PressImage OptiQ Map

ビデオモニタリングおよびビデオ分析への根本的に異なる新しいアプローチで収益化を実現

カリフォルニア州ネバダシティ (2020 年 4 月 7 日) ─ 制作と配信向けに、ワークフローオートメーション、メディアプロセッシング、品質の監視とテストや測定のためのソリューションを提供している世界的な開発会社 Telestream® は、クラウドベースの新サービス OptiQ Monitor を公開しました。OptiQ Monitor は、70カ国を超える地域で平均ビットレート (ABR) 品質のリアルタイムライブモニタリングが可能で、CDN (コンテンツ配信ネットワーク) パートナーを通じて配信されるライブ OTT チャンネルの品質とパフォーマンスを、幅広く可視化できるように設計されています。

もらさず収益化し、権利を保護した上で、高品質なイベントまたはチャンネルの配信を成功させるには、ワールドクラス以上のエンコーダーまたはパッケージャーが必要です。そのためにはまず、広範なビデオモニタリングと分析によって配信者が何を提供しているのか、十分に理解しなければなりません。OptiQ Monitor は特に、ライブ配信チャンネルに必要なインフラは整っているものの、CDN 配信後にモニタリングするためのインフラは備えていないお客様に最適なサービスです。

Telestream 社、OptiQ プロダクトマネージャー Kenneth Haren 氏は次のように述べています。

「OptiQ Monitor サービスは、2019 年にアムステルダムで開催された IBC Show にて、世界中の放送業界向けに発表されました。IBC 来場者からの注目度はかなり高かったので、利用可能になり嬉しく思います。OptiQ Monitor は、オンデマンド向けのモニタリングおよび分析方法を根本的に変えるクラウドサービスで、OTT チャンネルでのパフォーマンスと品質をリアルタイムに監視できます。マルチクラウドでホストされているサービスを、自動化および統合された方法で初めて利用できるようになりました。」

OptiQ Monitor は、Telestream Cloud ユーザーがすぐに活用できるマルチクラウド監視サービスです。世界中で展開され、業界をリードするモニタリング製品のプロビジョニングや、設定、データ収集の管理をサポートします。サービスを開始すると OptiQ Monitor が自動的に起動され、ユーザーのライブ配信チャンネルを安定してモニタリングします。OptiQ Monitor を使用すると、既存の配信システムはそのままに、高いレベルのビデオモニタリングを統合できます。

OptiQ Monitor は、CDN 側での OTT チャンネルのパフォーマンスをリアルタイムに測定し、複数地域の動作状況を同時に確認可能です。パワフルな新サービス OptiQ Monitor は、視聴者の QoE (体験品質) に不可欠な監視性能を提供し、課題に直面した場合でも視聴者への影響を最小限に抑える、実用的な分析を実現します。このサービスは、自動化および統合化向けの REST API に対応しており、ネットワーク性能と分析データへのオンデマンドでのアクセスを可能にします。複数の性能測定方法と複合させ、包括的な視点での分析を実現します。

OptiQ Monitor を用いれば、お客様自身の OTT チャンネルのパフォーマンスを深く洞察でき、世界中にオンデマンドやマルチクラウドで配信が行えます。

Telestream について

Telestream® 社は、20 年以上にわたりデジタルビデオ業界の革新をリードしています。ライブキャプチャやストリーミング、制作、ビデオの品質保証など、メディア処理およびワークフローオーケストレーション関連の製品を開発しています。 Telestream のビデオおよびオーディオテストソリューションは、制作、配信、視聴方法に関わらず、映像をあらゆる視聴者へ確実に提供することを可能にします。Telestream は、オンプレミス、クラウド、あるいは二つを組み合わせたソリューションを提供します。Telestream はカリフォルニア州ネバダシティおよびにマサチューセッツ州ウェストウッドに所在しています。株式非公開会社です。

# # #

当資料は、現地時間 2020 年 4 月 7 日にメーカー発表されたプレスリリースの抄訳版です。

メーカーリリース原文 : https://www.telestream.net/company/press/2020-04-07-Telestream-Releases-OptiQ-Monitor.htm

本リリースに関するお問い合わせ先

正規代理店 : 株式会社 アスク
担当部署 : メディア&エンタープライズ事業部
製品担当 : 前田 善弘
メールアドレス : このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
電話 : 03-5215-5676 / FAX : 03-6672-6858
所在地 : 東京都千代田区九段南 4-8-21 山脇ビル 7F

トレードマーク付きの会社名や製品名は、それぞれの会社の商標です。

株式会社 アスク メディア&エンタープライズ事業部 (ASK M&E) が提案する、放送・業務用からプロシューマーまでの映像制作にフォーカスした製品を紹介します。

Copyright © 2021 ASK Corporation. All rights reserved.