Square Box Systems 社、CatDV Social を発表

announcing catdv social

英国報道発表資料抄訳 - 2017 年 5 月 2 日

独自のコラボレーションツールにより、CatDV Web および デスクトップユーザーインターフェイス内から、情報共有、連携、アセットの共有が可能に

イギリス、ウォーリック (2017 年 4 月 19 日) ─ Square Box Systems 社は、業界トップクラスのメディアアセットマネジメント (MAM) システム CatDV の強力なコミュニケーションとコラボレーションツール CatDV Social を発表しました。CatDV Social は、CatDV Web 2.2 Advanced とデスクトップユーザーインターフェイスの両方で利用可能です。ユーザーが直ぐに使い始められる、リアルタイムのチャットとグループディスカッションが行える、統合型メッセージアプリケーションです。

CatDV Social は、CatDV のユーザーインターフェイス内に Skype 風のパネルとして表示され、ユーザーは他のユーザーにメッセージを送信したり、プロジェクトや CatDV アセットのコレクションに関する情報を共有するために「channels」を公開することができます。 CatDV Social には独自のポリシーに基づく「push notification」システムも含まれていて、ユーザーに着信したメッセージは即座に通知されます。

CatDV Social 内のメッセージ機能ではファイル添付が行えます。ユーザーは当座のワークフローのために 1つまたは複数のクリップを送信できます。 例えば、ユーザーは「このクリップ全て見直して、Fred にコメントを送ってほしい」といったメッセージとともにクリップセットを送信することができます。

Square Box Systems 社 CEO、Dave Clack 氏は以下のように述べています。

「Square Box Systems では、ユーザーのメディアアセットに対してのアクセス、共有、再利用を可能な限り透明かつ簡単に行えるように取り組んでいます。CatDV Social はその最新の実例です。その他の MAM プロバイダーはこのようなチームコラボレーションとコミュニケーションツールを提供していません。アセットを共有することは、物理的にホールを歩きながら同僚と雑談するのと同じくらいに簡単です。」

Square Box Systems 社について

Square Box Systems 社はメディアアセットマネジメントとプロダクションワークフローの専門企業です。業界を牽引する CatDV アプリケーションは 2001 年の立ち上げより、混沌に陥りがちなメディアファイルマネジメントに秩序をもたらし、コンテンツの所有者が簡単にアセットの再利用やマネタイズを行えるようにしてきました。

CatDV は強力で親しみやすいツールセットにより、さまざまなワークフローベンダーと合理的に統合します。CatDV ソフトウェアは Mac® と Windows® のプラットフォームで動作し、小規模な複数人のワークグループから数百万のアセットを管理するエンタープライズソリューションまであらゆる規模に対応します。

Square Box Systems 社は 2012 年に名誉ある Queen's Awards for Enterprise Innovation をエリザベス 2 世女王陛下より授与されました。CatDV はその他にも、Creative Cow's Blue Ribbon for Best Asset Management Tool や Videography Magazine's Best of NAB Vidy Award を含む多くの賞を受賞しています。

Square Box Systems 社はイギリスに本拠地があり、世界中にあるディストリビューターや販売会社のネットワークを通じて CatDV を販売し、ワークフローデザイン、ローカル環境への組み込み、コンサルティング、サポートを提供しています。より詳しい情報については www.squarebox.com でご確認いただけます。

本リリースに関するお問い合わせ先

正規代理店 : 株式会社 アスク
担当部署 : メディア&エンタープライズ事業部
製品担当 : 前田 善弘
メールアドレス : このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
電話 : 03-5215-5676 / FAX : 03-6672-6858
所在地 : 東京都千代田区九段南4-8-21 山脇ビル11F

株式会社 アスク メディア&エンタープライズ事業部 (ASK M&E) が提案する、放送・業務用からプロシューマーまでの映像制作にフォーカスした製品を紹介します。

Copyright © 2018 ASK Corporation. All rights reserved.