~Vantage、FlipFactory、Episode Engine
業界初、Windows Server OSにProResへのエンコードを提供

米国報道発表抄訳ー2011年3月31日


カリフォルニア州ネバダシティ - デジタルメディアツールとワークフローソリューションのリーディングプロバイダーであるTelestream社は、本日、同社のVantage®、FlipFactory®、Episode® Engineの各製品が、Windows Sever 2008環境においてApple ProResビデオコーデックへのエンコードが可能になったことを発表しました。Windowsベースのトランスコード・アプリケーションとしては業界で初めて、Final Cut Proでの編集やiTunesへの納品に利用される、ProResコーデックへのエンコードを可能にしました。

Telestream社のマーケティング・バイスプレジデント Barbara DeHart氏は次のように述べています。
「Vantageは、新しい10bitの処理能力と、コンテンツの解析機能、オートメーション化された意思決定によるトランスコード機能を結合することによって、ITunesコンテンツの生成ワークフローを完全に自動化することを可能にします。また、Episodeは、独自の10ビット4:2:2:4エンコーディングシステムによって、高品質なビデオエンコード規格を維持するために理想的なソリューションです。さらに、Agility 2GネットワークにVantageを直接統合することによって、当社のエンタープライズ向け製品全てからProResへのエンコードが可能になりました。」

ProResへのエンコードが可能になったことで、Final Cut Proの編集に対応したファイル形式での生成と取得、アーカイブを実現し、WindowsによるProRes生成は、Windows環境とMac OS X環境のシームレスなデータのやりとりを可能にします。さらに、Vantage、FlipFactory、Episode Engineによって、WindowsサーバーベースのiTunes向け大規模コンテンツ制作環境が構築可能になりました。Telestream社のエンタープライズ向けソフトウェアのProResエンコード対応によって、あらゆるニーズへのソリューションを提供できるようになりました。


Telestream社のサーバーベースのビデオ・トランスコーダは、より高速、大量にビデオとオーディオをトランスコードするために、世界中のメディアおよびエンターテインメント関連の会社で利用されています。
Episode Engineが搭載する高品位な10ビット4:2:2:4の高品位なエンコーダは、セグメントに分割して分散エンコーディングによって、CPUパワーをフルに活用し、タイム・クリティカルなニーズに答えるよう設計されています。また、Episode Engineは単一のワークステーションからマルチ・ノードのサーバークラスタまでスケーラブルなシステムを構築することが可能で、ユーザーのビジネス拡大によるトランスコーディング・ノードの追加にも柔軟に対応します。
Episodeが独自に採用するOne Click Clustering™機能はファイル共有と統合され、MacとPCの混在環境でも簡単に複数のコンピュータがファイルとエンコーディングタスクを共有することができます。

Vantageは、ビデオワークフローのデザインと自動化を行うソフトウェアです。将来的にも安心なモジュール化されたソフトウェア構成により、ビデオキャプチャー、トランスコーディング、分析、メタデータ処理、デリバリーといった要素を統合されたビデオフレームワーク上に構築することができます。大量のビデオ処理を必要とするメディア、エンターテイメント企業に対して、Vantageはエンタープライズ・クラスのスケーラビリティ、予測性、そしてワークフロー管理ツールを提供します。Vantageは、デバイスの相互運用、コンテンツ作成とデリバリーを含む、様々なワークフローを自動化します。VantageとFlipFactoryは、企業の事業効率を大幅に強化することによって、今日のマルチチャンネルによる収入機会を確実に利用するための重要なツールとなるでしょう。

ProResへのエンコード機能は、Episode Engine for Windows/Mac OS X、Vantage、FlipFactoryユーザーに対して、無償アップグレードの提供が開始されています。

無償アップグレードは、Telestream社のWebページからダウンロード可能です。
ウェブサイト:http://www.telestream.net.


【Telestream社について】
1998年設立。Telestreamは、世界規模のライブやオンデマンドでのデジタルビデオに関わるツールとワークフローソリューションを提供します。 Telestream製品は、個人や企業が、デスクトップからエンタープライズまで、制作、配信、視聴方法に関わらず、映像をあらゆる視聴者へ容易に提供 することを可能にします。そして、メディア及びエンターテイメントの分野で活躍している世界中の企業の多くが、業務の合理化や収益の増進を図るために Telestream製品を活用し、オンラインやモバイル配信向けのビデオ制作のワークフローを簡単にするために、ますます多くのプロビデオ関係者が Telestreamに注目しています。Telestream製品は、映像の取込みから配信まで幅広いラインナップを取りそろえています。エンタープライ ズクラスの製品には、ビデオキャプチャデバイス、ビデオトランスコード、ワークフローを自動化するサーバーソフトウェアがあり、デスクトップ向け製品に は、エンコーディング、ライブウェブキャスティング、スクリーンキャスティングおよびコンポーネントソフトウェアがあります。 Telestreamは、様々なデジタルメディア系のリーディングカンパニーと提携し、デスクトップからエンタープライズまで幅広いビジネス環境におい て、あらゆるデジタルメディアの価値を向上するための製品とソリューションを提供しています。本社はカリフォルニア ネバダシティ、そしてビデオエキスパートのチームがフランス、ドイツ、スウェーデン、イギリス、およびアメリカに所在しています。

ウェブサイト:http://www.telestream.net.


■本リリースに関する問合せ先】
株式会社 アスク
代表者名 代表取締役 武藤 和彦
製品担当 前田善弘
メールアドレス  このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
電話:03-5215-5676/FAX:03-5215-5651
住所:千代田区五番町2番地カサ・ド・タク

プレスリリースその他のニュースは、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性があります。あらかじめご了承ください。

トレードマーク付きの会社名や製品名は、それぞれの会社の商標です。

株式会社 アスク メディア&エンタープライズ事業部 (ASK M&E) が提案する、放送・業務用からプロシューマーまでの映像制作にフォーカスした製品を紹介します。

Copyright © 2021 ASK Corporation. All rights reserved.