Telestream 社、Microsoft Azure 内のメディア処理に対応

PressImage VantageCloudPort2

シームレスかつインテリジェントなワークフローで、メディアに合わせてリソースを最適化

カリフォルニア州、ネバダシティ (2019 年 4 月 2 日) ─ 制作と配信向けに、ワークフローオートメーション、プロセッシング、品質の監視と管理のためのソリューションを提供している世界的な開発会社 Telestream® は本日、メディア処理サービス Vantage Cloud Port が Microsoft Azure 上の運用向けに開発され、認可されたことを発表しました。

Vantage Cloud Port は、オンプレミスのサービスと同一の動きをするようにコンテナ化されたマイクロサービスを用いることで、Vantage のプロセッシングアクションをクラウドでも違和感なく利用できます。これらのモジュラーは構成ブロックとして編成されていて、機能拡張または新規導入の場合でも最適な構成に対応します。既存あるいは新規導入した Vantage と Azure プラットフォーム間で、ワークフローや特定の動作をシームレスに転送することができます。

Telestream 社、メディアワークフロー & プロダクションプレジデント Anna Greco 氏は以下のように述べています。

「クラウドを利用する場合、予算の立てやすさと価格の優位性から理解しやすい従量課金制が求められます。Vantage Cloud Port と Telestream Cloud サービスを Azure 上で運用すれば、コンテンツの出力時間の長さに基づいたシンプルで予測可能な価格設定を実現できます。」

大規模で高解像度のメディアファイルを使用するすべてのワークフローが、クラウドで費用対効果が高いわけではありません。Vantage ロジックは、メディアの保存場所と使用領域に基づいて、オンプレミスで処理するか、クラウド上で処理するかを自動的かつインテリジェントに決定します。この「メディアに合わせる」ビジネスロジックは、組織のビジネスルールと調和して動作するという、Vantage プラットフォームの本質的な部分です。メディア企業が処理やメディアワークフローを拡大し、クラウドへと移行し続けている中でも、Vantage Cloud Port はいつでもワークフローを修正することができます。新たに何かを学習する必要はありません。既に Vantage を使用されているお客様は、Vantage Cloud Port を活用してオンプレミス処理を拡大できます。

Microsoft 社、Azure Media ジェネラルマネージャー Sudheer Sirivara 氏は以下のように述べています。

「Telestream の Vantage メディア処理ワークフローが Azure に対応したことを喜ばしく思います。今回の対応は、業界でも最先端のソリューションとクラウド以上のスケールを両社のお客様にもたらし、Microsoft の製品パートナーエコシステムでの選択肢を拡大するでしょう。われわれは協力し合うことで、メディアとエンターテイメントのワークフローを近代化し、業界に変化をもたらします。」

NAB にご来場いただくと最新の Vantage と新ソリューション Vantage Cloud Port を SL3308 ブースにてご覧になれます。

Vantage Cloud Port について、より詳しい情報は次のページにてご確認いただけます。 www.telestream.net/vantage/vantage-cloud-port.htm

Telestream について

Telestream は、世界規模のライブやオンデマンドでのデジタルビデオに関わるツールとワークフローソリューションを提供しています。 Telestream 製品は、個人や企業が、デスクトップからエンタープライズまで、制作、配信、視聴方法に関わらず、映像をあらゆる視聴者へ容易に提供することを可能にします。

そして、メディア及びエンターテイメントの分野で活躍している世界中の企業の多くが、業務の合理化や収益の増進を図るために Telestream 製品を活用し、オンラインやモバイル配信向けのビデオ制作のワークフローを簡単にするために、ますます多くのプロビデオ関係者が Telestream に注目しています。

Telestream 製品は、ビデオのキャプチャーとインジェスト、ライブとオンデマンドでのエンコーディングとトランスコーディング、キャプションの追加、プレイバックと検査、配信、ライブストリーミング、自動化や編成といった、デジタルメディアのライフサイクル全般に関わっています。また、iQ 製品群によって、あらゆるネットワーク越しにサービス品質の監視と管理も行えます。

Telestream の本社はカリフォルニア州ネバダシティに所在しています。株式非公開会社です。

# # #

当資料は、米国時間 2019 年 4 月 6 日に米国で発表されたプレスリリースの抄訳版です。

米国リリース原文 : www.telestream.net/company/press/2019-04-02-VCP-MSAzure.htm

本リリースに関するお問い合わせ先

正規代理店 : 株式会社 アスク
担当部署 : メディア&エンタープライズ事業部
製品担当 : 前田 善弘
メールアドレス : このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
電話 : 03-5215-5676 / FAX : 03-6672-6858
所在地 : 東京都千代田区九段南 4-8-21 山脇ビル 7F

トレードマーク付きの会社名や製品名は、それぞれの会社の商標です。

株式会社 アスク メディア&エンタープライズ事業部 (ASK M&E) が提案する、放送・業務用からプロシューマーまでの映像制作にフォーカスした製品を紹介します。

Copyright © 2019 ASK Corporation. All rights reserved.