2012年 6月 26日
episode-v6
新たに追加された機能:高品質 H.264エンコーディングで知られるx264コーデックのネイティブサポート;Autodesk の編集及びフィニッシングソフトウェア製品とのシステム深層レベルでの統合


カリフォルニア州ネバダシティー(2012年6月21日)- ビデオトランスコードおよびワークフローソリューションのリーディングプロバイダーであるTelestream社は今日、Episode 6.3 ビデオ エンコーディング アプリケーション のリリースを発表しました。今回追加された x264ビデオコーデックは、これまでよりも高品位の H.264エンコーディングを各 Episode アプリケーション製品にもたらします。また、Smoke、Flame 等、Autodesk の編集及びフィニッシングソフトウェア製品とダイレクトに統合したことによって、Episode の持つ広範囲なコーデックの高品位なエンコーディング機能を、ポスプロ、アーティスト、エディター等に幅広く提供します。

Telestream社マーケティング副部長のBarbara DeHart氏は次のように述べています。
「今回のリリースによって、これまでよりも更に進歩した Episodeの高品質な各種ビデオフォーマットサポートのみならず、ディストリビューション用ファイル又はメザニンフォーマット(中間ファイル、一時保管ファイル)やデジタルマスター等、ファイルベースのデリバブルを容易に作成する機能をポストプロダクション業務の場へ提供します。」

x264コーデックは、最高品質の H.264ビデオをエンコーディングできるコーデックとしてビデオ業界において広く認知されています。Telestream社はEpisodeにこのコーデックを対応させる事で、高品質エンコーディング全ての Episode ユーザーへ提供する伝統を守り続けます。

システム深層レベルで Smoke 及び Flame と機能統合をしたことで、Episode はこのクラスのアプリケーションとしては初めて、Autodesk アプリケーション内から直接ブラウズ、モニタ、そしてトランスコードをすることを可能にしました。このダイレクトな統合は、Smoke 及び Flame のユーザーがごく簡単に Episode の非常に強力なスケーラブルエンコーディング機能にアクセスできることを意味します。 ワークグループ内でクリエイティブな作業にかかわっているエディターやアーティストは、エンコード作業を簡単に他のシステム、又はエンコーディングに特化したクラスタへ 受け渡すことが出来ます。

Episodeは、デジタルポストプロダクションワークフローのための、クラス最高品質のビデオトランスコーダーです。クロスプラットフォームで拡張性も高く、驚異のスピードとパワフルなコントロールをお手頃な価格で提供します。クラス最高のビデオ処理と10bitエンコーディング、そして圧縮方法の細かな微調整により、トランスコードプロセス全体を通して自然なままの画質を維持します。また最適化されたコーデック、マルチスレッド処理、並列分散エンコーディングが超高速エンコードを可能にします。Episodeは「コラボレーション」と「クラスタリング」をテーマに設計されているので、ユーザーは簡単にMacとWindows PCをエンコードクラスターとして結合することができます。

Episodeの詳細については、http://www.ask-dcc.jp/telestream/episode.htmlをご覧ください。


【Telestreamについて】
1998 年設立。Telestreamは、世界規模のライブやオンデマンドでのデジタルビデオに関わるツールとワークフローソリューションを提供します。 Telestream製品は、個人や企業が、デスクトップからエンタープライズまで、制作、配信、視聴方法に関わらず、映像をあらゆる視聴者へ容易に提供 することを可能にします。そして、メディア及びエンターテイメントの分野で活躍している世界中の企業の多くが、業務の合理化や収益の増進を図るために Telestream製品を活用し、オンラインやモバイル配信向けのビデオ制作のワークフローを簡単にするために、ますます多くのプロビデオ関係者が Telestreamに注目しています。Telestream製品は、映像の取込みから配信まで幅広いラインナップを取りそろえています。エンタープライ ズクラスの製品には、ビデオキャプチャデバイス、ビデオトランスコード、ワークフローを自動化するサーバーソフトウェアがあり、デスクトップ向け製品に は、エンコーディング、ライブウェブキャスティング、スクリーンキャスティングおよびコンポーネントソフトウェアがあります。 Telestreamは、様々なデジタルメディア系のリーディングカンパニーと提携し、デスクトップからエンタープライズまで幅広いビジネス環境において、あらゆるデジタルメディアの価値を向上するための製品とソリューションを提供しています。本社はカリフォルニア ネバダ州、そしてビデオエキスパートのチームがフランス、ドイツ、スウェーデン、イギリス、およびアメリカに所在しています。

ウェブサイト:http://www.telestream.net
ウェブサイト[日本語]:http://www.ask-dcc.jp/telestream/


■本リリースに関する問合せ先
株式会社 アスク
代表者名 代表取締役 武藤 和彦
製品担当 三沢宙
メールアドレス  このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
電話:03-5215-5676 / FAX:03-6672-6858
住所 千代田区五番町2番地カサ・ド・タク

プレスリリースその他のニュースは、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性があります。あらかじめご了承ください。

トレードマーク付きの会社名や製品名は、それぞれの会社の商標です。

資料ダウンロード

製品に関するカタログやテクニカルノートなど、幅広く資料をご用意しております。

まずは資料をダウンロードしてみましょう。

株式会社 アスク メディア&エンタープライズ事業部 (ASK M&E) が提案する、放送・業務用からプロシューマーまでの映像制作にフォーカスした製品を紹介します。

Copyright © 2022 ASK Corporation. All rights reserved.