.2 をリリースしました。

このアップデートでは、AJA CION からの最大 4K 60fps の AJA Raw 信号を、Io 4K を経由して Chinema DNG ファイルとして Mac と Windows にキャプチャーする新機能が追加されました。KONA 4 では Windows 環境において、CION からの最大 4K 120fps の信号を AJA Raw ファイルでキャプチャーすることが可能になりました。更に、KONA 4、KONA 3G、Io 4K は、AJA Control Room と今週 Avid から発表される Avid Media Composer v8.4 において、4K Avid DNxHR でのキャプチャーに対応します。

AJA Control Room はクロスプラットフォームの取り込み、再生、出力を行える統合ソフトウェアです。最新の KONA と Io シリーズで無料にてご使用いただけます。

AJA Video Systems 社、社長 Nick Rashby 氏は次のように述べています。

「今年の NAB で私たちは新しい記録方法を発表します。AJA Raw サポートは、既に KONA 4 や Io 4K デバイスを制作に使用している多くの CION カスタマーに対して、オンセットまたは編集室において費用対効果が高く柔軟な CION の Raw ワークフローを提供します。また、Avid 社の新しい DNxHR コーデックへの対応は、扱い易いファイルサイズで高品質な 4K を仕上げるためのさらなるオプションを追加します。」

ドライバーとプラグインが統合された v12.2 ソフトウェアには、ストリーミングクライアントに向けて拡張された、AJA Io Express と Telestream Wirecast ソフトウェアのサポートが含まれています。

AJA Video Systems について

1993年の創業以来、AJA Video Systems 社はプロフェッショナルな放送、ポストプロダクション業界に向けて高品質でコスト効率の高いデジタルビデオ製品を供給する、ビデオ インターフェイスや変換ソリューションの大手メーカーです。 AJA 製品の設計・製造はカリフォルニア州グラスバレーにある自社の施設内で行われ、世界中のリセラーやシステム インテグレーターを通じて広範囲なチャネルに販売されています。詳細については、当社のウェブサイトをご覧ください。

本リリースに関する問い合わせ先

AFC (AJA Fulfillment Center / エイジェイエイフルフィルメントセンター)
メールアドレス : このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
TEL:0120-973-562 / FAX:03-6913-9590
所在地 : 東京都千代田区九段南4-8-21 山脇ビル11F

株式会社 アスク メディア&エンタープライズ事業部 (ASK M&E) が提案する、放送・業務用からプロシューマーまでの映像制作にフォーカスした製品を紹介します。

Copyright © 2019 ASK Corporation. All rights reserved.