interceptor

株式会社 インターセプター

株式会社インターセプター (東京都目黒区) は自社企画の映画作品製作ならびに、映画・PV・ライブ映像などのポストプロダクション業務を行うプロダクションだ。同社は今年1月、ポストプロダクション業務の核となる新たなストレージシステムの運用を開始した。その中で中核をなすのがGB Labs社のSpace(以下 Space) である。同社はこのシステムにより、OSやバージョンに依存しないストレージの共有化を実現し、ポストプロダクション業務全体にわたるプラットフォームの統合と、ワークフローの一層の効率化を目指している。

http://www.interceptor-inc.com/

導入機材
GB Labs Space

OSに依存しないストレージの共有化

この新たなストレージシステム導入までの経緯について、株式会社インターセプター映像制作部部長の田巻源太氏は「一昨年まで、社内のシステムはそれぞれのMacに4Gbpsのファイバーチャネル (以下FC) のストレージがDAS (ダイレクトアタッチドストレージ) として接続されていたのですが、これらのリースアップとスタジオの移転を機に、新たなシステムを導入しようということで検討を始めたのがきっかけです。」

「検討を進める中で、ストレージの共有化は優先課題でした。このストレージには、映像系だけでなく、MAなどとも共有を行いたいと考えていました。しかし、FC接続のSAN (ストレージエリアネットワーク) は高額なだけでなく、Mac、WindowsなどのさまざまなOSと、さらに、各々のアプリケーションやSANのクライアントソフトウェアが動作保証しているOSのバージョン、さらにそれらのバージョンアップ時の移行などを考慮すると、あまりに制約を受けるため、他のソリューションを模索していました」と語る。

同社のポストプロダクション環境について同氏は「それぞれMacProを用いた、編集兼MA室が1室、楽器収録も行える広めのナレーションブースと編集やMAの仕込み部屋を兼ねた、多目的室とも言える編集室1室の計2室で運用を行っています。また、自社企画作品の作業や受託作業におけるオフライン編集や合成等の作業はスタッフルームでも数台で作業が行えるようになっており、WindowsやLinuxのクライアントも接続しています」という。

インターセプター・田巻氏

インターセプター・田巻氏

業務全体のプラットフォーム統合

この新たなストレージシステムとしてSpaceを選んだ理由について、同氏は「ストレージの共有化を念頭において検討した結果、一昨年前の移転時にFC接 続のDASから、iSCSIベースのIP-SANストレージへと移行しました。しかし、当初より抱えていた各々のアプリケーションとの互換性の問題などが解決に至らず、そんな中出会ったのが、Spaceでした。Spaceは、FC-SANだけでなくIP-SANでも必要だった、クライアン トPCごとに必要となるライセンスやそれに伴う費用がNASゆえに不要でした。また、NASであるため、OSの種類やバージョンに関わらず接続でき、共有 ストレージとの接続方式がアプリケーションやクライアントPCの制約とはならないことが決め手となりました」と述べた。

さらに、Spaceを実際に運用した感想として同氏は「スピードこそFCに及びませんが、FireWire800よりも速い転送速度を保つため、実用上は DASと比べても何ら遜色はありません。作業は専らProRes422 HQ コーデックのQuickTimeファイルを中心に運用していますが、Spaceでは、通常のNASでは困難な、素材やプロジェクト自体をSpace上に置いたままでの編集が可能です。同時に全クライアントで作業しても全くストレスはありません。そういった意味では、FCストレージと比べて生産性は全く落ちていません」と語った。

space_interceptor2
PDF ファイルダウンロード

株式会社 アスク メディア&エンタープライズ事業部 (ASK M&E) が提案する、放送・業務用からプロシューマーまでの映像制作にフォーカスした製品を紹介します。

Copyright © 2017 ASK Corporation. All rights reserved.