PressImage IMFProducer

Vantage IMF Producer で IMSC 1.0 形式のサブタイトルと IMF ワークフローの自動化を実現

カリフォルニア州ネバダシティ (2020 年 2 月 24 日) ─ 制作と配信向けに、ワークフローオートメーション、メディアプロセッシング、品質の監視とテストや測定のためのソリューションを提供している世界的な開発会社 Telestream® は、本日 Vantage IMF Producer を発表しました。IMF Producer は Vantage のオプションで、Adobe® Premiere® Pro CC から IMF (Interoperable Master Format) パッケージを自動で作成します。IMF パッケージは Netflix、20世紀スタジオ、ディズニーなど多くの企業で作品の納品仕様として推奨されています。IMF Producer の自動化処理により、編集担当者は IMF 配信フォーマットの複雑さにとらわれずに、物語や話のテンポなどの創造的な作業に注力できます。

IMF は、世界中の企業間でコンテンツを送信するために、単一の変換可能なマスターファイルフォーマットと構造を定義した SMPTE 規格です。IMF により、真のファイルベース最終マスターを制作するためのフレームワークが実現します。メディアプロセッシングプラットフォーム Vantage の一部である IMF Producer は、Adobe Premiere Pro のタイムラインから 1 度レンダリングするだけで、IMF パッケージに必要な全ファイルを自動で作成します。メインパッケージに加え、補足 IMF パッケージとなる追加のシーケンスも必要に応じて作成できます。補足の IMF パッケージには、様々なバージョンのオーディオ、サブタイトル、編集ポイント、Dolby Vision HDR メタデータなどが含まれます。

Telestream 社、製品企画部門のディレクター Scott Matics 氏は次のように述べています。

「Adobe Premiere Pro のようなソフトで IMF ワークフローを管理できると、経済的かつ非常に強力に補足 IMF パッケージの要件管理を行えます。仕様を満たす IMF パッケージの作成は複雑な作業です。タスクの自動化により、人間とコンピューターがそれぞれ得意とする能力に集中できます。」

Vantage IMF Producer は、適正な形式の補足 IMF パッケージを自動的に作成し、メディア管理システムに送出します。メディア管理システムは、最終的な配信先に合致するコンテンツを自動的に抽出できます。

IMF Producer は同時に最大 4 件のジョブを処理できます。Vantage Timed Text Flip を使用すると、IMSC 1.0 形式のサブタイトルにも完全対応できます。IMF パッケージに必須のサブタイトル機能は、他社のソリューションでは備えていない場合が多くあります。

Telestream について

Telestream® 社は、20 年以上にわたりデジタルビデオ業界の革新をリードしています。ライブキャプチャやストリーミング、制作、ビデオの品質保証など、メディア処理およびワークフローオーケストレーション関連の製品を開発しています。 Telestream のビデオおよびオーディオテストソリューションは、制作、配信、視聴方法に関わらず、映像をあらゆる視聴者へ確実に提供することを可能にします。Telestream は、オンプレミス、クラウド、あるいは二つを組み合わせたソリューションを提供します。Telestream はカリフォルニア州ネバダシティおよびにマサチューセッツ州ウェストウッドに所在しています。株式非公開会社です。

# # #

当資料は、現地時間 2020 年 2 月 24 日にメーカー発表されたプレスリリースの抄訳版です。

メーカーリリース原文 : https://www.telestream.net/company/press/2020-02-24-Telestream-IMF-Producer.htm

本リリースに関するお問い合わせ先

正規代理店 : 株式会社 アスク
担当部署 : メディア&エンタープライズ事業部
製品担当 : 前田 善弘
メールアドレス : このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
電話 : 03-5215-5676 / FAX : 03-6672-6858
所在地 : 東京都千代田区九段南 4-8-21 山脇ビル 7F

トレードマーク付きの会社名や製品名は、それぞれの会社の商標です。

プレスリリースその他のニュースは、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性があります。あらかじめご了承ください。

トレードマーク付きの会社名や製品名は、それぞれの会社の商標です。

株式会社 アスク メディア&エンタープライズ事業部 (ASK M&E) が提案する、放送・業務用からプロシューマーまでの映像制作にフォーカスした製品を紹介します。

Copyright © 2021 ASK Corporation. All rights reserved.