space luncher 1200x500

ゲーム業界のための新しいセントラルストレージは、
開発にかかる期間を大幅に削減し、大きな費用対効果をもたらします。

 

「Space SSD は、私達の生産と開発分野におけるテストや展開のプロセスを大きく変えました」

GB Labs は業界をリードする某ゲーム会社から、ゲーム開発のワークフローを妨げる問題があると相談を受けました。新世代のモーショングラフィックスを使ったゲームのイメージ構成は、1つの構成において容量が4GBから50GBまで跳ね上がってしまいます。彼らは PS4 や Xbox One、PC 用に大規模なディスクイメージやゲームファイルを扱う必要がありましたが、彼らが使用していたシェアストレージのネットワークパフォーマンスは十分に速いとは言えないものであり、時間と費用のコストだけがかかっていました。

最初のミーティングで、私たちは彼らに適したシステムを構築できると確信し、要望を実現させるスペシャルプロジェクトを立ち上げることを決断しました。1Gb Ethernet 接続された最大300台のデスクトップデバイスに、高品質なゲームのビルドをおよそ25分間で配信することを目標として挑戦しました。

この挑戦の結果、Ultra Space SSD をベースにした、3つの必須プラットフォームのイメージが展開できる高性能な SSD RAID ソリューションが完成しました。現在この2RU シャーシ1台で SMB および HTTP 経由でファイルを配信処理しながら、品質管理のために日付をさかのぼってビルドを保持し、彼らが持つワークフローソフトウェアと統合されています。

Space SSD は、12,000MB/秒の速度で接続した300以上のユーザーにディスクイメージを送信することができます。動作速度をより加速させる Chaos Cache 機能で非常に優れた性能を発揮し、素材を素早くクライアントワークステーションへ発信します。この高速なディスクイメージ展開の結果として、ゲーム会社の開発環境において非常に大きな生産性を得ることになりました。

ゲームのビルド配信にかかる時間を大幅に短縮し、そのゲーム会社の生産性が5倍にまで増加しました。

残念ながら、NDA (秘密保持契約) によりその会社名は明かせませんが、この会社の技術ディレクターは次のように述べています。

「Space SSD を使い始めると、私たちは毎日必要な量のビルドを通常5つまで各クライアントに配布することができるようになりました。これまでは、4Gb FC 接続と15,000回転のSAS HDD RAID を使用しても、社内公開ですら1つのビルドを1日で実現することはできませんでした。Space SSD は、私達の生産と開発分野におけるテストや展開のプロセスを大きく変えました。」

私たちが設計したソリューションの素晴らしさは、現実的な予算の条件をクリアしながらも、開発者側のキャパシティとスピードに合わせられる所にあります。

特長

  • 主な特徴 - 非常に高速であるため、ワークステーションやゲームプラットフォームに、ゲームの構成やその他のメディアを同時に提供することが可能
  • パフォーマンス - 12,000MB/秒を超えるスピードで複数のクライアントにデータを送信
  • 接続性 - 1Gb、10Gb または 40Gb の Ethernet
  • 容量 - 6TB, 11TB, 14TB, 19TB, 29TB, 38TB
  • 拡張性 - 専用の SSD EX ユニットにより最大 614TB まで拡張可能
gaming 274x218

「これまでは、4Gb FC 接続と15,000回転のSAS HDD RAID を使用しても、社内公開ですら1つのビルドを1日で実現することはできませんでした。」

Space SSD Launcher 導入事例のPDFファイルはこちら

GB Labs 社について

GB Labs 社は、速度、安定性および拡張性を重視する、最先端のストレージメーカーです。その歩みを続けた結果、アニメーション、放送、映画産業などにおける主要な顧客から支持されるコンテンツクリエイションを支える上でのリーダーカンパニーとなりました。UltraHD に適した業界の最前線にあるSSD 製品は、Technicolor、日本の放送局であるABC のスポーツ番組、Crystal CG、ロンドンオリンピックの3D ビジュアライゼーションとモーショングラフィックスの制作といった有名なメディア系の企業で使われています。

4K や8K といったメディア業界への遷移を見据え、GB Labs 社はアニメーション、ビジュアルエフェクト、映像コンテンツやゲーム製作のための最新鋭のストレージプラットフォームを引っさげ先頭を走り続けます。私たちの次世代ストレージシステムには、高解像度のプロジェクトを管理するための性能と余裕があります。

本リリースに関するお問い合わせ先

正規代理店 : 株式会社 アスク
担当部署 : メディア&エンタープライズ事業部
製品担当 : 前田 善弘
メールアドレス : このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
電話 : 03-5215-5676 / FAX : 03-6672-6858
所在地 : 東京都千代田区九段南4-8-21 山脇ビル11F

株式会社 アスク メディア&エンタープライズ事業部 (ASK M&E) が提案する、放送・業務用からプロシューマーまでの映像制作にフォーカスした製品を紹介します。

Copyright © 2020 ASK Corporation. All rights reserved.