VantageLightspeedLive

米国報道発表資料抄訳 - 2017 年 1 月 10 日

Lightspeed Live Capture に 2 つの新機能が追加

カリフォルニア州ネバダシティ (2016 年 12 月 28 日) ─ デジタルメディアツールとワークフローソリューションの先進企業 Telestream® は、Lightspeed Live Capture が VTR コントロールと CalDAV に対応したことを発表しました。

Lightspeed Live Capture により、ライブイベントやライブ放送の映像をファイルベースワークフローで自動的に使えるためのキャプチャーが行えるようになります。複数のビデオフォーマットのインジェストに対応しており、中間ファイルや H.264 プロキシファイルを生成し、それらをローカルもしくは外部ストレージに保存します。

今回、Lightspeed Live Capture に以下 2 つの新機能が追加されました。

  • Video Tape Recorders (VTR) のキャプチャー操作を RS-422 経由でコントロール
  • リモートサーバ上のスケジュール情報にアクセスするネットワーク規格である CalDAV を経由した、スケジュールキャプチャー操作

Lightspeed Live Capture はスタンドアローンのキャプチャーデバイスとして操作可能です。複数サーバーのキャプチャーシステムの一部として動作させたり、Vantage ドメインに追加が行えます。あらゆる大きさの Vantage ドメインに対応しているため、ワークフローの可能性は無限に開かれます。

Telestream について

Telestream は、世界規模のライブやオンデマンドでのデジタルビデオに関わるツールとワークフローソリューションを提供しています。 Telestream 製品は、個人や企業が、デスクトップからエンタープライズまで、制作、配信、視聴方法に関わらず、映像をあらゆる視聴者へ容易に提供することを可能にします。

そして、メディア及びエンターテイメントの分野で活躍している世界中の企業の多くが、業務の合理化や収益の増進を図るために Telestream 製品を活用し、オンラインやモバイル配信向けのビデオ制作のワークフローを簡単にするために、ますます多くのプロビデオ関係者が Telestream に注目しています。

Telestream 製品は、ビデオキャプチャーとインジェスト、ライブとオンデマンドのエンコーディングとトランスコーディング、キャプションの追加、プレイバックと検査、配信、そしてストリーミングといった、デジタルメディアのライフサイクル全体に関わっています。更には、ワークフロー全体のオートメーションと調整も行います。

Telestream の本社はカリフォルニア州ネバダシティに所在しています。株式非公開会社です。

本リリースに関するお問い合わせ先

正規代理店 : 株式会社 アスク
担当部署 : メディア&エンタープライズ事業部
製品担当 : 前田 善弘
メールアドレス : このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
電話 : 03-5215-5676 / FAX : 03-6672-6858
所在地 : 東京都千代田区九段南4-8-21 山脇ビル11F

株式会社 アスク メディア&エンタープライズ事業部 (ASK M&E) が提案する、放送・業務用からプロシューマーまでの映像制作にフォーカスした製品を紹介します。

Copyright © 2019 ASK Corporation. All rights reserved.