Vantage_Transcode_HE_Server

OTT (Over The Top)、Web、モバイル、IPTVなど配信系特有のトランスコード要件に対処するための
Telestream LightSpeed™アクセラレーション技術を用いた新しいビデオトランスコーダー


米国報道発表抄訳ー2012年4月16日


ラスベガス、 NAB Show™ (2012年4月16日)  – ビデオトランスコードおよびワークフローソリューションのリーディングプロバイダーのTelestream社は、今週のNAB Showで新たな主力製品を発表しました。Vantage® Transcode HE serverはOTT、Web、モバイル、IPTVなどの配信のためのトランスコードやパッケージングを高速処理するための機能に特化したソリューションです。Adaptive Bitrate(ABR)ワークフローで求められる「効率化」にも柔軟に対処することができます。ソースファイルのデコードから始まり、ビデオ処理、H.264パラレルエンコード、パッケージング、暗号化、品質管理、そして配信までプロセス全体を効率化します。また最速のスピードで最高品質の映像を生成するために、Telestream LightSpeed™という新技術を採用しています。このLightSpeedはビデオ処理およびH.264エンコーディングを高速化するために設計され、並列GPU(AMDやNVIDIA)やマルチコアCPU(AMDやIntel)の技術を用いてます。

Telestream社マーケティング副部長のBarbara DeHart氏は次のように述べています。「Vantage Transcode HE serverは、Vantageで完全に自動化されたワークフローの一員として、今まで以上の効率と最善のトランスコードを提供してくれます。お客様からこれまで頂いた要望で、彼らのワークフローの一部として、より高速なトランスコーディングが求められていました。我々はこういったお客様の声に応えるために、卓越したトランスコーディングだけでなく完全なワークフローを提供できるVantage Transcode HE serverをご提案致します。」

Vantage Transcode HE serverは、多岐に渡る入力ファイル形式のデコードを広範囲にサポートし、x264からApple Adaptive Streamingや、Adobe Dynamic Streaming、Microsoft Smooth Streaming、MPEG-DASHへのエンコードを高速化します。ビデオ業界では今やx264は最高品質のH.264ビデオを生み出すためのものだと広く認識されています。そのx264とGPU/CPUパワーを組み合わせることにより、Vantage Transcode HE serverは最短の時間で最高品質の映像を生成することができます。

Telestream LightSpeed™テクノロジーは、ビデオスケーリング、インターレース除去、フレームレート変換、モーションベクトル計算、合成や数値計算タスクなどの様々な処理を高速化します。この技術によって複数の解像度やビットレートへのエンコードを同時に行い、トランスコードにかかる時間を大幅に短縮することができるようになりました。


さらに、Vantage Transcode HE serverは、ABRに準拠したパッケージに完成したメディアだけでなく、サムネイル画像やクローズドキャプション、メタデータを簡単にパッケージすることができるので、配信サーバーやコンテンツデリバリーネットワーク(CDN)へ直接データを送ることができます。

Vantage Transcode HE serverはスタンドアローンで動作したり、既存のVantageシステムに追加したり、クラスターの一員として使用する等、自由に利用することができます。筐体は1Uのラックサイズで最小限のスペース・電力で動作します。

また、VatangeでこのHE serverを使用することで、ワークフローの各ステップを構築・管理・監視することができます。さらにVantageの下ではワークフローを最大限効率化するために、自動化された意思決定やフローの分析などを組み込むことができ、エンタープライズクラスのシステム管理がVantageによってすべて統合されます。

NABショーのTelestreamブース (SL1405)にてVantage Transcode HE serverを含めたVantage製品を展示しています。
Telestream社とEpisodeの詳細についてはhttp://www.ask-dcc.jp/telestream/をご覧ください。

# # #

【Telestreamについて】
1998年設立。Telestreamは、世界規模のライブやオンデマンドでのデジタルビデオに関わるツールとワークフローソリューションを提供します。 Telestream製品は、個人や企業が、デスクトップからエンタープライズまで、制作、配信、視聴方法に関わらず、映像をあらゆる視聴者へ容易に提供 することを可能にします。そして、メディア及びエンターテイメントの分野で活躍している世界中の企業の多くが、業務の合理化や収益の増進を図るために Telestream製品を活用し、オンラインやモバイル配信向けのビデオ制作のワークフローを簡単にするために、ますます多くのプロビデオ関係者が Telestreamに注目しています。Telestream製品は、映像の取込みから配信まで幅広いラインナップを取りそろえています。エンタープライズクラスの製品には、ビデオキャプチャデバイス、ビデオトランスコード、ワークフローを自動化するサーバーソフトウェアがあり、デスクトップ向け製品に は、エンコーディング、ライブウェブキャスティング、スクリーンキャスティングおよびコンポーネントソフトウェアがあります。 Telestreamは、様々なデジタルメディア系のリーディングカンパニーと提携し、デスクトップからエンタープライズまで幅広いビジネス環境において、あらゆるデジタルメディアの価値を向上するための製品とソリューションを提供しています。本社はカリフォルニア ネバダ州、そしてビデオエキスパートのチームがフランス、ドイツ、スウェーデン、イギリス、およびアメリカに所在しています。

ウェブサイト:http://www.telestream.net
ウェブサイト[日本語]:http://www.ask-dcc.jp/telestream/


■本リリースに関する問合せ先
株式会社 アスク
代表者名 代表取締役 武藤 和彦
製品担当 三沢宙
メールアドレス  このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
電話:03-5215-5676 / FAX:03-6672-6858
住所 千代田区五番町2番地カサ・ド・タク

株式会社 アスク メディア&エンタープライズ事業部 (ASK M&E) が提案する、放送・業務用からプロシューマーまでの映像制作にフォーカスした製品を紹介します。

Copyright © 2019 ASK Corporation. All rights reserved.