episode
Episode バージョン6.3はx264コーデックにネイティブ対応、Autodesk finishing systemの中にEpisodeが統合されます。さらにAdobe Premiere ProからEpisodeへのダイレクトエクスポートが可能になりました。

米国報道発表抄訳ー2012年4月16日


ラスベガス, NAB Show( 2012年4月16日) – ビデオトランスコードおよびワークフローソリューションのリーディングプロバイダーであるTelestream社は、今週のNAB Showで展示されているEpisode 6.3の機能強化を発表しました。x264コーデックの対応により、Episodeシリーズは、より高品質のH.264エンコードが可能になります。またSmokeやFlameなどのAutodesk finishingシステムとの統合により、システムを操作するユーザーに高品質のエンコード機能を提供します。さらにAdobe Premiere Proからのダイレクトエクスポートも可能になり、エンコードタスクをEpisodeに集約できます。

Telestream社マーケティング副部長のBarbara DeHart氏は次のように述べています。「Episodeは高品質かつ数多くのフォーマット対応と、簡単にファイルベースの納品用や配信用ファイルを作成出来ることから、ポストプロダクション環境に非常に適しています。」

Telestream社はEpisodeにx264コーデックを対応させる事で、Episodeの高品質エンコーディングの伝統を守り続けます。
ビデオ業界では今やx264は最高品質のH.264ビデオを生み出すためのものだと広く認識されています。

Episodeは今回のAutodeskとのシステム統合により、Autodesk Stoneファイルシステムからダイレクトにブラウズやモニタリング、トランスコーディングを行うことができる、このクラスで唯一のエンコーダになります。Autodeskユーザーはこの統合により、Episodeが持つパワフルでスケーラブルなエンコード機能を簡単に利用できるようになりました。

一方、Adobe Creative Suite ユーザーは、Adobe Premiere ProのタイムラインからEpisodeへのダイレクトエクスポートが可能になることで多大な恩恵を得られます。Premiere Proからエンコードタスクを受けたEpisodeは、エンコード専用に構築された別のクラスターマシンにタスクを渡すことができるので、Premiere Pro を使用しているマシンをトランスコード作業から解放してくれます。

Episodeは、デジタルポストプロダクションワークフローのための、クラス最高品質のビデオトランスコーダーです。クロスプラットフォームで拡張性も高く、驚異のスピードとパワフルなコントロールをお手頃な価格で提供します。クラス最高のビデオ処理と10bitエンコーディング、そして圧縮方法の細かな微調整により、トランスコードプロセス全体を通して自然なままの画質を維持します。また最適化されたコーデック、マルチスレッド処理、並列分散エンコーディングが超高速エンコードを可能にします。Episodeは「コラボレーション」と「クラスタリング」をテーマに設計されているので、ユーザーは簡単にMacとWindows PCをエンコードクラスターとして結合することができます。

NABショーのTelestreamブース (SL1405) にて最新のEpisode 6.3を展示しています。
Episodeの詳細についてはhttp://www.ask-dcc.jp/telestream/episode.htmlをご覧ください。



【Telestreamについて】
1998年設立。Telestreamは、世界規模のライブやオンデマンドでのデジタルビデオに関わるツールとワークフローソリューションを提供します。 Telestream製品は、個人や企業が、デスクトップからエンタープライズまで、制作、配信、視聴方法に関わらず、映像をあらゆる視聴者へ容易に提供することを可能にします。そして、メディア及びエンターテイメントの分野で活躍している世界中の企業の多くが、業務の合理化や収益の増進を図るために Telestream製品を活用し、オンラインやモバイル配信向けのビデオ制作のワークフローを簡単にするために、ますます多くのプロビデオ関係者が Telestreamに注目しています。

Telestream製品は、映像の取込みから配信まで幅広いラインナップを取りそろえています。エンタープライ ズクラスの製品には、ビデオキャプチャデバイス、ビデオトランスコード、ワークフローを自動化するサーバーソフトウェアがあり、デスクトップ向け製品に は、エンコーディング、ライブウェブキャスティング、スクリーンキャスティングおよびコンポーネントソフトウェアがあります。 Telestreamは、様々なデジタルメディア系のリーディングカンパニーと提携し、デスクトップからエンタープライズまで幅広いビジネス環境におい て、あらゆるデジタルメディアの価値を向上するための製品とソリューションを提供しています。本社はカリフォルニア ネバダ州、そしてビデオエキスパートのチームがフランス、ドイツ、スウェーデン、イギリス、およびアメリカに所在しています。

ウェブサイト:http://www.telestream.net
ウェブサイト[日本語]:http://www.ask-dcc.jp/telestream/


■本リリースに関する問合せ先
株式会社 アスク
代表者名 代表取締役 武藤 和彦
製品担当 三沢宙
メールアドレス  このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
電話:03-5215-5676 / FAX:03-6672-6858
住所 千代田区五番町2番地カサ・ド・タク

プレスリリースその他のニュースは、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性があります。あらかじめご了承ください。

トレードマーク付きの会社名や製品名は、それぞれの会社の商標です。

資料ダウンロード

製品に関するカタログやテクニカルノートなど、幅広く資料をご用意しております。

まずは資料をダウンロードしてみましょう。

株式会社 アスク メディア&エンタープライズ事業部 (ASK M&E) が提案する、放送・業務用からプロシューマーまでの映像制作にフォーカスした製品を紹介します。

Copyright © 2022 ASK Corporation. All rights reserved.