Interbee2012_logo2InterBEE 2012 出展概要
株式会社アスクは、11月14日から3日間、幕張メッセにて開催される「Inter BEE 2012」に出展致します。
本年度の展示は16小間の自社ブース内に、4Kソリューションや次世代のファイルベースワークフローなどIBCで展示、発表されたばかりのAJA社の最新製品ラインナップが一望できる「AJA Video Systems」ブース(ホール8 / No.8416)と、共有ストレージ、アセットマネジメント/アーカイブ、トランスコード製品を中心に特定のファイルフォーマットやプラットフォームに依存しない柔軟なソリューションを提案する「アスク」ブース(ホール8 / No.8407)の2ブースにおいて、株式会社アスク取扱い製品の展示、デモンストレーションを実施致します。


{magictabs} AJA Video Systems:ブースNo. 8416::
展示内容の紹介
同社の製品ラインナップで使用されているキーワード「Acquire - 収録」「Edit - 編集」「Convert - 変換」にあわせ、3つのセクションに分けた展示を行います。

「Acquire - 収録」セクションでは、4K~HDまで収録可能なソリッドステート レコーダー Ki Pro Quad(年内発売予定)を含む、Ki Pro ファミリー(Ki Pro/Ki Pro Mini/Ki Pro Rack)を展示。制作時におけるポストプロダクションワークフローを再定義します。「Edit - 編集」セクションでは、発売されたばかりのThunderbolt™ 対応 SDI/HDMI 出力デバイス T-TAPや、4Kワークフローのために設計されOEM提供されるCorvid Ultraを中心に展示。ビデオプロフェッショナルに捧げる強力且つフレキシブルなツールを提案します。「Convert - 変換」セクションでは、新たなファームウェア v2.0によりDVI-D入力信号を標準的なHD信号(SDI/HDMI/Fiber 出力可能)に変換可能となったFS2や、KUMO 3232など最新の製品を展示。すべての制作過程で必需品となる放送品質のコンバーターをご紹介します。

また、これらにあわせAJAワークフローを支えるアスク取り扱いのストレージやソフトウェアなども展示します。この機会にAJAブースまで是非足をお運びください。

主な出展製品


Ki Pro Quad
: http://www.aja-jp.com/kipro/ki-pro-quad/

4K RAWデータをサポートし、本体内でディベイヤーとProResエンコードを行うことで、SSDへの4K ProRes収録を実現する4K/Quad HD/2K/HD対応 ソリッドステートビデオレコーダー。ディベイヤーされたイメージの4Kモニタリングはもちろんスケーリング結果をHD出力することも可能。今、もっとも現実的な4Kワークフローをご覧頂けます。

thumb_ki-pro_quad
Ki Pro Rack : http://www.aja-jp.com/kipro/ki-pro-rack/
高品質で即座に編集可能なファイル形式であるProRes422/DNxHDコーデックでの収録が可能な1RUラックマウント型レコーダー。カメラ収録から編集への最も速い連係を実現するKi Proファミリーの最新製品です。
 thumb_ki_pro_rack
T-TAP : http://www.aja-jp.com/io/t-tap/t-tap.html
Thunderbolt対応のMacに、プロフェッショナルクオリティのビデオオーディオ出力環境を提供します。8chのエンベデッドオーディオに対応したSDI/HDMI出力を、Thunderboltケーブル1本の接続で極めてスマートに得ることができます。
 thumb_t-tap
FS2 : http://www.aja-jp.com/fs/fs2/
v2.0ファームウェアより追加される、DVI信号変換機能を展示します。コンピュータからのシングルDVI-D信号(非ブロードキャストデジタル入力 フォーマット)をスケーリングして標準的なブロードキャスト信号として出力するこの機能は、コンピュータ画面を従来のビデオワークフローに取り込む事や、 広範囲に行き渡らせることを容易にします。
 thumb_fs2

※展示内容は予告なく変更される可能性がございます。予めご了承くださいませ。



aja_video_systems|||| ASK:ブースNo. 8407::
展示内容の紹介
AJAブースと隣接したアスクブースでは、「次世代型ファイルベース・インフラストラクチャー」をキーワードに、これらからのファイルベースを支えるストレージやワークフローの中核となる最先端の製品群を、実際にAJAブースのバックエンドで動作している状態でご覧になることができます。

