PressImage Vidcheck

米国報道発表資料抄訳 - 2016 年 9 月 7 日

クラス最高のファイルベース QC テクノロジー Vidcheck の統合で Telestream 製品のラインアップが拡充

カリフォルニア州ネバダシティ (2016 年 9 月 5 日) ─ デジタルメディアツールとワークフローソリューションの先進企業 Telestream® は本日、 英国を拠点とする品質制御 (Quality Control : QC) 技術の専門会社 Vidcheck を買収したことを発表しました。2009 年に創設された Vidcheck は、ファイルベースのプロダクションワークフローにおける自動 QC ソリューションの先進開発企業として知られています。このシステムソリューションは、ITV、BBC、CBS をはじめ、その他多くの放送局、公共施設、世界中のコンテンツ所有者に採用されています。今回の買収が完了し新たな体制となることは、IBC (ブース No 7.B26) にて賞賛を受けるでしょう。

ここ数年、Vidcheck の QC 技術は特にヨーロッパ市場において、重要な商業的成功を収めてきました。同社のフラッグシップ製品 Vidchecker は、訂正機能を備えたファイルベースの QC 製品の金字塔であり、強力かつ継続して年毎に採用数を伸ばしてきました。同様に、Telestream のメディアプロセッシングプラットフォーム製品 Vantage も直近の 6 年間、世界中で急激に採用数が増加しています。Telestream は Vidcheck の成功を基礎に、全世界での採用数をより拡大し、商取引と市場での存在感を強化することで、より効果的で効率的なソリューションをお客様に提供します。

Telestream 社 CEO、Dan Castles 氏は以下のように述べています。

「Vidcheck のチームと製品ラインアップは、我々の専門分野とよく馴染みます。

それは、我々が買収した優れた技術と製品だけではなく、Telestream のリソースを強化する、才能に恵まれた有能で情熱的なチームも含まれます。 我々は、両社のノウハウが混ざり合うことで大きな力を発揮し、世界中のお客様にとって、より完璧で刺激的な製品を提供できることを楽しみにしています。」

Vidcheck 社 CEO、Thomas Dove氏は以下のように述べています。

「Telestream は Vidcheck の技術面、商業面、文化面で優れた母体となるでしょう。

両社は相補的な技術を擁しており、それはどちらの製品群にも提供されるようになります。最も明白なのは、Vidchecker の自動 QC が Vantage に完璧に適合するようになることです。Telestream の商圏とサポートにより、Vidchecker は自然により多くのお客さまに利用されるようになると考えています。特に北アメリカにおいては顕著に採用数が増加するでしょう。Telestream の一部となることで、Vidcheck は次の成長段階へ移行するための強力な発射台が得られます。」

Vidchecker は全世界の主要な放送局の多くで採用されているファイルベース QC ソリューションです。今回の買収のニュースに対し、使用者からは非常に前向きな反響を得ています。その一例が、英国を拠点とする商業放送 ITV です。ITV のコンテンツ技術ヘッド David Hornsby 氏は以下のように述べています。

「Vidchecker は ITV にとって信頼できるツールで、我々の制作したコンテンツを保証するために使われています。高画質が得られ、オンラインプラットフォームやリニア放送で求められるあらゆるフォーマット仕様に対応します。今までにないフォーマットや規格の増大の中で、継続して改善されることを期待しています。Vidcheck は 今回 Telestream に買収されましたが、Telestream の持つ Vantage プラットフォームは、ITV のコンテンツ配信プラットフォームの中心となっています。」

トレードマーク付きの会社名や製品名は、それぞれの会社の商標です。

Vidcheck と Vidchecker について

Vidcheck は放送業界の要求に焦点を合わせた、ファイルベースデジタルビデオの映像と音声の確認と修正を自動で行う、洗練された高度なソフトウェアを費用対効果の高い価格で提供しています。

Vidchecker は Windows に簡単にインストール可能な、PC / サーバ向けのアプリケーションです。人の目や手を使って映像や音声を波形モニターやオーディオラウドネスメーターで規格に適合しているかを確認し、ビデオプロセッシングアンプやその他のツールを使用して手作業でレベル修正を行う重労働を不要にします。GUI (操作画面) にはローカルマシンからでもネットワーク越しでも、ウェブブラウザ経由でアクセスが行えます。配信前後にファイルベースのビデオを確認することに最適化されていて、放送局でポストプロダクションから受け取ったファイルを確認したり、コンテンツ配信者がファイルの映像と音声のパラメータとレベルを適性にし、確実に放送規格にするために使われています。

Telestream について

Telestream は、世界規模のライブやオンデマンドでのデジタルビデオに関わるツールとワークフローソリューションを提供しています。 Telestream 製品は、個人や企業が、デスクトップからエンタープライズまで、制作、配信、視聴方法に関わらず、映像をあらゆる視聴者へ容易に提供することを可能にします。

そして、メディア及びエンターテイメントの分野で活躍している世界中の企業の多くが、業務の合理化や収益の増進を図るために Telestream 製品を活用し、オンラインやモバイル配信向けのビデオ制作のワークフローを簡単にするために、ますます多くのプロビデオ関係者が Telestream に注目しています。

Telestream 製品は、ビデオキャプチャーとインジェスト、ライブとオンデマンドのエンコーディングとトランスコーディング、キャプションの追加、プレイバックと検査、配信、そしてストリーミングといった、デジタルメディアのライフサイクル全体に関わっています。更には、ワークフロー全体のオートメーションと調整も行います。

Telestream の本社はカリフォルニア州ネバダシティに所在しています。株式非公開会社です。

本リリースに関するお問い合わせ先

正規代理店 : 株式会社 アスク
担当部署 : メディア&エンタープライズ事業部
製品担当 : 前田 善弘
メールアドレス : このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
電話 : 03-5215-5676 / FAX : 03-6672-6858
所在地 : 東京都千代田区九段南4-8-21 山脇ビル11F

株式会社 アスク メディア&エンタープライズ事業部 (ASK M&E) が提案する、放送・業務用からプロシューマーまでの映像制作にフォーカスした製品を紹介します。

Copyright © 2019 ASK Corporation. All rights reserved.