Telestream、Lightspeed Live Stream と Lightspeed Live Capture を発表

Lightspeed Live

米国報道発表資料抄訳 - 2016 年 4 月 6 日

ライブ放送と同時にストリーミング配信や OTT コンテンツの配信を可能にする新しいエンタープライズクラスのライブストリーミング製品とキャプチャー製品を発表

カリフォルニア州ネバダシティ 2016 年 4 月 5 日─Telestream® は本日、Lightspeed Live Stream と Lightspeed Live Capture を発表しました。これら 2 つの新製品は、メディアやエンターテインメント関係の企業、組織、行政機関、教育機関向けのリアルタイム配信に対応したエンタープライズクラスのストリーミングアプリケーションとキャプチャーアプリケーションです。

Lightspeed Live Stream はアダプティブビットレートでのライブストリーミング向けにリアルタイムコンテンツを準備する問題を解決します。一方、Lightspeed Live Capture は独立した SD、HD もしくはシングルチャンネルの UHD を収録します。Lightspeed Live Stream と Lightspeed Live Capture はどちらも NAB 2016 (ブース No.SL4525) で公開予定です。

Telestream はニュース、スポーツ、そして特別番組を扱う放送局の間で増え続ける、OTT サービスに生番組を一斉に送信する要求に応えて Lightspeed Live Stream を開発しました。Lightspeed Live Stream は生番組を最高品質でエンコードし、オリジンサーバーもしくは CDN を経由して一斉にストリーミングを行います。

Lightspeed Live Capture アプリケーションは、Lightspeed Live Stream と同じサーバーにインストール可能で、ストリーミングの前処理を行うために Vantage で同時にソースビデオをキャプチャーします。今までのワークフローは、各アプリケーションが個別に処理をする直列型のサイロ型システムに多くを頼っていました。Telestream の Vantage プラットフォームと Lightspeed Live サーバーとアプリケーションの CPU/GPU の能力を組み合わせ、密接に統合された最新の並列型ファイルベースのオープンワークフローは、可能な限り高速にすべてのアセットを配信します。

Telestream 社 CEO、Shawn Carnahan 氏は次のように語っています。

「視聴習慣の発展を見れば、我々の顧客はファイルベースとライブワークフローがより緊密に統合することを明確に望んでいると言えます。その要求とは、ライブキャプチャー、ライブストリーミング、そしてマルチプラットフォームのファイル処理を含むメディア間を接続するプロセスすべてが、緊密に出来る限り並行に行われることです。それは配信先の仕組みそれぞれで使用されているデバイス・プラットフォームの垣根なしに行われます。」

どちらのアプリケーションも Telestream の Lightspeed Live server 上で独立して動作しますが、Telestream の Vantage プラットフォームと組み合わせることで完璧なワークフローとして組織化され、最も大きな効果を発揮します。

Lightspeed Live Stream は 3G ベースバンド (SDI) 経由でコンテンツを受信し、同様に 10Gb Ethernet 経由で IP ソースを受信します。出力は RTMP もしくは HTTP Live Streaming (HLS) や MPEG DASH パッケージ経由で配信されます。SD、HD、そして UHD (AVC と HEVC) の解像度に対応しています。複数のメインストリーミング出力を並列して生成するこのシステムは、リアルタイムでストリーミングプロキシも各チャネルごとに同時生成します。

Lightspeed Live Capture は独立したキャプチャーシステムとして動作するだけでなく、ライブエンコーディング性能も利用できます。多数の高品質な中間ファイルフォーマットが Vantage メディアプロセッシングプラットフォームには内蔵されていて、その中間フォーマットを利用してライブキャプチャーが行えます。この組み合わせを通じて、リアルタイムストリーミング能力と Vantage が提供する、あらゆる範囲に対応したビデオ処理の両方を同時に使用することができます。

Carnahan 氏は語ります。

「我々は常にソフトウェア会社として存在しており、このことは開発に大きな影響を与えています。そして、エンコーディングとワークフローオートメーションを重視しながら最先端を前進しています。これらの新しいライブアプリケーションは Vantage Open Workflows と一体となって、より多くの並列処理と同時配信を可能にします。」

Lightspeed Live Stream と Lightspeed Live Capture はどちらも 2016 年中旬に販売開始予定です。

トレードマーク付きの会社名や製品名は、それぞれの会社の商標です。

Telestreamについて

Telestream は、世界規模のライブやオンデマンドでのデジタルビデオに関わるツールとワークフローソリューションを提供します。 Telestream 製品は、個人や企業が、デスクトップからエンタープライズまで、制作、配信、視聴方法に関わらず、映像をあらゆる視聴者へ容易に提供 することを可能にします。そして、メディア及びエンターテイメントの分野で活躍している世界中の企業の多くが、業務の合理化や収益の増進を図るために Telestream 製品を活用し、オンラインやモバイル配信向けのビデオ制作のワークフローを簡単にするために、ますます多くのプロビデオ関係者が Telestream に注目しています。Telestream 製品は、映像の取込みから配信まで幅広いラインナップを取りそろえています。エンタープライズクラスの製品には、ビデオキャプチャデバイス、ビデオトランスコード、ワークフローを自動化するサーバーソフトウェアがあり、デスクトップ向け製品に は、エンコーディング、ライブウェブキャスティング、スクリーンキャスティングおよびコンポーネントソフトウェアがあります。 Telestream は、様々なデジタルメディア系のリーディングカンパニーと提携し、デスクトップからエンタープライズまで幅広いビジネス環境において、あらゆるデジタルメディアの価値を向上するための製品とソリューションを提供しています。本社はカリフォルニア州ネバダシティに所在しています。

本リリースに関するお問い合わせ先

正規代理店 : 株式会社 アスク
担当部署 : メディア&エンタープライズ事業部
製品担当 : 前田 善弘
メールアドレス : このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
電話 : 03-5215-5676 / FAX : 03-6672-6858
所在地 : 東京都千代田区九段南4-8-21 山脇ビル11F

株式会社 アスク メディア&エンタープライズ事業部 (ASK M&E) が提案する、放送・業務用からプロシューマーまでの映像制作にフォーカスした製品を紹介します。

Copyright © 2019 ASK Corporation. All rights reserved.