膨大に生み出されるファイルを格納し、高速かつリアルタイムに共有するための共有ストレージ製品、膨大なファイルをアセットとして効率的に管理/アーカイブするためのアセットマネジメント/アーカイブ製品、様々なメディアファイルを相互に変換するためのトランスコード製品を組み合わせ、特定のファイルフォーマットやプラットフォームに依存しない、柔軟なソリューションを提案いたします。

主な出展メーカー


Gb Labs:http://ask-dcc.jp/gblabs/

マルチプラットフォームに対応し、専用アプリケーションやドライバ不要の超高速ネットワーク・ストレージ「Spaceシリーズ」を展示。また、新製品のMidi Space LTOをはじめとしたアーカイブ製品もご覧になれます。

製品:Space / Space SSD / Space Echo / Spece EX / Midi Space / Mini Space / Space LTO / Mini Space LTO

space_top

Rorke Data:http://www.ask-dcc.jp/rorkedata/

メタデータコントローラやファイバースイッチ不要のハイパフォーマンスSANストレージシステム「HyperDrive」と、AvidやFinal Cut Proに対応したプロジェクト管理ソリューション「Strawberry」を組み合わせたソリューションを展示します。

製品:HyperDrive 24 / Strawberry

thumb_aurorafamily

SquareBox:http://www.ask-dcc.jp/squarebox/

膨大なファイルをより効率的に管理するためのアセットマネジメントソフトウェア「CatDV」を展示。高速な検索やファイル制御、アーカイブ機能、サーバーによるメタデータの集中管理など、ワークフローの中核を担う機能の数々をご覧になれます。

製品:CatDV Enterprise Server / CatDV Worker / CatDV 10

CatDV_interface 

Cache-A:http://www.ask-dcc.jp/cache-a/

ファイルを安全で確実な長期保管を実現するLTOアーカイブアプライアンス「A-シリーズ」を展示。簡単操作でのアーカイブ/リストアや、CatDVとの連携などの機能を、IBCで発表されたバージョン3.1ソフトウェアとともにご覧いただけます。

製品:Power-Cache / Pro-Cache 5 / Prime-Cache 5 / Libray 24

 thumb_primecache5_small

Telestream:http://ask-dcc.jp/telestream/

様々なファイルフォーマットやコーデックのメディアを効率良く処理するインテリジェントなワークフローデザインソリューション「Vantage 4.0」を、x264やマルチスクリーンの変換、高品位なI/P変換を高速に実現する「Lightspeed Server」とともに展示します。

製品:Vantage 4 / Lightspeed Server / Pipeline HD Dual

lightspeed

ATTO:http://www.ask-dcc.jp/atto/

ASKブースにて最新の16G FibreChannel対応のホストバスアダプタCelerity 162Eと、16G FC〜6G SAS/SATA変換RAIDコントローラーFastStream SC9000を展示します。さらにASKブースとAJAブースの両方においてThunderLink NS1101、ThunderLink FC1082、Celerity 82EN、FastFrame NS11がSANやNASのクライアント端末で使用されています。

thumb_NT1102

※展示内容は予告なく変更される可能性がございます。予めご了承くださいませ。

hosted_by_ask{/magictabs}
【株式会社アスク アスクDCCについて】
株式会社アスクは、コンピュータ周辺機器のフルサービス・ディスト リビューション事業を行う輸入商社です。世界中の最先端かつユニークな製品を日本国内のお客様に提供しています。アスクDCCは、100社を越えるアスク 取扱いメーカーの中から映像関連市場向けの商材を中心に、国内のシステムインテグレーターとの共同マーケティングにより、多種多様なニーズに合った適切な ソリューションを国内のお客様へご提供しています。

ウェブサイト:http://www.ask-dcc.jp/


■本リリースに関する問合せ先
株式会社 アスク
代表者名 代表取締役 武藤 和彦
製品担当 三沢宙
メールアドレス  このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
電話:03-5215-5676 / FAX:03-6672-6858
住所 千代田区九段南4-8-21 山脇ビル11F

株式会社 アスク メディア&エンタープライズ事業部 (ASK M&E) が提案する、放送・業務用からプロシューマーまでの映像制作にフォーカスした製品を紹介します。

Copyright © 2020 ASK Corporation. All rights reserved.