eol episode

米国報道発表資料抄訳 - 2016 年 8 月 29 日

Episode の開発終了に関するよくあるお問い合わせ

Episode が開発終了に至った経緯

「人々は集中するということは、集中できる物事に Yes と答えることだと考えている。しかし、それだけではすべてを表していないのだ。他に存在する 100 の良いアイディアに対し、No と答えることをも意味する。選択は慎重に行わなければならない。私は実際に、為してきた物事と同様に、為してこなかった物事にも誇りを持っている。革新するということは 1,000 もの物事に No と答えることなのだ。」
─ Steve Jobs の言葉より

Telestream では、われわれ自身を革新者であるべきだと捉えています。そして時として、われわれは複数の優れた行動指針の中からどれを選択するべきかという重大な議論を行います。Telestream の中核事業である拡張可能なトランスコーディングやワークフローオートメーション、ストリーミング、クラウド事業に、より集中し革新を起こしていくために、デスクトップ向けのエンコーディング製品といった、他の製品からの撤退が必要だと判断しました。われわれは、この判断に伴うあらゆる中断に謝罪し、製品の保証期間が終わるまでサポートを提供することに尽力します。

開発終了が決まった製品は何ですか?

以下の 3 製品です。

  • Episode
  • Episode Pro
  • Episode Engine

販売終了はいつですか?

スケジュールは以下の通りです。

  • 販売終了 : 2017 年 1 月 31 日
  • サポートの終了 : 2018 年 1 月 31 日

販売終了後に Episode の機能を使用し続けることはできますか?

もちろん、お客さま自身のワークフローに合致している間、Episode 製品を使い続けることは可能です。販売終了となる 2017 年 1 月 31 日以降、Telestream はバグフィックスや機能のアップデートを行いません。そして、2018 年 1 月 31 日以降はサポートの提供も終了致します。

Episode 製品の代わりとなるソリューションはありますか?

お客さま自身のワークフローに合致している間、Episode 製品を使い続けることは可能です。別の手段として、Telestream の、業界を牽引するトランスコーディングソリューションである Telestream Cloud や、トランスコーディングとワークフローオートメーション製品 Vantage に移行する選択肢もあります。

Telestream Cloud や Vantage を選択する理由は何ですか?

  • Episode や Episode Pro をお使いの方には Telestream Cloud への移行をお勧めします。
    • Telestream Cloud はクラウドで実行される高品質なビデオエンコーディング SaaS (software-as-a-service) です。Telestream Cloud の料金体系は、前払い制の月額サブスクリプションとなっています。ワークフローの変更に対し支払いが発生せず、迅速にスケーリングが行えます。これにより Episode をお使いの方は、新しいシステムに些細な投資を行うことで、より速く強力なトランスコーディング機能を利用できます。さらに、Telestream では多くの Episode プリセットを Telestream Cloud 内に作成しているため、現在のワークフローから簡単に移行を行えます。
  • Episode Engine をお使いの方は、 Telestream Vantage への移行をお勧めします。
    • Vantage® はパワフルで拡張可能なソフトウェアを利用できるメディアプロセッシングプラットフォームで、撮影から配信まですべてのメディアサービスの管理を行えます。Episode をお使いの方は、必要なすべてのフォーマットを利用でき、現在のワークフローよりも高速なパフォーマンスと改善されたワークフローオートメーション能力を手に入れられます。Telestream は Episode Engine をご利用いただいている方に Vantage Transcode、Transcode Pro、Transcode Pro Connect を 30% オフで提供します。

販売終了と移行発表の後、 Episode に新機能は追加されますか?

いいえ、新機能が開発されたり、改善の要求に応えることはありません。

Premium Support の購入者は、サポートを引き続き受けられますか?

Premium Support をご購入いただいている方は、契約期間中はサポートを受けられます。Premium Support 契約を更新する場合、サポートの終了日は最長で 2018 年 1 月 31 日です。

Telestream Cloud もしくは Vantage は、Episode のプリセットを統合できますか?

Telestream Cloud は、ワークフローの移行をしやすくするために Episode を元に多数のプリセットを作成しています。

Telestream Cloud もしくは Vantage に切り替えるにあたり、何か優待プログラムはありますか?

  • Telestream は Episode Engine をご利用いただいている方に Vantage Transcode、Transcode Pro、Transcode Pro Connect を 30% オフで提供します。
  • Telestream Cloud の 30 日フリートライアルを利用可能です。

ご不明な点については、下記までお問い合わせください (英語)。

このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 にメールを送信

Telestream について

Telestream は、世界規模のライブやオンデマンドでのデジタルビデオに関わるツールとワークフローソリューションを提供します。 Telestream 製品は、個人や企業が、デスクトップからエンタープライズまで、制作、配信、視聴方法に関わらず、映像をあらゆる視聴者へ容易に提供 することを可能にします。そして、メディア及びエンターテイメントの分野で活躍している世界中の企業の多くが、業務の合理化や収益の増進を図るために Telestream 製品を活用し、オンラインやモバイル配信向けのビデオ制作のワークフローを簡単にするために、ますます多くのプロビデオ関係者が Telestream に注目しています。Telestream 製品は、映像の取込みから配信まで幅広いラインナップを取りそろえています。エンタープライズクラスの製品には、ビデオキャプチャデバイス、ビデオトランスコード、ワークフローを自動化するサーバーソフトウェアがあり、デスクトップ向け製品に は、エンコーディング、ライブウェブキャスティング、スクリーンキャスティングおよびコンポーネントソフトウェアがあります。 Telestream は、様々なデジタルメディア系のリーディングカンパニーと提携し、デスクトップからエンタープライズまで幅広いビジネス環境において、あらゆるデジタルメディアの価値を向上するための製品とソリューションを提供しています。本社はカリフォルニア州ネバダシティに所在しています。

本リリースに関するお問い合わせ先

正規代理店 : 株式会社 アスク
担当部署 : メディア&エンタープライズ事業部
製品担当 : 前田 善弘
メールアドレス : このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
電話 : 03-5215-5676 / FAX : 03-6672-6858
所在地 : 東京都千代田区九段南4-8-21 山脇ビル11F

プレスリリースその他のニュースは、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性があります。あらかじめご了承ください。

トレードマーク付きの会社名や製品名は、それぞれの会社の商標です。

資料ダウンロード

製品に関するカタログやテクニカルノートなど、幅広く資料をご用意しております。

まずは資料をダウンロードしてみましょう。

株式会社 アスク メディア&エンタープライズ事業部 (ASK M&E) が提案する、放送・業務用からプロシューマーまでの映像制作にフォーカスした製品を紹介します。

Copyright © 2022 ASK Corporation. All rights reserved.