バーチャルプロダクション

VR/AR 技術を活用したリアルタイム映像表現

virtual production 1280x720

主な用途

  • TV / ネット配信番組向けのバーチャルスタジオ
  • ライブイベント、ゴルフ中継など屋外での VR/AR 制作
  • 映画、CM などのプリビズ

リアルタイム VFX

VR (仮想現実) と AR (拡張現実) を活用したハイクオリティな映像表現をリアルタイムで実現。ライブイベントや動画配信、TV 番組など様々な映像演出に使用できます。また映画やドラマ、CM などの撮影現場に導入することで、時間と費用の節約だけではなく、プロデューサー、ディレクター、クルー全体に映像を使って、ストーリーをより良く共有できます。

UnrealEngineRendering 1280x720

ゲームエンジンを活用した次世代の映像表現

業界最高レベルのフォトリアルなリアルタイム VR/AR プラットフォーム「Reality (リアリティ)」は、Unreal®Engine テクノロジーを駆使した最もフォトリアルなバーチャルソリューションで、創造性を最大限発揮する、卓越したビジュアル表現を実現します。

before after 1280x720

ありえない合成結果をリアルタイムで

これまでにないリアルタイムキーヤーの精度により、放送業界向けのバーチャルセットでの活用はもちろん、映画 / CM など撮影後にポストプロダクションでのデジタル合成処理が必要な映像作品のプリビズ (Pre Visualization) としても利用できます。

virtualset 1280x720

コスト削減と品質向上の両面に効果

放送やオンライン配信向けのバーチャルスタジオでは、リアルな美術セットと組み合わせたセットエクステンションとして利用可能です。あるいは、リアルな美術装飾を一切省き、バーチャルセットだけで撮影すれば、狭いスタジオでも空間を無制限に拡張でき、撮影に掛かるコストを大幅にカットできます。

Zero Density 1280x420

リアルタイム VFX システム

www.ask-media.jp/zerodensity.html

カメラ / オブジェクトトラッキング

カメラ / オブジェクトの座標 (位置) 情報のトラッキングと、リアルタイム 3D グラフィックシステムとの組み合わせによって表現領域の幅が無限に広がります。業界で最も精度の高い stYpe 社のトラッキングデバイスにより、これまでになかったバーチャルワールドが手に入ります。

redspy 1280x720

正確無比なトラッキングシステム

stYpe 社のトラッキングデバイスは、その正確なトラッキングデータにより、あらゆるバーチャルシステムで違和感のないリアルタイム VR/AR グラフィックスを作り出します。

マーカーベースのトラッキングの他にカメラクレーンや三脚に取り付けるメカニカルトラッキング型の製品も用意されており、スタジオや屋外など様々な撮影シーンで使用できます。

stype supported 1280x720

数多くの放送局、3D グラフィックシステムでの採用

stYpe 社の製品は FoxSports、BBC、MTV など業界で著名な放送局、eスポーツの開会式などメディア・ゲーム業界の最先端企業のコンテンツ制作に採用されています。

また、ZeroDensity を始め、Avid (Orato)、Brainstorm、Vizrt など主要なリアルタイムグラフィックシステムとの連携により、コンテンツにさらなる活性化と刺激を与えます。

Stype 1280x420

カメラ / オブジェクトトラッキングデバイス

www.ask-media.jp/stype.html

デモルーム

a sta map 1280x720

製品に直接触れ、使い勝手や各種機能を確かめてから導入したい。そのような熱心なお客様の要望に応えるため、機材を揃えて実際に試用できる落ち着きのあるデモルーム「エースタ」を設けています。

エースタには、アスクM&E が取り扱う全ベンダーの製品が揃っており、小規模なセミナーやワークショップイベント、販売パートナーを通じた個別デモが可能です。スタッフ一同、豊富な機材を取り揃えて、皆様のお越しをお待ちしております。

 

エースタ (株式会社リーンフェイズ内)
営業時間 : 平日9:30〜17:30 (土・日・祝日休業)
〒102-0093 東京都千代田区平河町1-7-20 COI平河町ビル2F (Google Maps)
お問い合わせ窓口: 03-5215-5676
デモ当日の連絡先: 03-4400-7386

株式会社 アスク メディア&エンタープライズ事業部 (ASK M&E) が提案する、放送・業務用からプロシューマーまでの映像制作にフォーカスした製品を紹介します。

Copyright © 2020 ASK Corporation. All rights reserved.