interbee2014_2InterBEE 2014 出展概要

株式会社アスクは、11月19日から3日間、幕張メッセにて開催される「Inter BEE 2014」に出展致します。(展示ホール4 / ブースNo.4206) Inter BEE 50周年となる本年度は、1つの敷地内に4つのブースを設け、各ソリューションごとに分かれた展示がご覧になれます。日本初登場となる 4K プロダクションカメラ "CION"を中心にAJA社の最新製品ラインナップが一望できる「AJA Video」ブース、撮影から編集、ファイル管理や保管まで、映像制作環境をより快適にするための様々な製品群や協賛各社の取り扱い製品も一同に展示される「アスク」ブース、従来のHDDモデルに4倍のパフォーマンスを与える SSD アクセラレータ "HyperSPACE" を始め、ネットワークストレージ "SPACE" シリーズを展示する「GB Labs」ブース、TriCaster シリーズおよび 3Playシリーズの展示、デモンストレーションに加え、日本国内初出展となる "TriCaster Mini" と "TalkShow"(参考出展)も展示する「ディストーム」ブース、合計4つのブースにおいて、映像業界の様々な分野で活躍する製品、デモンストレーションを実施致します。

{magictabs} AJA Video::
展示内容の紹介
AJAブースでは日本初登場となる 4K プロダクションカメラ「CION」を中心に、各種サードパーティ製品と併せて展示します。AJA の歴史とDNAを詰め込んだ CION は、4K60p ProRes収録、あるいは4K120p AJA RAW出力を可能にし、優れたデザインと機能性が融合された製品で、AJAが「Science of the Beautiful」と自信を持って表現する工学的美学を兼ね備えています。その他、撮影部門ではKi Pro シリーズや現場に役立つ編集コンバーター類が展示されており、編集部門では KONA 4 と Io 4K による4K60pの最新編集システム、変換部門では放送品質の各種コンバーターが一同にご覧になれます。

主な出展製品

CION :
www.aja-jp.com/products/cion
人間工学に基づいて設計された軽量な 4K/UHD および 2K/HD プロダクションカメラで、最大 4K60p の ProRes 内部収録が行え、最大 4K 120p の AJA Raw データ出力も可能です。
thumb_cion
Ki Pro ファミリー :
www.aja-jp.com/products/kipro
4K ProRes 収録可能な Ki Pro Quad をはじめ、 1U ラックマウント型の Ki Pro Rack、最もコンパクトな Ki Pro Mini 等、Ki Pro シリーズを一同に展示します。
thumb_ki-pro_quad
KONA ファミリー :
http://www.aja-jp.com/products/kona
10bit 4K60p 出力可能なデスクトップ編集ソリューションとして KONA 4 と Adobe Premiere Pro CC (2014)の組み合わせで展示します。
thumb_kona4
Io ファミリー :
www.aja-jp.com/products/io
ポータブルな入出力デバイス Io シリーズの中から 4K入出力を可能にする Io 4K、 2K入出力を可能にする Io XTをThunderbolt 搭載のPCと併せて展示します。
io-4k_small
FS ファミリー :
www.aja-jp.com/products/fs-family
フレームシンクロナイザー&コンバータ FS1-X による、高品質なフレームレートコンバートや5.1 および 7.1 ステレオミックスダウン&リバーステレシネ機能をご覧になれます。
thumb_fs1x
Mini-Converters :
www.aja-jp.com/products/mini-conveters
放送品質のコンバート機能を持つAJAの各種ミニコンバータから人気製品をピックアップして展示します。
4K2HD_small

※展示内容は予告なく変更される可能性がございます。予めご了承くださいませ。



aja_video_systems
|||| アスク ::
展示内容の紹介
アスクブースでは、撮影から編集、ファイル管理や保管まで、映像制作環境をより快適にするための様々な製品群を展示します。本格的なファイルベースでの運用時に重要となる、ワークフローの自動化や高速化、メタデータの管理など、ぜひ最新のソリューションをご確認ください。また、今年は協賛各社の取り扱い製品も一堂に展示し、HDはもちろん、4Kや8Kといったファイルベース2.0に向けた製品群をご覧いただくことができます。

主な出展メーカー


Timecode Systems:Timecode Buddy シリーズ

www.ask-dcc.jp/news/timecode-buddy-pulse.html

タイムコードをワイヤレス(RF信号またはWi-Fi)で送受信可能なTimecode Buddyシリーズを展示。また、IBC2014で発表されたタイムコード/メタデータ・ハブ「Pulse」を国内初展示します。
thumb_pulse

Squarebox:CatDV 11

www.ask-dcc.jp/news/squarebox-catdv11-catdvweb2.html

映像ファイルの効率的な管理を実現するアセットマネジメントソフトウェア 「CatDV」を展示します。バージョン11では、一新された再生エンジンを搭載し、64ビットアーキテクチャに対応、Web2インターフェイスもご覧いただけます。
CatDV_interface

Telestream:Vantage 6.3

www.ask-dcc.jp/telestream/vantage.html
インテリジェントなワークフロー構築を可能にするトランスコードエンジン「Vantage 6.3」を展示します。バージョン6.3 では、HEVC/H.265のGPUアクセラレートやXAVCのデコードにも対応。最新のファイルベースワークフローをご確認ください。
vantage_small

ATTO:Thunderbolt™ Desklink

www.attotech.com/
話題のThunderbolt 2対応製品「Desklinkシリーズ」を始め、多彩なHBA製品を展示します。
thumb_desklink

