“感動を伝える” をコンセプトに、映像と情報に関わる技術サービスを 30 年以上提供し続けている株式会社テクノネット(以下「テクノネット」)。これまではテレビ局や中継現場向けスポーツコーダ®︎ (ソフトウェア) の製造 / 開発 / オペレートまでをメインのサービスとして提供してきたが、最近ではスタジアムの大型ビジョンや、インターネット配信など映像制作の ”出口” が多様化し、同社で扱う機材・技術の幅も広げている。

今回、同社が大型ビジョンの映像演出を担当した、プロバスケットボールチーム『横浜ビー・コルセアーズ』の試合会場 (横浜武道館) を取材。NewTek 社のライブ映像制作システム NewTek TriCaster® 2 Elite を活用した、アリーナ・エンターテイメントの舞台裏に迫る。

関連情報

TriCaster® は、イベント、ライブ放送、ストリーミング放送、社内会議、セミナー、企業ビデオ、商品説明などの様々なコンテンツ配信に利用できます。ネットワークに繋げるだけで、簡単に番組制作、ライブストリーミング配信、配信しながら同時収録も可能です。

ダイナミックな試合演出を支える放送レベルの安定性と、状況に合わせリアルタイムに対応できる柔軟性を TriCaster® で実現

横浜ビー・コルセアーズ / 株式会社テクノネット

導入機材
NewTek TriCaster® 2 Elite

無料で配布中 ! !

TriCaster を使った
最新活用事例

TriCaster は、オールインワン・ライブプロダクション・システムです。

ダウンロードはこちら >

進化するBリーグのアリーナ・エンターテイメント、大型ビジョンの映像切り替えに TriCaster 2 Elite が活躍

©︎B-CORSAIRS/T.Osawa

ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(以下:Bリーグ)のトップディビジョン「B1」に所属する『横浜ビー・コルセアーズ』。2010年に決定したチーム名の「コルセアーズ (CORSAIRS)」は、“海賊達 / 海賊船” という意味を持ち、横浜という都会的なイメージの中でも、海賊のように危険を覚悟しながらも進んでいく “挑戦的” なイメージがチームブランドのコンセプトになっている。

横浜ビー・コルセアーズ 広報・プロモーション部 秋定太一氏

横浜ビー・コルセアーズ 広報・プロモーション部 秋定太一氏

「決めるとこは決めるけど、遊び心も持ち合わせている。“海の男の生き様” みたいなイメージを、アリーナでの会場演出にも取り入れています。」

横浜ビー・コルセアーズ 広報・プロモーション部の秋定 太一氏は、まさに華やかな海賊船を取りまとめる船長のように取材に答えてくれた。

アリーナ・エンターテイメントを追求した ライブ映像制作システムの導入

アリーナ・エンターテイメントを追求したライブ映像制作システムの導入 ©︎B-CORSAIRS/T.Osawa

©︎B-CORSAIRS/T.Osawa

取材日に横浜ビー・コルセアーズのホーム試合が開催された横浜武道館は、アリーナ中央、高さ約 15 mの天井に吊り下げられた 4 面長方形の大型ビジョンと、コートサイドライン沿いに設置された LED パネルがまず目を引く。ホーム試合を盛り上げるため、これらのビジョンを通して、1 日約 50 〜 100 もの映像素材が、演出用の台本に沿ったタイミングで繰り出されていく。そこで活躍するのが NewTek 社のライブ映像制作システム TriCaster 2 Elite だ。

試合前のリハーサルではアップテンポな曲に合わせて、照明と映像演出が煌びやかに交差する…まさに ”エンターテイメント” が繰り広げられていたが、3 年ほど前はアリーナに設置されたビジョン 1 枚に、得点板を映し出すのみだったと秋定氏は振り返る。

秋定氏「 Bリーグが掲げる 3 つのミッションに『世界に通用する選手やチームの輩出』、『エンターテイメント性の追求』、『夢のアリーナの実現』があります。競技力の向上だけでなく、“体育館で競技を行っているだけ” のイメージを払拭した “アリーナ・エンターテイメント” の追求と実現に向けて、多くのクラブが映像演出用の大型ビジョンや LED パネルをアリーナ会場に導入するようになりました。

バスケットボールの知識がないお客様でも、会場に入った瞬間『わぁ!』と驚くような、普段見ていないものを見に行く体験を提供することが、会場演出チームのミッションとなっています。」

当初は横浜ビー・コルセアーズの演出チームが映像制作から演出までを一手に担当していたが、2020 年頃に上述の LED パネルが Bリーグから同チームにも支給されると、大型ビジョンを含めた映像送出 (画出し) のパートをテクノネットに依頼することとなった。バスケットLIVEやスポーツナビをはじめとする様々な配信先を考慮すると、パートナー企業のロゴなどを表示する LED パネルを含めた映像演出・ミス防止が素人だけでは厳しく、機材手配からオペレーションまでをサポートするテクノネットに声がかかったのだ。

プレスリリースその他のニュースは、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性があります。あらかじめご了承ください。

トレードマーク付きの会社名や製品名は、それぞれの会社の商標です。

資料ダウンロード

製品に関するカタログやテクニカルノートなど、幅広く資料をご用意しております。

まずは資料をダウンロードしてみましょう。

おすすめの導入事例

TriCaster Monster Dive 8

TriCaster® でネット番組・ライブイベントの映像演出をプロデュース

株式会社 MONSTER DIVE

導入機材
NewTek TriCaster® 2 Elite
NewTek TriCaster® Mini Advanced R2
NewTek NC1 Studio I/O モジュール
NewTek 3Play® 3P1
NewTek NDI® PTZ1 Camera

CyberHuman Productionsの「カムロ坂スタジオ」最先端のバーチャル撮影システムで新しい映像演出へ

CyberHuman Productions の「カムロ坂スタジオ」最先端のバーチャル撮影システムで新しい映像演出へ

株式会社 CyberHuman Productions

導入製品
Zero Density Reality
stYpe RedSpy
stYpe FluidHead
AJA KUMO 3232-12G
AJA Ki Pro Ultra 12G
AJA GEN10

アスク・エムイー取り扱いブランド

株式会社 アスク メディア&エンタープライズ事業部 (ASK M&E) が提案する、放送・業務用からプロシューマーまでの映像制作にフォーカスした製品を紹介します。

Copyright © 2022 ASK Corporation. All rights reserved.