QTAKE Pro Banner

QTAKE Pro の登場により、多くの新機能と柔軟なライセンス形態で利用が可能

QTAKE を継続的に改良し、あらゆる映像制作に対応できる最先端のソリューションにすることが IN2CORE 社の義務であり、その思いはこれまで以上に強くなっています。そして2022年、私たちの新たな章が始まります。QTAKE Pro は新たな機能、ライセンスオプション、ユーザーの意見を取り入れた製品開発など、あらゆる面が一新されています。QTAKE Pro にはたくさんの胸躍る計画が用意されており、2022年、そしてそれ以降もそれらを継続して実現します。

QTAKE Pro に搭載予定の新機能

  • メジャーアップデートを含む今後予定されるアップデートをすべて無償で提供
  • Apple Silicon (M1) ネイティブ対応
  • クライアント数無制限のストリーミング - QTAKE PRO には STREAM モジュールが含まれます
  • HDR 対応の強化
  • SAML インテグレーション
  • ライセンスのアクティベーション/ディアクティベーション
  • 販売代理店経由で利用可能な1年レンタル、または3年レンタルプランを新設
  • カスタムバンドル
  • Metal 対応
  • 月例ウェビナー / Q&A(英語)
  • ロードマップの公開と追加機能への投票権
  • 優先的な技術サポート
  • … and more

資料をダウンロード 説明動画はこちら

ご不明な点や詳細については、株式会社 エム・アイ・エム までお問い合わせください。

FAQ

既に QTAKE の永久ライセンスを所有している場合はどうなりますか?

永久ライセンスの所有者(ドングルロック、あるいは空のドングル有り / 無しの仮想ライセンス)については、そのまま Qtake Pro 以前のバージョンをご使用いただけますが、Qtake Pro への下取りキャンペーンもご用意しています。詳細については国内販売代理店(アスク/MIM)にご連絡ください。

QTAKE Rental Shop を通じて QTAKE を短期レンタルする場合、これまでと何か変わりますか?

これまでとさほど変わりはなく、すべての短期レンタルが通常通り利用可能です。2022年3月からは QTAKE Pro を含め、より多くの機能をご利用いただけます。また、QTAKE を年間で約4ヶ月以上使用する場合は、新たに設けられた1年間、あるいは3年間のレンタルプランを利用してさらにお得にレンタルすることができるようになりました。例:BASE モジュールの月額料金は57,000円*ですが、1年間のレンタル料金は254,800円*(=月額21,233円)、3年間のレンタル料金は637,000円(=月額17,694円)となっています。

* 2022年1月時点の価格です。為替レートの状況により、金額は変動します。

MIM 年間レンタルプランに加入しているお客様にはどのような変化がありますか?

国内販売代理店(アスク/MIM)にご連絡ください。

QTAKE Pro で新たに追加予定の新機能は、2022年3月からすべて利用できるのでしょうか

  • 2022年3月から開始される変更点:すべてのアップデートがレンタル料金に含まれる、1年と3年のレンタル料金が新たに追加、ライセンスのアクティベーション&ディアクティベーション機能、Apple Silicon (M1) ネイティブ対応、ストリーミング(QTAKE PRO には STREAM モジュールが無料付いてくる)、SAML インテグレーション、カスタムバンドル、永久ライセンスとドングルの廃止。
  • 2022年中に追加される機能:Metal サポート、HDR 対応の強化、優先的な技術サポート、月例ウェビナー / Q&A、ロードマップの公開と追加機能への投票権など

永久ライセンスの購入はいつまで可能ですか?

永久ライセンスの販売は2022年3月までとなります。(正確な日付は未定です)2022年3月以降、永久ライセンスは廃止される予定です。既存の機能、バージョンのまま永久ライセンスを希望する方にとっては、これが最後のオファーとなります。

Pro ライセンスを1年あるいは3年のレンタルプランで利用するにはどうすれば良いですか?

まずは販売代理店 (アスク/MIM) に発注しましょう。支払いが完了次第、QTAKE Rental Shop 上でご指定のレンタルアカウントから仮想ライセンスとして利用できるようになります。販売代理店に発注したモジュール/バンドルで構成され、無料オーダーとして処理されます。

QTAKE Pro のライセンスは、QTAKE Server など他の製品に何か影響を与えますか?

いいえ、影響しません。QTAKE Video Assist ライセンスのみが QTAKE Pro の対象になります。

QTAKE について

QTAKE は、Mac OS X で動作する最先端のビデオアシストソフトウェアです。QTAKE は、新しい概念のファイルベース収録ワークフローを提供します。QTAKE は、撮影時にカメラ収録と同時にインジェストを行い、様々な撮影記録を効率的に整理します。撮影終了時にはデジタイズも完全に終了、即座にノンリニア編集へ移行することが可能です。同時に一連の作業をそれぞれ最大限に効率化し、さらに作品のクオリティアップを積極的にアシストします。

例えば、撮影したクリップを即座にプレイバック、リアルタイムでのスピード調節再生、カットのつなぎ目を確認するための編集機能、メタデータの詳細記録、直感的に欲しいクリップを探せるブラウザ、ライブ Mix 合成 (ブレンド、キー合成、ワイプ)、カラーコレクション、クリップごとへの LUT の適用、といった様々な機能で、撮影の段階から仕上がりに近いモニタリングを可能とし、完成に近い状態を確認しながらの撮影が可能です。

# # #

当資料は、現地時間 2022 年 1 月 16 日にメーカー発表されたプレスリリースの抄訳版です。

メーカーリリース原文 :https://qtakehd.com/2022-year-of-change/

本リリースに関するお問い合わせ先

  • 株式会社 エム・アイ・エム
  • 製品担当 : 松村 正樹
  • お問い合わせフォーム : https://mim-corp.co.jp/contact
  • WEB: https://mim-corp.co.jp
  • TEL : 03-3556-6708
  • 所在地 : 〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-11-5 よりたてビル2F

プレスリリースその他のニュースは、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性があります。あらかじめご了承ください。

トレードマーク付きの会社名や製品名は、それぞれの会社の商標です。

資料ダウンロード

製品に関するカタログやテクニカルノートなど、幅広く資料をご用意しております。

まずは資料をダウンロードしてみましょう。

株式会社 アスク メディア&エンタープライズ事業部 (ASK M&E) が提案する、放送・業務用からプロシューマーまでの映像制作にフォーカスした製品を紹介します。

Copyright © 2022 ASK Corporation. All rights reserved.