■共同出展企業

  • Adaptec:RAIDコントローラ製品
  • Acube & トーワ電機:BOXX Technology社製品 + AMD製品
  • DDN Japan:SFA7700
  • HGSTジャパン:G-Technology製品
  • MSI:WS60 / WT60
 

※展示内容は予告なく変更される可能性がございます。予めご了承くださいませ。

hosted_by_ask|||| GB Labs ::
展示内容の紹介
メディア共有ワークフローの中心となるネットワークストレージ「SPACE」シリーズを展示。注目の「HyperSPACE」は従来のHDDモデルの4倍ものパフォーマンスをアクセラレートする、新テクノロジーのSSDキャッシュユニットで、HDDの容量と、SSDのスピードを兼ね揃えたコストエフェクティブなソリューションです。また今夏の第96回全国高等学校野球選手権大会のドキュメンタリー番組「熱闘甲子園2014」で実際に使用されたSPACE SSDとSPACE 2014 モデル、そしてマルチカムリアルタイム編集ワークフローを展示します。

主な出展製品

HyperSPACE
http://www.ask-dcc.jp/news/hyperspace.html

SPACE TIER 1 ストレージに最適な SSD アクセラレーター
thumb_HyperSpace
SPACE SSD
http://www.ask-dcc.jp/news/gblabs-space-nab2014.html

2K, 4K および 8K のために設計された最高のパフォーマンスを誇る共有ストレージ
6000MB/s の Ultra バージョンも利用可能
thumb_SpaceSSD
■Mini SPACE 1RU
1U ラックサイズで小規模なスタジオや中継車、DIT カートへの搭載に適した Super Tier 1 ストレージ
thumb_minispace-1u
Midi Space 3RU
http://www.ask-dcc.jp/news/gblabs-midi-space-3ru.html

Tier1 ストレージの性能と拡張性を低予算で実現するセントラルストレージシステム
thumb_MidiSpace-3RU

※展示内容は予告なく変更される可能性がございます。予めご了承くださいませ。

GB_Labs_Logo|||| ディストーム ::
展示内容の紹介
ディストームのブースでは、TriCasterシリーズ及び3Playシリーズの展示、デモンストレーションを行います。また、新製品である「TriCaster Mini」と「TalkShow」(参考出展)を日本国内初出展致します。TriCasterシリーズの新機種「TriCaster Mini」は、これまでにないコンパクトな本体に上位機種と遜色ない機能を備え、簡単に、素早くセットアップできるシステムとなっています。是非、ご来場の際は弊社ブースにお立ち寄り頂き、その機能、利便性をご確認ください。

主な出展製品


NewTek:TriCaster Mini

www.ask-corp.jp/products/newtek/tricaster/tricaster-mini.html

TriCaster Miniは、映像制作や放送の技術的な事が全く分からない方でも利用でき、ちょっとしたプレゼンテーションであっても、数分のうちに放送番組のようなコンテンツに変えてしまうことができます。マーケティング担当者や大企業の従業員、中小企業のマネージャー、コミュニティー管理者、教員、トレーナー、ボランティアなど、自身のメッセージを配信したい方であれば誰でも、TriCaster Mini を利用することで、テレビ技術者のように視覚的に洗練されたマルチメディア・プレゼンテーションを生み出すことができます。
thumb_tricastermini

NewTek:Talkshow

www.dstorm.co.jp/news/2014/1819.html
NewTekが新しく発表したTalkShowは、「SkypeTX」を利用したビデオ通話システムです。主にテレビスタジオやライブ映像制作者向けに設計されたハードウェアとソフトウェアが一体となったシステムです。このシステムによって、制作者達は世界中で毎月3億人が接続しているSkypeユーザーとつながり、生放送中にゲストスピーカーとして迎え入れ、フルフレームの高品質なSkypeビデオ通話を利用することができます。
thumb_talkshow

NewTek:TriCaster プロラインアップシリーズ

www.dstorm.co.jp/dsproducts/tricaster/index.html

HD/SD入出力に対応し、ライブ放送用のスイッチャー、プログラムモニター、テロップ、ビデオエフェクト、ディスクレコーダ、PC画面入力、バーチャルセットを利用した放送が可能です。さらに標準でノンリニア編集機能、キャラクタージェネレータ、ライブエンコーダも備えているため、さまざまな形式での映像制作や配信に利用することができるシステムです。会場ではTriCaster8000とTriCaster460 の実機デモを行います。
thumb_tricaster8000

NewTek:3Play シリーズ

www.dstorm.co.jp/dsproducts/3play/index.html

3Play 4/8カメラの同時レコーディング、HD解像度での記録と再生、スローモーションコントロール、マルチカメラのリプレイとスイッチング、メディアパブリッシング機能、ハイライト編集、カメラカラーコレクションなど、複数の機材が必要となる機能を、1台に集約したシステムです。会場では3Play 440 の実機デモを行います。
thumb_3Play440

※展示内容は予告なく変更される可能性がございます。予めご了承くださいませ。


dstorm_logo{/magictabs}

■本リリースに関する問合せ先
株式会社 アスク
代表者名 代表取締役 武藤 和彦
製品担当 三沢宙
メールアドレス  このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
電話:03-5215-5676 / FAX:03-6672-6858
住所 千代田区九段南4-8-21 山脇ビル11F

株式会社 アスク メディア&エンタープライズ事業部 (ASK M&E) が提案する、放送・業務用からプロシューマーまでの映像制作にフォーカスした製品を紹介します。

Copyright © 2020 ASK Corporation. All rights reserved.