lto_space_mini_lto_space
〜テープの健全性に一切の妥協をすることなく、テープドライブへの高速なバックアップを実現〜

英国、ロンドン|放送とデジタルメディア制作分野におけるネットワークストレージのリーディングサプライヤーであるGB Labs(ジービー・ラボ)社は、新しい製品「LTO Space Mini(エルティーオー・スペース・ミニ)」と「LTO Space(エルティーオー・スペース)」を発表しました。同社のアーカイブ製品ラインナップとしては初の製品である「LTO Space Mini」は、長期保管、プラグアンドプレイで使用できるユーザビリティ、そして重要なデータを安全に保管するための放送レベルの信頼性を、より経済的で大容量なLTOドライブシステム上に実現します。また、超高性能Spaceストレージユニットと接続して動作する「LTO Space」は、4台のLTOドライブを搭載し、全てのLTOドライブで同時に140MB/秒もの転送レートで動作させることが可能です。「LTO Space Mini」および「LTO Space」は、来る4月14日からラスベガスで開催されるNAB2012のブースSL6020でご覧いただくことができます。

1.5TBもの大容量と140MB/秒もの転送レートを実現するLTO-5は、HDファイルのバックアップに最適です。ところが、この高速な転送レートは多くのNASやNASの連続転送レートを超えています。そのため、ほとんどのLTO製品は変動するデータ転送速度に従って転送プロセスを遅らせるためのスクラビング技術を採用してきました。これはテープを往復運動させる事によって避けられないテープの摩耗を引き起こすため、メディア企業にとっては主要な懸念材料となっていました。テープにかけられたストレスによって寿命が低下する可能性がある磁気テープに彼らのメディアを保管することを多くの企業は恐れたからです。

GB Labsは、国際的な放送局との協業により、LTOの要求する転送レートを持続させ、テープスピードを調整せずにLTOに書込むことが可能なシステムを開発しました。LTO Spaceは実測値600MB/秒以上のパフォーマンスを叩き出すSpaceストレージユニットと接続することによって、また、LTO Space Miniは、現場で厳しくテストされたクラス最速のリード/ライト速度を誇る2TB/RAID 5アレイを搭載し、一貫してLTOの要求に応えるデータ転送速度を実現しました。


製品の発表に際して、セールス&マーケティング・ディレクターのBen Pearceは言いました。「LTOは、その容量とスピードが実現する効率性によって、業界に新たな展望を提示しました。しかし、放送局は彼らの資産の長期保管と安全性に興味を持つのと同時に、テープの健全性を非常に重要視しています。また、メディア系の企業にとって、複数のテープドライブを搭載し、それぞれに1.5TBものバックアップが可能な製品は非常に魅力的でしょう。我々は、小さな筐体に高速なストレージとLTO-5ドライブを搭載したLTO Space Miniと、4つのLTOドライブ全てをフルスロットルで駆動させるSpace LTOを発表できることを誇りに思っています。」

メディアの長期保管プロジェクトにおいて、GB Labsは新製品に業界標準のXMLとオープンなバックアップフォーマットであるTARを組み込みました。これによって、今後数十年にわたるサードパーティ製品とのデータ互換性と相互運用性を保証します。また、Space LTOシリーズに搭載されるSpace Mangaerは、XMLファイルにメタデータを自動的に保管するアセットマネジメントシステムとの広範囲な協調を可能にします。

LTO Spaceシリーズのオープンな環境は、アーカイブされたファイル自体を超えて広がります。GB Labsの革新的な技術によって、LTO SpaceシリーズはWindowsやMac OS、Linuxを含むあらゆるオペレーティングシステム環境でもすぐに利用開始することができます。さらに、ネットワークデバイスなので、プラグアンドプレイでウェブブラウザからの制御が可能です。

イギリスのBBCアーカイブスにも採用されているGB LabsのLTO-5製品は、デジタルデータの長期保管ストレージ業界をリードしています。

【価格/国内出荷予定時期】
LTO Space Mini、およびLTO Spaceの国内出荷予定時期と価格は未定です。

【GB Labs社について】
GB Labs社は、デジタルメディア・ワークフロー向けのセンターストレージの開発とデザインを行うために設立されました。ポスト・プロダクションに関する深い知識と経験を持ち、Final Cut Proを初めAvidやAdobeなど様々な映像制作ソフトウェアがどのように動作するか、どのようにすればそれぞれが調和して動作するかを理解している会社です。そして、ポストプロダクションはもちろん、教育、軍事、医療、放送など最も過酷な環境での広範囲な研究の末に、現在のSpaceシリーズを完成させました。

ウェブサイト[英語]:http://www.gblabs.com/

【株式会社アスク メディア&エンタープライズ について】

株式会社アスクは、コンピュータ周辺機器のフルサービス・ディストリビューション事業を行う輸入商社です。世界中の最先端かつユニークな製品を日本国内のお客様に提供しています。アスク メディア&エンタープライズは、100社を越えるアスク取扱いメーカーの中から映像関連市場向けの商材を中心に、国内のシステムインテグレーターとの共同マーケティングにより、多種多様なニーズに合った適切なソリューションを国内のお客様へご提供しています。

ウェブサイト:www.ask-media.jp/

本リリースに関するお問い合わせ先

正規代理店 : 株式会社 アスク
担当部署 : メディア&エンタープライズ事業部
製品担当 : 前田 善弘
メールアドレス : このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
電話 : 03-5215-5676 / FAX : 03-6672-6858
所在地 : 東京都千代田区九段南4-8-21 山脇ビル11F

株式会社 アスク メディア&エンタープライズ事業部 (ASK M&E) が提案する、放送・業務用からプロシューマーまでの映像制作にフォーカスした製品を紹介します。

Copyright © 2021 ASK Corporation. All rights reserved.