Telestream、Episode 7 を IBC で公開

米国報道発表資料抄訳 - 2015年9月2日

パフォーマンスの強化、機能性の改善、サポートするフォーマットの拡大

カリフォルニア州ネバダシティ、2015年9月2日 ─ デジタルビデオツールとワークフローソリューションのリーディングプロバイダー Telestream® は、ビデオエンコーディングソフトウェア Episode の最新バージョンを IBC トレードショー (ホール7、G30) で公開します。発売開始は2015年の第4四半期上旬を予定しており、新バージョンではパフォーマンスを大きく強化し、サポートするフォーマットの追加や使い易さの向上が行われています。

Episode の新しい 64ビットネイティブトランスコーディングエンジンは、撮影から編集そして最終的に配信されるまでのプロダクションワークフロー全体において、ファイルを高品質に維持するよう設計されています。この機能により、一人で使用する場合から、クロスプラットフォームワークステーションのクラスターとして使用する場合まで、どのような規模であっても Episode は最も手頃で、ワークグループにとって最速のエンコード速度を提供します。

Telestream のデスクトップビジネスバイスプレジデントの Barbara DeHart 氏は次のように述べています。

「64 ビットのパフォーマンスを得た Episode 7 は今までで最速です。Split-and-stitch 機能のおかげで、1台のマシンで複数のコアを利用したり、複数のマシンで構成される大規模なクラスタで利用したりできるので、大きなファイルでさえも素早くトランスコードが行えます。コンテンツの容量と複雑さが増す中で、複数の Mac や Windows の CPU コアに対して作業量を賢く分割するこの機能は、締め切りに余裕のない状況に立ち向かう場面ではより重要でしょう。」

Episode の新しいバージョンでは使い易さの向上と、長らくユーザに好評だった機能の改善に焦点が当てられています。

Episode 7 に含まれる新機能

  • ネイティブ 64 ビットのサポートによってエンコードを高速化し、大きなジョブに対し最適なメモリの割当が可能
  • R3D インジェストと HEVC プリセットを含む 4K のサポート
  • サポートするエンコーディング / トランスコーディングの追加
  • プレビュー機能の改善
    • JPEG2000
    • DNxHD と DNxHR
    • DVCPro HD
  • 保存先のストレージの名前を Episode の画面内から直接変更
  • Episode plug-in for Adobe Premiere Pro のアップデートにより Adobe CC 2015 に互換
  • 刷新されたオーディオチャンネルコンフィグレーターで、標準入出力フォーマットもしくは、カスタマイズされたオーディオチャンネルレイアウトにマッピングが可能

発売時期と価格

Episode 7 は2015年の第4四半期上旬に、Episode、Episode Pro、Episode Engine の3製品を発売予定です。Episode 7 の価格とより詳しい情報は、 http://www.telestream.net/episode/coming-soon.htm をご確認ください。

※ トレードマーク付きの会社名や製品名は各社の登録商標または商標です。

Telestreamについて

Telestream 社は、世界規模のライブやオンデマンドでのデジタルビデオに関わるツールとワークフローソリューションを提供し、個人や企業が、デスクトップからエンター プライズまで、制作、配信、視聴方法に関わらず、映像をあらゆる視聴者へ容易に提供することを可能にします。そして、メディア及びエンターテイメントの分 野で活躍している世界中の企業の多くが、業務の合理化や収益の増進を図るために Telestream 製品を活用し、オンラインやモバイル配信向けのビデオ制作ワークフローを簡単にするために、ますます多くのプロビデオ関係者が Telestream に注目しています。Telestream 製品は、映像の取込みから配信まで幅広いラインナップを取りそろえています。エンタープライズクラスの製品には、ビデオキャプチャデバイスとインジェス ト、ビデオトランスコード、ワークフローを自動化するサーバーソフトウェアがあり、デスクトップ向け製品には、エンコーディング、ライブウェブキャスティ ング、スクリーンキャスティングおよびコンポーネントソフトウェアがあります。Telestream 本社はアメリカ合衆国カリフォルニア州ネバダシティにあります。より詳しい情報は、http://www.telestream.net にてご確認ください。

本リリースに関するお問い合わせ先

正規代理店 : 株式会社 アスク
担当部署 : メディア&エンタープライズ事業部
製品担当 : 前田 善弘
メールアドレス : このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
電話 : 03-5215-5676 / FAX : 03-6672-6858
所在地 : 東京都千代田区九段南4-8-21 山脇ビル11F

プレスリリースその他のニュースは、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性があります。あらかじめご了承ください。

トレードマーク付きの会社名や製品名は、それぞれの会社の商標です。

資料ダウンロード

製品に関するカタログやテクニカルノートなど、幅広く資料をご用意しております。

まずは資料をダウンロードしてみましょう。

株式会社 アスク メディア&エンタープライズ事業部 (ASK M&E) が提案する、放送・業務用からプロシューマーまでの映像制作にフォーカスした製品を紹介します。

Copyright © 2022 ASK Corporation. All rights reserved.